FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

クワディーサーとトックリキワタの大きな木を伐採
 さる金曜日、業者に、クワディーサー(沖縄での現地名){和名(モモタマナ)}とトックリキワタの木を切ってもらいました。2つとも結構大きな木です。

 クワディーサーは、20年近く前に庭にあった苗を植えたもの。

 庭には、もっと大きなクワディーサーがあります。それは約30年。

 その種が落ちて自然に生えた苗です。

 トックリキワタは20年近く前に、首里の実家からもらいました。
 鉢植えされていたのですが、大きくなるので 持っていてほしいと言われてもらってきて、塾のすみに植えたものです。

 クワディーサーの木は、道のすぐそばに植わっていて、枝が大きく道に出ています。

 水平に枝が出る木です。とてもいい陰が出きます。普段は とてもいい感じの木で、 僕はとても気に入っていました。

 この木は柔らかく、台風の時には枝が折れて道に落ち、通行する車に迷惑をかけたことがあります。

 Kyokoはこれがもっと大きくなると 手におえないから今のうちに切ったがいいとの意見。

 それで切ることにしました。その隣にはえていた トックリキワタも とても大きくなるとのこと。 知人のススメもあり これも一緒に切ることにしました。

 伐採してもらった後、とても空が明るくなっています。しかし やはり寂しいです。


 伐採前
media-20130724.jpg

伐採作業中
media-20130725(2).jpg

伐採後
media-20130725.jpg

ももたまな (桃玉名)

GKZ植物事典・クワディーサー(沖縄での現地名) - t-webcity についてeli-sa.html


トックリキワタ(徳利木綿)




スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.