FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ブログを更新することによって、考えが進む
 野口悠紀雄著「クラウド『超』仕事法」を読んでいます。
 その197ページに、次のような文があります。

 私は雑誌に連載したり本を書いたりし、講演をすることで発信している。

 発信するのは、もちろん私の考えを多くの人に知ってもらいたいからだが、それだけが目的ではない。「発信することによって考えが進む」とつねづね思っているからだ。

 本や連載を書いていれば、どうしてもアイディアを生み出さなければならない。だからプレッシャーがかかる。出版すると思うから、考える。

 そうしたプレッシャーがなければ、考えることをやめてしまうかも知れない。


 これを僕の場合には次のように書き換えることができます。

 私はブログを毎日書いて、発信している。

 発信するのは、もちろん私の考えを多くの人に知ってもらいたいからだが、それだけが目的ではない。「発信することによって考えが進む」とつねづね思っているからだ。

 ブログを書いていれば、どうしてもアイディアを生み出さなければならない。だからプレッシャーがかかる。更新すると思うから、考える。

 そうしたプレッシャーがなければ、考えることをやめてしまうかも知れない。


 内容の優劣は別にして、僕と野口悠紀雄氏は同じだなと思います。

 僕は、毎日ブログを更新しています。プレッシャーです。でも、そのプレッシャーがあるから、次は何を書こうかな、とアイデアを生み出そうと努めるのです。

 生徒に教えているとき、ちょっといい教え方だなと、自分で思ったとき、そこで終わるのではなく、ブログに書こうと思い、まとめます。その際に考えが進むことがとてもあるのです。

 ブログを更新することによって、考えが進むのです。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.