FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

VIA鉄道カナディアン号は超鈍行列車
  VIA鉄道カナディアン号で、バンクーバーからトロントに来ました。4泊5日の旅の予定ですが、何かアクシデントがあったようで、5泊6日の旅になりました。
 12月2日火曜日午前9時30分にトロントに到着する予定が、なんと到着したのは、3日水曜日午前6時過ぎ。なんと約21時間の遅れ、ほぼ1日ですね。

 それは別にしてもとても遅いです。駅でもないところでよく止まります。だいぶ止まって、対抗車両が通り過ぎてからやっと動き始めます。
 この路線は基本的に単線なのでしょう。対向車両が来ると、待っていて、通り過ぎてから動くということですね。
 対向列車のほとんど(もしかしたら全部)は貨物列車です。それがとてもとても長い。だから、20分ぐらいは止まっているのではないでしょうか。
 それがたびたびです。これでは遅くなるはずです。

 駅に止まっている間に、給油もしています。それにも時間がかかります。
 また、上り坂はあえぐように走っている感じがします。

 順調に進んだとして4泊5日、夜8時30分にバンクーバーを出て、朝9時30分にトロントに着きます。時差が3時間。
 24時間×4日+13時間-3時間=106時間
 バンクーバー、トロントの間が4466km
  平均時速は、4466÷106=42.1km/h

駅に止まる時間も入っていますが、普通に市街地をゆっくり走っている車並みの速さですね。
全速力のときはだいぶ速いのでしょうが。

 これが新幹線ならどのくらいで行くか計算してみました。

新幹線の東京~新大阪間の距離は515.4km
最終のぞみは新大阪21:20発→東京23:45着で2時間25分だそうです。
515.4kmを2.5時間で移動するとすると
 515.4km÷2.5時間=25 7.5km/h 

  時速約250km ですね。

バンクーバー、トロントの間4466kmを時速250kmの速さで進むとすると、
  4466km÷250km/h=17.86時間=約17時間52分

  新幹線だと、朝6時にバンクーバーを出発すると、夜の11時52分にはトロントに到着するということです。1日で着く計算です。寝台にする必要はありませんね。夜中についてその日はホテルに行き、寝るだけになりますが。

 まあ、速ければいいというわけではないでしょう。ゆっくりゆっくり車窓を眺めながら行くからいいんだよ、という人もいるでしょうね。分からないわけではありません。

 でも、4泊5日はあまりにも長いですね。



 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.