FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

日本政府による 普天間基地 固定化発言が 嘘だとばれる日
 全国ニュースにもなりましたが、翁長沖縄県知事と菅官房長官の初めての会談が昨日行われました。

 きょうの新聞で、 官房長官 冒頭発言 全文と県知事 冒頭発言 全文を読みました。

 翁長県知事の力強い発言を とても心強く思います。

  僕が注目したいのは 県知事発言の次の部分です。

 

官房長官に お聞きしたい。
 ラムズフェルド 国防長官が、「普天間は世界一危険な飛行場だ」 と発言し、官房長官も国民や県民を洗脳するかのように 「普天間の危険性除去のために辺野古が唯一の解決策」と言っている。辺野古基地ができない場合、 本当に普天間は固定化されるのかどうか聞かせていただきたい。
  ラムズフェルドさんも官房長官も多くの識者も世界一危険な基地だと言っているのに、辺野古ができなかったら固定化ができるのかどうか、 これを是非お聞かせ願いたい



  僕はこれを次のように解釈しています。

 普天間飛行場の周辺には 多くの県民が住んでいます。 世界一危険な飛行場だというのは アメリカも認めていますし、 日本政府も認めています。

  アメリカ本土ではこのような飛行場は考えられないとも言っています。

  沖縄県民の 気持ちは辺野古に新しい基地を作らせないということです。 このような強い気持ちでいるので、辺野古 への新基地はできないという確信を翁長知事は持っています。

  もし、できなかった場合に、日本政府として、 そしてアメリカとして、 世界一危険だと言われる普天間基地をそのままにしていられるのかどうか、 ということです。

 沖縄県民も日本国民です。日本国民を危険な状態において、政府としてそれを黙って 見ておくことができるのかどうか。 できないでしょう。
 アメリカはメンツを重んじる国です。 自分の国では考えられないことを沖縄に押し付けているということが 世界世論になることをおそれるはずです。

 だから、辺野古新基地ができないとわかった時には、ほかの手を考えるでしょう。 そして そうする方向で 進んで普天間はそのうち 撤去されるでしょう。

 そうなったら、菅官房長官が言っている、辺野古の新基地が 唯一の解決策であるということが嘘だという のがはっきりします。

 ぼくは、 菅官房長官も辺野古が唯一の解決策ではないことを知っていると思っています。
 とにかく県民を 服従させるために、 普天間基地を撤去したいなら辺野古を認めろ、と 主張しているだけなのです。

  そういう嘘が明白になる前に、自分でそれに気づき、 別の策を 考えるできなのではないでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.