FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

excited とexcitingのちがい
 中学3年生は、高校入試対策として 予想問題を解いています。

 英作の問題で
I was exciting. としている生徒がいました。

 excited とexcitingのちがい はは 結構難しいです。

 それを理解するには、まず excite を理解することが必要でしょう。

  exciteは 「興奮させる」という意味です。

 A excites B. で「A がBを興奮させる」になります。
 エクスプレスEゲート英和辞典 の例文には、
 His story excited me very much. 彼の話は私をとても興奮させた
Don't excite yourself.  あなた自身を興奮させるな
 
が載っています。(訳はぼくです)。以下の例文もすべて「エクスプレスEゲート英和辞典」からです。

「興奮させる物事」があって、それによって「興奮させられる人」がいるのです。
物事 →(excite) → 人 
物事 →(興奮させる) → 人 
という感じです。

 ing は「進行」の意味「~している状態」があります。
 だから、exciting で「興奮させている状態」という意味になります。

 もともとはexcite の分詞だったのが、よく使われるようになって、形容詞として定着したと思われます。

 an exciting book.  1つの興奮させる本
 The movie was very exciting. その映画はとても興奮させる

「興奮させる物事」があって、それによって「興奮させられる人」がいるのです。
だから、「興奮させる物事」のことを修飾する場合は、excitingの形をとるのです。

 さて、excited は元々は 過去分詞で受け身の意味があったのでしょう。
 「興奮させられる状態」という意味です。

 an excited crowd 「興奮させられた群衆」
 Tom was[got] excited about going on the trip. 「トムは旅行に行くことに興奮させられた」

「興奮させる物事」があって、それによって「興奮させられる人」がいるのです。
だから、「興奮させられる人」のことを修飾する場合は、excitedをとるのです。

エクスプレスEゲート英和辞典には、「 使い分け」が載っています。

「(ひとが)興奮している」はbe excitedで表す。
excitingは 「(物事が)興奮させるような」という意味。
 I was excited about the concert. 私はそのコンサートのことで興奮していた
I was exciting about the concert.とは言わない




スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.