FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

バンクーバー、トイレ事情
  バンクーバーで困るのはトイレです。
  日本では、駅に行けば、まず間違いなくトイレがあり、用を足すことができます。しかし、ここバンクーバーには、駅にトイレがないのです。

  また、ぼくらが行った湖や公園、港などには公衆トイレがありましたが、街の中には公衆トイレがあまりないようです。

  日本では、コンビニに行けば、トイレがあります。ぼくはコンビニのトイレを利用したときは、ちょっとした飲み物などを買いますが、それでもやはりコンビニ(便利)です。

  バンクーバーには、まずコンビニがあまりありません。セブンイレブンがあることはあるのですが、日本のようにどこででも見られるわけではありません。
 また、その数少ないコンビニでもトイレは勝手に利用できないようです。

 また、レストランに入って食事をしても、勝手にトイレを利用できないことがあります。トイレに鍵がかかっているのです。
 店の人に断って、鍵を開けてもらって、トイレに入ります。
 街の中にある、ファーストフードA&W,サブウェイなどでもそうでした。
 トイレには、「お客様オンリー」と書かれています。
 どうも、ホームレスが勝手にトイレを利用できないようにするためのようです。

 それで、ぼくらはどうしているかといえば、ショッピングセンターに行くのです。ここにはあちこちに大きなショッピングセンターがあります。そこのトイレは自由に利用することができるのです。

 しかし、かなり大きなショッピングセンターであっても、トイレの数が少なく、どこにあるのか分かりにくいです。そして、便器の数も少ないように感じます。それでも混雑していないから、不思議ですね。
 日本人に比べると、他の民族のぼうこうは大きいのでしょうか。

 海外のツアーに参加したとき、ガイドの人が、日本人はトイレの回数が多い、と言っていましたが、そうなのでしょうか。

 トイレに不自由しているので、体には悪いと思いながらも、外に出るときはできるだけ水分をとらないようにしています。

 そういえば、中国旅行をしたとき、友人のSさんは、バスの中でもビールを飲み、バスが止まるたびに、駆け足でトイレに向かっていましたね。また、あの万里の長城でも立ちションをしていました。
 
 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。

facebookのYojiのページ
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.