FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

作用 反作用は、力はいつでも等しい。しかし 2人で押しあう場合は
 積分定数さんから、コメントをいただきました。ありがとうございます。

積分定数です。

作用と反作用が区別できるように捉えられているようですが、両者は区別できません。時間的前後関係もありません。

量子力学や相対論的な話になるとややこしいので、それはなしにしておくとして

 原則としてあらゆる力は、作用と反作用が同時に発生します。
力Aを作用として、力Bが反作用だとすると、力Bを作用としたら力Aが反作用となります。

 両者は区別できなくて、一方を「作用」と呼べば、それに対してもう一方は「反作用」となります。



 ぼくには 壁が作用で 人間が反作用だというのは、まったく イメージ出来ませんね。
 量子力学は 何度か 挑戦したのですが、ほとんど理解できていません。

 さて、別の面から考えてみます。

 作用 反作用というのは、必ず力の大きさが等しいです。

 2Nの作用なら、必ず反作用も2N、5Nなら5Nです。

 壁を2Nで押すと、それとまったく同じ大きさで返ってくるのです。

 2人で 押しあう場合を考えてみます。

 Aさんが押す力とBさんが押す力は必ずしも等しいとはいえません。

 たまたま 2人の力が等しい時に 2人の動きは 静止するのです。

 どちらか一方の力が大きければ、それに向かって動きます。
 Aさんの力が大きければ、Bさんは押されて後ずさりします。

 屈強なレスラーの例でもそうです。屈強なレスラーが 受け身になって、「さあ押してみろ」と受け身になっている間は動かないでしょう。

 その場合には、弱いレスラーが 押した力が作用となり、まったく同じ大きさの反作用が返っていきます。

 しかし、いざ本気になってく 屈強なレスラーが 貧弱なレスラーを押すと、貧弱なレスラーは飛んでしまうでしょう。

 いつでも力が等しいとは限らないのです。

 また、屈強なレスラーが ローラースケートをはき、貧弱なレスラーがスパイクをはいて、押しあうと 貧弱なレスラーの方が力強く 押していくでしょう。

 釣り合いはくずれてしまうのです。

 教科書や参考書に出てくる作用・反作用の例では、力に大小ができることはありえません。

 必ず等しい大きさになります。
 人が壁を押す場合、ローラースケートをはいた人をローラースケートをはいた 別の人 が押す場合、ロケットが噴射して 飛び上がる場合、垂直抗力、バネ、ボートの例 などなど。

 この場合には、おたがいに力を調整しながら 力を等しくしているわけではありません。
 一方が 適当な力で押すと、それとまったく同じ大きさの反作用が自然に返ってくるのです。

 このようなものが 作用 反作用なのだと僕は思います。

 二人で押しあう場合には 、等しい力になる ということのほうが、たまたまだと考えられます。

 だから2人の力が等しくなった時は、作用反作用に似てはいますが、作用 反作用だというのは とても不自然な感じがするのですが、どうでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.