FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

星、ガスバーナーの温度と色
 ウズキさんから、質問メールをいただきました。ありがとうございます。

日付:2015/02/07 20:59:09
件名:色について
--------------------------------
こんばんは。先ほどに引き続きメールを送らせていただきます。星の色はガスバーナーと一緒だと覚えるように勧められました。だけど、ガスバーナーと星の温度は違いますよね。どうして色が一緒なんですか?
ご回答をお願いします。楽しみにまってます。
私は物質によって色が変わるのかなと思ってます。


 さて、難しい質問です。実は、そのことについてぼくも以前考えたことがあり、ネット上で答えをさがしたのですが、見つけることができず、そのままにしていました。

 今回、質問を受けて、再度いろいろ調べてみました。その結果、次の通りだという考えにいたりました。

 まず、色とは何かについてです。

 身近にある物体のほとんどは、光の反射によって色が決まります。
 例えば、赤いりんごの場合。光を受けたりんごは、赤い色以外の色は吸収して、赤色だけを反射します。その反射した光が目に届き、赤色だと感じます。

 青色の色紙は、青色の光以外は吸収し、青色を反射します。

 さて、黒い物体は、すべての色を吸収し、光を反射しません。そういうときは黒い色だと感じるのです。

 別の色もあります。太陽などの恒星やろうそくの火、電灯、そしてガスバーナーなどは、それが光を出しているのです。それ自体から光が出て、それが目に届き、色を感じます。このように光を出すことを放射といいます。

 さて、太陽などの恒星は、光をまったく反射しない、完全な黒色の物体です。だから、それからの光は、恒星自体が放射している光です。

 放射による光はその物体の温度と関係しています。温度が低いと赤色ですが、高くなるにしたがって、黄、白、青白と変化していくのです。

 恒星は完全な黒い物体なので、その光は、すべて放射によって出てきた光です。だから、色によって温度が分かるのです。

 ところが、ガスバーナーの光の中には反射による光も含まれているのです。その色は、温度が高くなるに従って、赤、白、青白と変化しますが、純粋な放射の光ではないので、恒星の温度と光のようにはならないのです。

 温度は異なるが、温度が高くなるに従って、赤、白、青白と変化することは一緒なので、そのように覚えるようにすすめられたのでしょうね。

 にわかにネットを調べて考えたことなので、間違えているかもしれません。間違いに気づいた人がいらっしゃいましたら、ご教授お願いします。

 以下のページを参照しました。
http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_01.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1267555022

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E6%B8%A9%E5%BA%A6

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E8%A8%88

https://www.chino.co.jp/support/technique/thermometers/about.html

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.