FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷村座喜味の川が台風8号で氾濫
 今度の台風8号では、読谷村の大雨のニュースが 全国放送されたようです。 僕はその映像を見ていません。

大学の頃の友人から心配してメールもいただきました。

またKyokoも 東京にいる姪から電話がきました。姪の彼氏がとても心配していたとのこと。

友人たちも、「ぼくは秋田から電話が来た」「私は・・・」などと話しています。
読谷に、全国から電話が来たようです。

テレビで放映されていた冠水している場所(比謝川付近)は僕の住んでいるところから数km離れたところです。

沖縄の建物はほとんどが 鉄筋コンクリート造です。 だから、台風がきても建物の方はほとんどの人 が心配していません。

今度は、「特別警報」とのことだったので、 少し緊張しましたが。

 後片付けは大変でしたが、 特に大きな被害がなく過ぎました。

さて、京子が、台風の後片付けで、 前の道の掃除をしているときに、 近くの人(女性)が通りかかったそうです。Aさんとします。

そして台風のことについての話になりました。

Aさんの家の近くに 小さな座喜味川がながれています。

幅は1mあまり、深さは2m余りあるでしょうか。 普段は 底の所で少し水が流れてるだけです。

これまでは、大雨が降っても特に問題なかったところです。

  ところが、Aさんが、道を見ると 赤くなっていたとのこと。

「この道はこんなに赤かったかな」と話すと、 それを見た夫が
「あれは道じゃない、川が氾濫しているんだ」ということで大あわてになったそうです。

一階部分は 駐車場になっているので、 車が水に完全につかったそうです。

それで近くの修理工場に車を出して、帰りに京子に会ったのです。
車は、もう使い物にならないので、買い換えになるとのこと。

僕の住んでいるところから ほんの2~30m 離れたところの 座喜味川が氾濫していたとのですね。

そのAさんによる、隣の人の話です。

 テレビを見た知人から電話があったそうです。

それで電話をとって、「こちらは大丈夫よ」 と答えながら 外を見下ろすと、 川が氾濫していたので、 急に「大丈夫じゃない 大丈夫じゃない」 と言って電話を切ったとのこと。

そういう事が身近で起こっていたのですね。

僕は野次馬根性を出して、塾からの帰りにその場所を通りました。

普段は誰もいないところです。

でもその時には10人前後の人がいて、 今後の対策など考えているようすでした。少し崖崩れになった部分も見られます。

僕はバイクで走ったのですが、野次馬がまた来た、とでも思われていたのでしょうね。恥ずかしい。





豪雨、読谷で最多96ミリ 浸水122件
琉球新報


 台風8号に伴う雨雲の影響で沖縄本島地方は9日早朝、各地で記録的な大雨となった。(中略)
読谷村では1時間当たりの降水量が96・5ミリと、同地点で観測史上最多を記録した。(中略)
雨が降り始めた7日から9日午後9時までの総雨量は、(中略)読谷村座喜味で405ミリ、
(中略)
 読谷村では午後8時40分までの24時間雨量が386・5ミリと同地点での観測史上最多を記録。7月1カ月の平年降水量の3倍以上となった



スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.