FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

コンピューターでも グーグルの 音声認識入力が使える
 文を書くのに音声認識入力を よく利用しています。

 コンピューターに向かう時はwindowsに標準搭載されている 音声認識の機能を使ってきました。

 4月にスマートフォンを買いました。スマートフォンでは googleの音声認識が使えます。

 Google keepを開き、音声入力画面にして、話し始めると、文が書けます。かなりの認識率です。

 windowsの音声認識よりも googleの音声認識の方がすぐれているように感じています。

 それで、コンピューターに向かうときも googleの音声認識がつかえないか、これまで探していましたが、見つかりません。

 昨日も探してみると できるようになっているということを紹介するページがありました。

「Google Chrome 25」の安定版リリース 音声入力をサポート

デスクトップ上で音声をテキストに変換する機能を実装できるようになった。デモページで日本語での音声入力も試せる。


 この記事の日付を見ると、以前からできたようですが、なぜか見つけることができませんでした。

 早速試してみました。期待どおりに けっこうイイです。使えそうです。

 今も コンピュータに向かって 話して文を作っています。 それもノートPCの内蔵マイクです。 悪くないです。

次のページを開き、言語を日本語に 選択し、薄い色の マイクマークをクリックして話し始めると 音声が テキスト化、文章化されます。 ぜひ試してみてください
Web Speech API Demonstration


 文章の修正は、そこではすぐにはできず、別のところにコピー、貼り付けをしてやっています。
スポンサーサイト




気持ちのいい 読谷 中学生のあいさつ
 塾の近くを 梅子(犬)といっしょによく散歩します。

 塾の近くに 読谷中学校があります。散歩道の一部は、読谷中学の生徒の通学路と重なります。
 それで 夕方などは 帰宅途中の中学生と出会いあります。

 その中の半数近くの生徒が 僕とすれ違う時に「こんにちは」と挨拶してくれます。

 気持ちいいですね。僕はそれに答えて、彼ら以上にハッキリと大きな声で あいさつを返すようにしています。

 挨拶は難しいです。こちらが声をかけて 返事がくれば気持ちがいいのですが、無視されると 不快な感じがします。 だから最初に声をかけるのは偉いですね。

 学校で指導しているのでしょうか。それとも家庭かな。

 ぜひ、続けてもらいたいものです。

樹昌院梵鐘鋳造の銅板札に 「みんなの幸せ」と書く
 樹昌院梵鐘鋳造のため、銅板札に願文を書く依頼があり、 それに「みんなの幸せ」と 書きました。

 京子の弟Ic郎くんから電話がありました。

  北谷の樹昌院で 梵鐘を作ろうとしている。 そのために 銅板札に名前を書いて それを集めて 梵鐘に鋳こむという事を企画している。 面白いから 一口乗らないか、 一口五千円とのこと

 まあ、カンパ集めですね。

 樹昌院は、法事のときに いつもお世話になっています。

  Ic郎くんは、臨済宗の 花園大学を卒業していて、樹昌院の住職は Ic郎くんの友人です。

 いつもお世話になっていることだし、Ic郎くんの勧めでもあるので 、京子と2人で二口乗ろうということにしました。

 さて、不信心なぼくです。この銅板に願い事を書いても、それが叶うとは、つゆほども思っていません。

 しかし 銅板札を前にして 何か書こうとなると、 やはりまじめに考え込んでしまいます。 いろいろ考えました。「健康」「世界平和」などなど。

 「幸せ」という言葉が あたまに浮かびました 。でもそれだけでは、自分だけの幸せのような感じがします。

 それで、ばくぜんと 「みんなの幸せ」ということにし、それを書ました。

 妻も似たように思ったようです。そして、 結局は「平安」と書いたとのこと。

media-20130628.jpg


梵鐘鋳造願文(名号)札お願い
銅板名号札結縁とは
銅板で 名号札を作り、施主の方の願い文、住所、ご芳名 を左図(略)のようにしるし、先祖供養を厳修して、魂を入れ、 梵鐘鋳造の際、魂とともに 溶かして、鋳こみます。
 奉納の魂は鐘を撞く度に、梵音と共に朝夕請願成就を ご祈念いたします

【臨済宗妙心寺派】樹昌院

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.