FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

沖縄の蚊は服の上から刺す
デング熱のニュースは、最近聞かれなくなりました。でも、収束宣言はまだ出ていないようです。

デング熱にかからないためには、
蚊に刺されないこと。
そして、蚊に刺されないためには、肌の露出を減らすか、虫除けスプレーなどを塗る、とのこと。

次のページには、次のように書いてあります。

蚊に刺されるのを防ぐには、どうすればいいのか。

蚊に刺されるのを防ぐには、どうすればいいのか。
自然と生物に詳しいプロ・ナチュラリストの佐々木洋氏(52)によると、
「まず肌の露出を減らすのが大切。長袖、長ズボンを着用し、帽子や手袋、首にタオルやバンダナを巻くのも効果的」だという。
また、虫よけ剤は、スプレータイプなら、掛かっていない部分を可能な限り減らすために「こすって広げるのが大切」。


ぼくの記憶では、ニュースなどでもそういっていました。

「肌の露出を減らす」 or 「虫除けスプレー」

 or ということは、肌の露出を減らせばいい、ということですね。服などで覆われたところは蚊に刺されない。
蚊は服の上からは刺さない、ということなのでしょう。

ところが、沖縄の蚊は服の上からでも刺すのです。服の厚さにもよるかもしれません。でも、夏、普通に着る服の上から、楽に刺しているという感じです。

ぼくの家の庭は気が多く、森のようです。だから、蚊も多い。

それで、庭で作業をするときは、まず虫除けスプレーを手足に吹き付けて、手でこすって広げます。

そして、長袖の服を着て、服の上から吹き付ける虫除けスプレーをふきかけてから外に出るのです。

沖縄の人、すべてがそうしているわけではありません。
ぼくがそのように蚊対策をすると言うと、それは大げさだと笑われてしまいました。

特にぼくは蚊に刺されるのがきらいです。よく刺されます。そして刺されたところがふくらみ、とてもかゆいのです。体質があるのでしょう。

でも、服の上から刺すということは、みんな同意していました。




スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.