FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

AとBが押しあうときの作用反作用について
 以前AとBが押しあうときの作用反作用について 書いたところ、積分定数さんから、 いろいろご指摘していただきました。でも、物分かりの悪い僕は、なかなかそれが理解出来ませんでした。

 ただ やっと少しわかった気がします。それで 僕の理解したことをここに書きます。

 積分定数さん、すみませんが、このような理解でいいのか、 チェックして下さい。

 さて Aが 5Nの力で 右向きに進もうとします。これは地面を 足で蹴って、その摩擦力の反作用で 前に進むのですね。
 
逆側からBが左向きに3Nの力で進むとします。 そして二人がぶつかります。

  Aは 5Nの力で、右に進み、Bは逆向きに3Nの力で進みます。

sayohansa1.jpg


 ここで僕は、Aは 5Nの力でBを押し、Bは3Nの力でAを押す、と思っていました。

 それが違うというのです。
 なぜ違うのか、僕にはよく理解できませんでした。

 それで、いろいろ考えてみたのですが、2人が動くということが 原因なのではないでしょうか。

 逃げていくものを押すときには力が 少なくなります。

 Aは5Nで右向きに進み、Bは3Nで逆向きに進むのですから、Aが Bを押していくことは確かです。
 そしてAは 前進しますが、 Bは後退します。

 Aは右に進み、Bも右向きに移動していくのですから、AがBを押す力は5Nよりも小さくなるわけです。

 逆に Bは向かってくる 相手を押すのですから、3Nよりも大きい力で押すことになります。

 たぶん押す力は、5 Nと3Nの平均で4Nになるのでしょう。

そう考えれば、進む力と押す力がちがうことが理解できます。

sayohansa2.jpg


 つまり AはBを4Nで押し、BはAを4Nで押し返す。これが作用 反作用でしょう。

 さて、Aは Bから4Nの 力を受けます。
 Aは右向きに5N、Bから4Nの力を受けるので 、右向きに 1Nの力が働きます。(5Nー4N)

 BはAから4Nで右に押されます。Bは3Nの力で 左に進もうとします。

 4N-3Nで、やはり右向きに 1Nの力を受けます。

 Aは1Nで右向き、 Bも1Nで右向きです。 その和は 2 Nになります。

 つまり、AとBは全体で 2Nの力で右向きに進む、ということになります。

 この力は Aが 右向きに進力 5NとBが左向きに進む3Nの差に等しくなっています。

 だから全体としては 5N-3Nと考えても 言い訳ですね。

 この場合には釣り合いは取れていません。AとBが右向きに 動いていくのですから。

 さてAとBが同じ力で押しあい、(Aも5N、Bも5N)と、作用反作用も5Nで働きます。 そして プラスマイナスゼロで 全体的には 力が働かないのと同じ状態です。

 それで その場合は動きが無くなるのですね。

 この場合には「つりあっている」と言っていいと思います。

 このように考えてみましたが、どうでしょうか。




この本は「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(物理)に関するものを集めたものです。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.