FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

保護者面談に15人の塾生の保護者が
 きのう7月22日(月)、保護者面談を行いました。15人の塾生の保護者が参加し、いろいろ話し合いました。以下は、その中からひろった言葉です。

● 準備物は、前もってひとつひとつ確認するので忘れ物はしないのですが、それが時間がかかるのです

● こんなに長い時間、問題集に向かって座っているのは奇跡だと思いますう

● 下手なのにキャプテンになって、いろいろ悩んでいるので(母親の私が)ぐちを聞いています。

● 習ってやるより、自分で考えて解けたときがうれしい(塾生本人)。

● 理科が好きなので、理科をやるなら算数もできないといけないと話しています。

● 家でもさっさとやりますが、食は細いので食事には時間がかかります。

● 家でも宿題の段取りも自分でできるようになり、注意されることがなくなりました。

● 前に通っていたそろばん教室はよく休んでいましたが、姉がいるせいか休まずに通っています。

● おしゃべりもあまりしないので、心配でしたが、これがこの子のふつうで、この子なりの世界を持っているのだと思います。

● テストの点数、席次の割に、通知票の点数が悪いので、本人はしきりに反省していると言っています。

● 塾からの帰りの車の中で、Kyokoさんに字がきれいだとほめられたと保育園の子どもかと思うくらいうれしがっていました。

● 塾で勉強しているので、小学で学ぶことはきちんと身に付いているので、安心して中学に進めると思います。

● 家で数学の文章問題をすらすら解いていました。本人は気づいていないだろうけど、塾でやったことが力になっているのだと思います。

● 今までそろばん教室などに行かせても逃げていたのですが、こちら(セルフ塾)には喜んで行くのでびっくりしているところです。

● 人見知りが激しいので、塾では無口なようですが、家では友達を連れてきて、おしゃべりを楽しんでいることもあります。

media-20130722.jpg
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.