FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

VIA列車(カナディアン号)、WiFiが使えない
 VIAカナダ横断鉄道(カナディアン号)の予約をしました。4泊5日の旅です。
 そして、調べてみると、WiFiが使えないという記事とWiFiが使えるという記事があります。使えるという方が多いです。

 ぼくは勝手に、昔は使えなかったが、使えるようになったんだ、と思いました。

 WiFiが使えれば、メールのチェックもできます。ブログの更新も。フェイスブックを見ることも。そして、スカイプを使って家に電話もできます。英語の原稿の推敲作業もできます。(英語の原稿はヤフーボックスに入っています)
 無料動画を見て、時間をつぶすことも。また、それでも退屈するだろうから、簡単なトランプゲームがネットでできることも確認しました。

 さて、列車に乗り込みました。少し落ち着いたところで、パソコンを取り出し、セットしました。そして、WiFiのパスワードなどが書かれたものがあるだろうとさがしました。
 しかし、見つかりません。その代わりに、説明書の中に、この列車ではWiFiは使えません、の文が見つかったのです。

 列車によって使えるのと使えないのがあるのか、それとも全部使えないのか、それは分かりません。とにかくぼくの乗っている列車(カナディアン号)は使えないのです。

 WiFiが使えないとなると、計画がすべてボツです。さあ、何をしようか。4泊5日もあるのです。退屈な旅になるでしょうね。きっと。 

 ただ、その説明書には、「次の駅では、無線インターネットは利用できます。トロント、ウィニペグ、エドモントン、ジャスパー、バンクーバー」とあります。
 WiFiと無線インターネットは、区別しているのだろうか、その無線インターネットはどのように利用するのだろうか、そこには書いてありません。
 車掌に尋ねればすぐ解決するだろうな、と思いながらも、性格が災いし、尋ねることができません。

 ジャスパー駅では、車内でネットにつながるかやってみましたが、できません。そこはそのまま通過。
 エドモントン駅の駅舎に入ると、そこにWiFi とあり、パスワードが書かれています。それでできると思い、列車からPCを持ってきたのですが、すぐに発車のアナウンス。パスワードを写真に納めて、列車に入り、つないでみると、見事につながりました。でも、メールを確認しただけ。列車は発車して、つながらなくなってしまいました。

 ウィニペグ駅に到着。45分ほど止まるとのこと。
 一通りまわりを見回った後、WiFiを利用しようと思いました。エドモンドのようにWiFi番号をさがしても見つからないので、受付に尋ねると、パスワードはいらないとのこと。試してみると、少し苦労しましたが、つながりました。

 列車の中で書きためていた記録をFaceBookにアップしました。ブログもアップしようとしたところ、認証確認を求められ、それに対応するうちに、ネットにつながらなくなりました。
 時間が限られているので、あせってしまいます。

 やはり、列車でWiFiができるようにしてもらいたいものですね。


 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ

スポンサーサイト




VIA列車の切符もスマホの切符写真でOK
 VIAカナダ横断鉄道の予約はネットでしました。チケットの画面になり、このページを印刷するようにとの指示が出ました。
 しかし、ぼくはプリンターを持っていません。
 でも、カルガリに飛んだときにも印刷はしなくて大丈夫だったので、今回も大丈夫だろうとは思っていました。それでそのページの写真をスマホで撮りました。
via列車の切符1

大事なのはQRコードだろうと思い、それのアップの写真も撮りました。
via.png
 
 折り返し、予約完了確認メールも送られてきて、それに切符の画像もついています。これがあればまあ大丈夫だろうと思いました。

 でも、万が一のことを考えて、そのQRコードをグーグルキープに貼り付けておきました。それでも、小心者のぼくはうまくいくだろうか、とびくびくです。まあ何とか行くだろうとは思っていたのですが。

 駅に着きました。
 ネットではチェックインが必要だと書かれていたので、チェックインをしに行きました。係りの人がスマホの写真を見て、「トロントだね」と言って、荷物を預かりました。

 しかしチェックインをするわけでもありません。
 「7時30分(出発1時間前)以後にアナウンスがあるから、あそこに並びなさい」とのこと。

 チェックインをしないままでいいのだろうかと不安に思いながら待っていました。その間に駅内のファーストフードA&Wで夕食をとりました。

 7時40分ごろ、係りの人が改札口に並びなさいと、口頭で告げて回っていたので並びました。
 ちゃんとした切符らしきのを持って並んでいる人もいますが、プリントした紙を持っているひともいます。
 改札口はなにもないところです。そこでチェックインもできるのだろうか、と心配しながら待ちました。

 しばらくして、ついてくるようにというので、みんな歩いて駅のホームに。切符もぼくのスマホも見る様子はありません。早足で行くので、ぼくらはそれについていくのに必死。

 そして、列車の中に通されました。その間、切符の確認はありません。切符を持っていなくても列車の中に入れるのです。まあ、後で見回るのだろうとは思ったのですが。

 自由席です。適当なところに座りました。シーズンオフでだいぶ空席があります。

 しばらくして、女性の車掌がやってきました。やはり、切符の確認です。
 ぼくはおそるおそるスマホの切符写真を見せました。彼女はそれを拡大しようとします。うまくいかないようなので、ぼくはQRコードの画面を見せました。

 車掌は首に下げたペンのようなコード読みとり機でピッと読みとり、「もう一つは」というので次の画面を見せ、それも読みとり、「トロントだね」と言って、メモ用紙のようなものに何か書き留め、ぼくらの座席の上に貼り付けました。
 パスポートも提示する準備をしていましたが、見る様子はありません。

 心配していたわりにあっけなく終わりました。拍子抜けした感じです。

 ということで、今回もプリンターなしで、できました。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.