FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「うちなー料理 首里いろは庭」
 きのうは、東京から朝日学生新聞社のHさんが沖縄に来て、取材をしてくれました。

 お昼は、「うちなー料理 首里いろは庭」でとりました。


 3人とも、お店の方のおすすめ石畳定食(10品)(1,500円)にしました。
media-20130627.jpg

1.ご飯物、2.汁物(イナムルチ)、3.炒め物(フーチャンブルー)、 4.揚げ物(ウムクジアンダギー)
5.ゆし豆腐、6ミミガー、7もずく、8あまがし9きんぴら(?)もう1品は何だったかな。とにかく全部で10品

おいしかったです。
 何よりもいいのは、これだけの値段で、沖縄料理を数多く楽しめること。
 県外からの来たひとを接待するにはとてもいいと思いました。

 こんなところで駐車場がきちんとしているのもいいですね。
 また、首里城の下にあるので、食後に金城町の石畳をのぼって首里城まで歩くのもいいかも。

首里いろは庭

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:沖縄料理 | 首里駅




スポンサーサイト




朝日学生新聞社の取材を受ける
 きのうは、東京から朝日学生新聞社のHさんが沖縄に来て、取材をしてくれました。

 朝日学生新聞社は、拙著「ひとりで学べるシリーズ」を出版している会社です。

11時30分の到着にあせて 那覇空港に京子と2人で行きました。

 きのうは、読谷中学、古堅中学の テストが期末テストが終わるので、テスト勉強代休です。

 迎えたら、昼食時間なので、「うちなー料理 首里いろは庭」に行き、昼食。
 それについては次の記事で

 林さんは、修学旅行で沖縄に来たことがあり、首里城は行ったことがあるとのこと。
 それで、世界遺産の斎場御嶽に行きました。
nmedia-20130627 (1)


斎場御嶽(せーふぁうたき/サイハノうたき)は現在の沖縄県南城市(旧知念村)にある史跡。15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味となり、これは通称である。正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。(ウィキペディアより)

 

 2000年に世界遺産に登録されましたが、その前後にも行きました。かなり変わっています。

 斎場御嶽を後にして 読谷村座喜味のセルフ塾に向かいました。

 その車の中で、いろいろ質問があり、それにこたえる形で取材を受けました。思いつくままに答えましたが、それがどのような記事にまとまるか楽しみです。編集するのにHさんは苦労なさるでしょうね。

 セルフ塾に到着したら、いろいろと写真を 撮ってもらいました。

 犬の梅子、猫たちの写真も。ペットたちは、思うように動いてくれず、苦労。
 出版されたばかりの「ひとりで学べる理科 中学1年」の本をいただきました。それについてはまた後で。

 世界遺産の 座喜味城址に。車で数分のところにあります。



その後 車で沖縄県庁前まで林さんも送りました。近くにホテルがあるのとことです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.