FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

シティーカード(City Card)の退会、・解約の方法
 昨夜、シティーカードを退会・解約しました。

 その方法を、ネット上で探すのに苦労したので、同じようにな人が多いと思います。
 ぼくが参考にしたページは次です。

シティカード解約・退会

「0120-003-081」へ電話してカスタマーサービスへ。。
日本語選択「1」≫カード番号入力≫「5」≫電話用暗証番号入力≫「0」



 ぼくがやった方法をここに記しておきます。

 コールセンターへの電話で行いますが、その前に、「カード番号」(カードにある16桁の数字)と「電話用暗証番号」を準備して下さい。

 電話用暗証番号については、後で又書きます。
 生年月日など、本人を確かめるものも必要となることがあります。

 まず、

0120‐003‐081 に電話を掛けます。
 それは
音声自動応答サービス
になっています。

 最初は、録音メッセージが流れます。「こみ合う時は・・・」といったもの。

 しばらく、それを聞き流していたら、呼び出し音が鳴り「カスタマーズサービス」が始まりました。

 それは、録音された声です。「日本語選択」で、電話機の「1」を押します。

 それに続き、カード番号を入力します。

 その後、どういう質問内容なのか、選ぶようにとの声が流れます。

 その中に「退会・解約」の選択肢がありませんでした。

(2015年3月31日追記
 コメントをいただきました。 
「今は退会の選択が出来ていて、「6」でした。」だそうです。


 それでも、先のブログにあったように、ぼくは「5」を押しました。

 次に、電話用暗証番号を入力します。

 そのあと、また声が流れますが、「0」を押します。


 ここで,、「オペレーターにおつなぎします」の機械音の後に、生身の人間の声が出てきます。

 どういう内容でしょうか、と問われました。
 「退会・解約したい」と答えました。

 その理由を尋ねられました。

 僕は「カードを使わないのに、年間費だけ支払っているから」と答えました。

 そして、本人確認のために、生年月日を訊かれました。

 その後、いろいろなサービス内容を言い、引き止めにかかりますが、しつこくはありません。マニュアル通りに話しているだけです。

 すると、「それでは残念ですが、退会の手続きに入ります」とのことで終わりました。

 電話をかけてからは、意外にスムーズに退会できました。

 次に、「電話用暗証番号」について、

 それをぼくは全く覚えていませんでした。
 最初の封書で届いたとのこと。
 それも、どこにあるのかわかりません。

 これは、オンラインにあった、次の説明でスムーズに変更し、それを使うことができました。

【暗証番号・電話用暗証番号がわからない場合】

1. お手続きにシティカード オンラインをご利用になると、カード番号も要らず、簡単に再発行が可能です。
下記のシティカード オンラインにサインオン後、「各種お申し込み」→「暗証番号オンライン再発行」または「電話用暗証番号オンライン再発行」をお選びください。





 さて、僕は電話が嫌いなので、できるだけネット上で退会・解約ができないかと、いろいろ探しました。

 でも、Cityカードの「オンライン」には、退会の手続きの仕方が全くありません。

 ないことの証明は難しいです。どこかにあるかもしれませんね。でも、僕はかなり長い時間かけて探しましたが、見つけることはできませんでした。

 ネットの検索で、やっと先ほどのページを見つけ、結局電話で解約することに成功したのです。

 Cityカードとしては退会・解約はしてほしくないのでしょうが、とても不親切です。というより、意識的に分からないようにしているのでしょう。

もっと気軽にできるようにしてもらいたいと思いました。




(2014年2月20日追加)

通りすがりさんから次のコメントをいただきました。

今日退会手続きをした者ですが、 「電話用暗証番号」無しでも退会可能でした。 電話用暗証番号4ケタ~のアナウンスの後、 「番号が分からない方はそのままお待ちください」と言われて 直ぐオペレーターに電話が繋がりました。 名前・カード番号・生年月日・引落先銀行名を伝えて 本人確認が済むと「退会希望です」のひと言であっさり終了。 退会説明が何処にもないわりに、引き留めもせずスムーズでした。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.