FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

力の移動
「つりあい」と「作用・反作用」
に、JPEGさんから 質問メールをいただきました。
ありがとうございます。

JPEG

疑問に思ったことがあります。
地球が本を引いています(重力)と、本が机を押しています(重力の移動)の違いが全くわからないです。どちらでもとらえることができるのではないでしょうか
| URL | 2014/06/23/Mon 00:02[EDIT]


さてこれは、ご質問にあるように、 どちらで考えてもかまいません。

本は地球に引かれます。重力です。

その地球との関係でいえば、重力は本の中心から働くと考えます。

それが机(床)を押す時には、移動して 机(床)との接点に移動させるのが分かりやすいので、 そうするのです。

2つの力が働いている というわけではなく、 重力が 机(床)をおして いると考えるのです。

またおもりが紐で上に引かれるとき、 重力はおもりの中心にあると考えます。

それが紐にひかれるときには、おもりと紐との接点に移動するということです。

天井にひもをさげ、それにおもりをつるすとき。

天井をひもが引きます。それも重力です。おもりの重力が天井をひいているのです。
分かりやすいように、天井とひもの接点に移動させているのです。


わかりやすいように移動させて、考えるということですね。

次のページを 参考にしてください。

http://www.wakariyasui.sakura.ne.jp/3-2-0-0/3-2-1-1tikaranohataraki.html






この本は「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(物理)に関するものを集めたものです。
スポンサーサイト




解法を小学生が自学できるように説明しながら解いてゆく方式がすばらしい
「ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にカスタマーレビューがつきました。5つ星のうち 5.0 です。
「小学生が自学できる」と評価しています。うれしいですね。

解法を小学生が自学できるように説明しながら解いてゆく方式がすばらしい 2014/6/18
By 氷結ストロング

本気で、小学生が一人で学べる参考書です。問題集ですが、解法を小学生が自学できるように説明しながら解いてゆく方式がすばらしい。

難易度別に問題が並べてあって、親が教える負担が増えるばかりの問題集(および学習塾)が多い中で、この指導法は学校教育についての考えを根本から少し考え直す気持ちにさえなった良書です。小学3年生に自学させていますが、自分で読み進めながら、ほぼ全て正解で進んでいます。

本書の方法論が、国語でも可能か、興味を持っています。






Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.