FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

構成原子の質量比の準備運動
 「ひとりで学べる理科 中学2年生」の原稿作りをおこなっています。まったく新しく作るのではなく、これまで作ったものを手直ししたりしています。

 生徒たちがつまづきやすいところは、つまずかないように直します。

  「構成原子の質量比」 というのがあります。 次は、その説明です。

水の合成で水素と酸素は原子の数が 4:2=2:1で化合します。
また,水素と酸素の原子の質量比は, 1:16です。              右図に見るように,1が2個,16が1個ですから,
 水素2個の重さは2,酸素1個の重さは16 だから
 水素と酸素が化合する質量比は 2:16=1:8 です。

kouseigennsi1.jpg


【問2】 
(1) 二酸化炭素分子では,炭素と酸素の原子の数の比は,1:2,
  炭素原子と酸素原子の質量比は,3:4。 炭素と酸素は,
  [何:何] の質量比で化合して二酸化炭素になるか。 (   ):(   )
kouseigensi2.jpg


(以下の類題は略)


 僕としては図も入れて かなり丁寧に 説明しているつもりです。

 でも ここの所で間違えて分からないと言って習いにくる生徒が少なくありません。

 それでいろいろ考えてみました。

 子どもたちは原子のイメージが まだ十分にできていないから 理解できないのではないでしょうか。

 それで もっと身近なものを例にとって 準備運動をさせてから、それに取り組ませばいいのではないか、という考えが浮かびました。

 それで 次のような商品の値段の比の問題 を作り、与えることにしました。

次の節で「構成原子の質量比」について学びますが、その前に、商品の数と値段の比で準備体操をします。
(例) 1カン100円のコーラと1カン120円のコーヒーがあります。コーラを3カン、コーヒーを2カン買うとすると、値段の比はどうなりますか。
 (解)1カン100円のコーラを3カンだと 100円×3カン=300円
 1カン120円のコーヒーを2カンだと、120円×2カン=240円
300:240=5:4   答え(5:4)
(その後の類題は省略)


これはかなりイメージしやすいと思います。
 これをやって後だと「構成原子の質量比」もわかってくれるのではないか と期待しています。

 さて いつもながら思うのですが、このような塾だからこそ、いい教材ができるのです。

 僕の教材は 生徒たちと一緒に作り上げていると思っています。

 僕が作ってさせた問題を 生徒たちがスムーズに解いて、学んでいけばいいのですが、つまづいているところは 直さなければいけません。 そこは教材が まだ不十分だということです。

  そこのところを生徒たちがつまずくことによって、教えてくれるのです。

 それはこのような塾だからこそできることです。ありがたいことです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.