FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

エネルギーの増大と減少

 中学3年生のK子さんが
「エネルギーの増大、減少の意味がわからないよ」と言って、やってきました。

 次のことです。

物体が外から仕事をされると、その物体がもつエネルギーは増大する。
物体が他の物体に仕事をすると、その物体がもつエネルギーは減少する。


 僕はとっさに、「弓」が頭に浮かびました。それで「弓」を例に説明しました。

 弓は、そのままの状態だと何もできないね。

 僕が弓を引くよ。弓に仕事をするんだ。
 すると、弓はたわむね。曲がるんだよ。

 たわむと、弓は元に戻ろうとする力が働く。その元に戻ろうとする力を弾性の力というね。

 つまり、僕が弓に仕事をすると、弓は弾性の力、エネルギーが増大するんだ。

 そして矢を飛ばす力ができるんだね。

 弓は矢に仕事をする。たわんでいた弓は、元に戻るね。

 弓はまた何もする力がなくなる。つまり、弓はエネルギーを減少するということ。


 矢は、弓からエネルギーをもらって飛んでいくね。矢は弓からエネルギーをもらったんだ。それで、飛ぶことができる。

 そして何かにぶつかるね。そこでそのものをこわしたりといった仕事を矢はする。

 このようにエネルギーは 次々に移っていく。

 仕事をするとエネルギーは減少し、仕事をされるとエネルギーは増大するんだよ。

 ここで「エネルギーって何?」とK子さんが質問。

 「ほかのものに仕事をすることができる能力だよ。

 弓はたわむ、曲がることで、矢に仕事をする能力ができた、ということだよ。その能力がエネルギーだ」と説明しました。

 納得したようでした。

yumino.jpg
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.