FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ケベック市のバスは、停留所の名前のアナウンスも表示もない
 ケベック市滞在2日目です。ガソリンスタンドそばのコンビニで、バスの7日間定期券を買いました。そして、さっそくバスに乗りました。

 さて、少し乗って気づきました。ここでは、次に止まる停留所の名前の放送も表示もないのです。そういえば、前の日にいろいろ検索していたら、1つのブログにそのようなことが書かれていました。それを忘れていました。

 バンクーバー、トロントでは、バスをよく利用しました。そのときは、前もってPCを使ってグーグルマップの「ルート、乗り継ぎ」機能を使い、途中止まる停留所を調べ、それをグーグルキープに貼り付けておきました。それを同期したスマホで見るのです。

 だから、このバスでいいんだ、あと2つで下りる停留所だぞ、などと分かったものです。

 それは、アナウンスと表示があるからです。

 それがないと大変。
 実際、きょうは逆向きのバスに乗ってしまいました。そして、最終停留所まで来て、運転手におろされてしまいました。運転手に話すと、このバスは間違いだ、と言われたのです。そして、どのバスに乗ればいいか、教えてくれました。

 次に乗ったバスでは、運転手に行先(ダウンタウンのインフォメーションセンター)を告げ、乗り込みました。すると、降りる停留所とインフォメーションセンターへの行き方を親切に教えてくれました。

 さあ、帰りも大変でした。降りる停留所がはっきりしません。運転手に頼めば、教えてくれるでしょうが、こういうのが苦手なぼくです。英語(ケベック州はフランス語ですが、運転手は英語もできるようです)だからというだけではなく、日本でもこういうのは苦手です。

  おまけに、バスの窓ガラスはとても汚れていて、すりガラス状態なので、外がよく見えません。

 地元の人らしい人も、下りるバス停が気になるらしく、外をよく見ています。サイドの窓からは外が分からないので、フロントガラスをのぞきこんでいます。

 最初は眠くてうたた寝をしたのですが、後半は緊張しながら、車窓からずっと下りるバス停ではないかと注意していました。それだけでは不安なので、スマホのカーナビを見ていました。

 それで、無事宿の前のバス停で下りることができました。


 これから2週間ケベック市にいます。この調子では大変でしょうね。

 ケベック市は世界遺産の街です。観光地です。バスのアナウンス、表示はちゃんとしてもらいたいものです。




 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.