セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

パソコンを教えるなら やはりマンツーマンで
 セルフPC塾 では、マンツーマンで指導しています。 「あなたのやりたいことをあなたのペースで教えます」が キャッチフレーズ。

  だから 学習者が 何がやりたいのかによって何を教えるか決め、 そして彼のペースで 指導していきます。

  読谷村内の 横田自治会で パソコン教室をしてくれと たのまれて やっています。

  5〜6人の生徒がやってきます。 それに対して教えるのは僕一人です。
 マンツーマン というわけにはいきません。

 何がやりたいのかは一応 聞くのですが、 基本的に同じことになります。

  生徒のレベルはいろいろです。同じ内容をやった場合でも、 それぞれバラバラに進んでしまいます。

  だから 一斉に同じ歩調で進むというわけにはいきません。
 まだ数人なので、ぼくはあちこち 回りながら指導して、なんとかこなしています。

 でもやはり パソコンを教えるなら マンツーマンでなければいけないなと感じています。
スポンサーサイト

光文社新書 福岡伸一著「できそこないの男たち」
  光文社新書 福岡伸一著「 できそこないの男たち」 を読みました。
 まあまあ 面白かったです。

  男性は 生命の基本仕様である女性をつくり変えてできあがったものである。 だから所々に 急場しのぎの不細工な仕上がり具合になっているところがある。


  ということが書かれています。
 だから、

  アダムがイブを作ったのではない。イブがアダムを作り出したのである。


  とあります。 細かいようですが、 この表現少し気になります。

  アダムからイブが作られたのではない。イブから アダムが作りだされた。

 の方が良いかなと思います。

 特に「アリマキ的 人生」は面白かったです。

  アリマキには 基本的にオスはいないそうです。

  母の胎内に娘が育つ。そして 娘は まだ産み落とされる前に 既にその胎内に 次の娘を宿している。 その娘の中にまた次の萌芽が。(中略)
  彼女たちはみんなクローンなのである。


 ただ 1年に1度だけ メスを変えてオスが作られるそうです。
そして

 その結果 できそこないのメスとしてオスが生み出されることになった。


 とのこと。人間も似たようなものなのでしょう。

  さて、 この本、基本的には面白いです。

  ただ 例えて言うと、皮が厚く、数多くの衣服を身につけて、肉や骨の部分が 少ない、 と感じました。

  要するに 本筋とは関係ないような 内容が結構多いのです。
 「 生物と無生物のあいだ」を読んだときも同じように感じました。

  この福岡伸一さん、 講談社 出版文化賞科学出版賞、サントリー学芸賞 、第1回科学ジャーナリスト賞などを受賞しています。

 彼の本は、文化系の人にとって面白い本ができているのでしょうね。
 たいてい、理科系の人が書いた本は無味乾燥なものになりがちです。 内容を伝えることを重視し、 面白みに欠けるのでしょう。

  それに対して、内容は薄くしながらも、面白さを追求しているのが 福岡伸一氏なのでしょう。

  だから、本文とは関係のないことが 結構書かれています。

 第10賞「ハーバードの星」232ページから、 第11章の「余剰の起源」の途中261ページまでは、ハーバード大学で起こったスキャンダルについて書かれています。 生命科学の専門家によるスキャンダルです。

 この部分は、「できそこないの男たち」のテーマとはまったく無関係です。まあ、しいていえば、できそこないの男教授が、優秀な女教授にだまされる、というてんで一致があるのでしょうか。

 このようなことが数多く、あちこちに散らばっているのです。

 読む人によってはおもしろいでしょうね。

 でも 僕をふくめて、もっと肝心なことをさっさと書けよ、と思う人も多いのではないかな、と感じました。

 さてオスを決定づけるY遺伝子はX遺伝子にくらべると短くなっています。 それについての発見 エピソードも面白く描かれています。

  以前 Y遺伝子がなぜにX遺伝子に比べて短いのか、 ということをテレビでやっていました。 最初は2つの遺伝子は同じような長さだったようです。

  ところが それが徐々に短くなっていった。 そして 将来さらに短くなり、そしてX遺伝子は消滅してしまう。 つまり オスがいなくなってしまうというような内容だったと思います。

  それについても詳しく書かれているかなと期待したのですが、 ありませんでした。




戦争法案」と無常  
「「戦争法案」が衆議院で強行採決され、その後若者たちの関心が高まり デモに参加する人も増えています。 お母さんがたのデモがおこなわれた という報道も見ました。

  多くの人が真剣に 日本の平和について考えるようになっています。
  ところが まだまだ多くの人がそれに無関心でいるようです。

  いろいろありましたが、この70年間日本はとりあえず平和でした。
 無関心の人たちは、 その平和がいつまでも 続くと 何となく思っているのではないでしょうか。

 仏教には「 無常」という考え方があります。 この世のすべては変化するということです。

 「 平家にあらずんば人にあらず」 とまで言って 繁栄をきわめていた平氏も滅びていきます。 教科書では そのあたりで「無常」について学びますね。

 あらゆるものが常に同じでは無い、変化するということです。

 さて、中学の理科では「慣性の法則」について学びます。

  運動している物体はそのまま運動を続けようとし、 静止している物体はそのまま静止し続けようとするということです。

 人間の心にも 「慣性の法則」 があります。人間にはこれまでの生活をそのまま続けようとする傾向があるのです。惰性とも言いますね。

  そして 多くの人々がこれまで平和で生きてきたのだから、 そのままの生活で 何となく平和が続くと思っているのです。今の生活を変えるにはかなりの 力が必要なのです。

  ところが今、大きな力によって日本の流れが大きく変えられようとしています。 私たちが個人的に今までの生活を続けようと思ってもその大きな流れに流されて それが出来なくなって しまいます。

 無常なのです。 これまでの日本の平和がそのまま続くという保証はありません。

  今 日本政府は戦争の道に大きく舵を取ろうとしています。 そのままでは 本当に戦争に突き進んでいきます。

 それでは諦めなければいけないのか、というと そうでもありません。

 「無常」というのは 真理だと僕は思っています。
 ところが、 平和が続くと 必ず戦争になる ということではありません。

  現在の平和な社会は変化していくでしょう。 ところが僕らの努力によって それが さらに発展した平和な社会に 変えることもできます。
 平和は必ず 戦争に変化するというわけではないのです。

 なんとなく このまま平和な生活が続くと思っている人 が目覚めて、戦争は嫌だという声をあげれば、戦争への道を食い止め、 さらに発展した平和な社会に進む ことは十分に可能なのです。

  私たちが今立ち上がれば 戦争への道を 進まなくてもすみます。

楽器を演奏をする人に2つのタイプ、 楽譜にたよる人、頼らない人
 楽器の演奏を練習するときに 2つのタイプに分かれるように思います。1つタイプは楽譜に頼りながら 楽譜を見て演奏する人、別のタイプは 楽譜は見ないで耳から聞こえたものを 再現しようとする人たちです。

  僕は確実に楽譜にたよるほうです。 楽譜が無ければ 何をどうしていいのか まったくわかりません。

  現在 沖縄 民商三線サークルに加わっていて、沖縄三線の練習をしています。

  沖縄三線には、「工工四(くんくんしー)」という特別な楽譜があります。 僕はそれを見ながらでしか三線を弾くことができません。 ある程度覚えたら見ないように練習はします。

  でも最初から見ないではできません。

  僕らの師匠は 楽譜に頼らない人です。
  彼は僕らに、「楽譜は見ないで耳で聞いたり、 自分(師匠)が弾く手を見ながら 覚えなさい」 といいます。

  でも とても とても僕にはそれが出来ません。

 以前、 音楽 バンドに加わっていたことがあります。 僕はサイドギター担当でした。 そこでも僕は 楽譜を見ながらでしか演奏はできませんでした。

  僕らのリードギターは楽譜を見ません。 それで僕にも楽譜を見ないで弾くように要求したものです。

 このように 楽譜にたよる人と 楽譜に頼らなくてもできる人がいるのです。

 楽譜にたよる人は楽譜に書いてある ルールをおぼえて、そのとおり楽器をひけばいいのです。

  楽譜に頼らない人は耳から 入ってきたものを コピーするように楽器を演奏するという形ですね。

 さて、僕らの声もひとつの楽器だと考えることもできるでしょう。
 ぼくも歌うときには、 楽譜は見ません。歌を何度も聞いて そして それが歌えるようにします。

  楽譜を見て歌うことを専門用語では ソルフェージュといいますね。それはそれでとても難しいです。

  僕は保母資格を持っています。現在の保育者資格です。
 その試験では ソルフェージュの 課題もあったので練習したのですが、 とても難しかったです。

  楽譜にたよらないで楽器を演奏する人は、 その楽器が 声のように体の一部となっているのでしょうね。

 それで自然に指が動くのでしょう。

 若い頃からひいたらそのようになるのかもしれません。 または 最初から耳を重視した教育がなされればそのようになるのかもしれません。

 ところで、ピアノなど洋楽をやっている人は 楽譜を見ますね。
 
  僕らの音楽 バンドのキーボードの人は 大学で エレクトーンを学んだとのことでした。 もちろんピアノも上手です。
 ベースギターを担当の人は 高校のときにブラスバンド部に入っていたとのことで 楽譜を読むのも上手です。

  その人たちは楽譜を見ながら演奏しますが、耳の方も 素晴らしいものがありました。 そのような洋楽を弾く人が楽譜にたよるというのと僕が楽譜にたよるというのはレベルが違うのでしょうね。

  2つのタイプを心理学的にいろいろ分析するのも面白いのではないでしょうか。
 楽譜に頼らず演奏できる人は右脳で楽器を演奏し、 楽譜にたよって目で見ながら演奏する人は 左脳を使っているのかもしれないな と思っています。

PHP文庫 武光 誠著「 幕末土佐の12人」
PHP文庫 武光 誠著「 幕末土佐の12人」を読みました。 面白かったです。

  目次を見ると
 第1章 武市半平太
 第2章 吉田東洋
 第3章  吉村寅太郎
 第4章  沢村惣之丞
 第5章 坂本龍馬
 第6章 岩崎弥太郎
 第7章 板垣退助
 第8章後藤象二郎
 第9章 福岡孝弟
 第10章 中岡慎太郎
 第11章 谷干城
 第12章 山内容堂
 となっています。

そうそうたるメンバーですね。
 吉村寅太郎 、沢村惣之丞、福岡孝弟、谷干城については まったく知りませんでした。

 それぞれの章で独立して、それぞれの人物を取り上げられていると思っていたら、 この本1冊で1つの長いストーリーになっています。
  基本的にやはり人気者の坂本龍馬を中心に描いています。

  そして それぞれの章で中心になる人 を取り上げ 紹介しているといった感じ。
例えば、武市半平太は第1章の中心人物ですが、それで終わりではなく、そのあとの章でもずっと出てきて、途中で死ぬという感じです。
  面白い構成だと思いました。

 土佐藩の人物を抜いては 幕末の歴史は語れないと改めて感じました。
 幕末史を土佐藩から見る ということで 面白い視点だと思います。


  ただ1つ。
 それぞれの章で中心になる人物がそれまでの自分の生涯を振り返りながら述懐するという形がとられています。何か少し不自然な感じがしました。

  それは著者の目から見た紹介ということに した方が無難だと思いました 。




英語の疑問詞 語呂合わせ 替え歌
 英語の疑問詞の語呂合わせを替え歌にしてみました。
 「ドレミの歌」に合わせて歌います。
音は悪いのですが


  歌詞は次の通りです。

what わっとおどろく 何だこれ
who 風太郎って、だれですか
where 上あごってどこのこと
when ウエンと泣いたのいつだっけ
why ワイシャツは なぜそういう
which 不一致なのは、どっちなの
whose フーズ食べ物、だれのもの
how  這うって どうするの



まず1つ注意。
「上顎」は実際には「うわあご」と読みます。 しかし ここでは無理に「うえあご」とし ました。 ご了承ください。

最後の how のところは意味がすこし分かりにくいそうなので 解説。
「這う」という動作はどのようにするのか、 という意味です。あとは分かるかな。



カミキリムシは時速200km以上の速さで飛んだ
光文社新書 福岡伸一著「できそこないの男たち」 の「エピローグ」から引用します。

  眠りからさめて ふと目をやると、斜め前方、蛍光灯に照らされた列車内の白い天井の近くに、小さくひかる 緑色の甲虫がじっととまっているのを見つけた。 体長は1センチ足らず、 細身の身体から長い触覚とオレンジ色の華奢な手足がバランスよく伸びている。 私にはそれがカラカネハナカミキリだとわかった。

( 中略)
カミキリムシは微動だにしなかった。私はひそかに望んでいた。カミキリムシが不意に羽を開き、列車の内部を飛行することを。 可憐な脚で 壁を蹴って、空中に飛び出したつもりの彼は、 宙に浮いたと同時に、時速200kmで列車の後部壁面に叩きつけられ絶命する。 一体何がわが身に起こったのか悟る暇もなく。私は それを待っていた。

(中略)
  その時だった。 視界の隅でカラカネハナカミキリが膨らむように震えた。次の瞬間、 緑色に光る羽を立てた彼は すっと飛び立った。 そして数十メートル先の空席の向こう側にふわりと消えた。彼の飛翔を支えていた媒体のなかに残ったかそけき放物線の軌跡は、 しばらくの間とどまっていたが やがて見えなくなった。

  私の期待に反して、虫は飛び立ったあと、 なぜ高速で走る車内の反対側の壁に激突しなかったのか。 それは虫の飛翔速度が 時速200km以上だからでもなく、 そのとき、 実は列車が 名古屋 駅に停車していたからでもない。 虫の羽にあたる空気の分子もまた、時速200kmで運ばれていたからである。



 この説明は間違えていますね。
  カミキリムシは空気の分子によって 運ばれたのではありません。 カミキリムシは 時速200km以上の速さで飛んだのです。

  むかしむかし、 コペルニクスは それまでとなえられていた 天動説を否定して地動説をとなえます。

  それに対して 天動説を信じている人たちが質問します。
「 それならその場で飛びあがってみろ。 もし地球が動いているなら、あなたは 飛ばされていって あの壁に 激突するはずだ」

 もちろん飛び上がってみても そんなことは起こりませんね。

 それに対してコペルニクスは 「空気も一緒に動いているからだ」 と答えました。 でもそれは説明にはなっていません。

  ビルのてっぺんから重い鉄球を落とします。 すると 鉄球は真下に落ちます。
 このとき、鉄の重い球が空気によって 運ばれた と考えるのは不自然です。

  鉄の球をぶら下げて 強い風を送っても 球まはびくともしません。 空気にはそんなに大きな力は無いのです。

  コペルニクスの回答は間違えていたのです。
  それに正しい答えを出したのがあのガリレオガリレイです。

  現在中学生では 慣性の法則を学びます。
 電車の中に立っていて、 電車が急ブレーキをかけると、 前につんのめりになってしまいます。あれが慣性です。

 運動している物体はそのまま運動し続けようとするのです。

  電車の中にいる人も カミキリ虫もそのまま電車と一緒に運動を続けようとします。

 そこで飛び上がっても、 そのまま電車と一緒に動いていくのがわかります。 慣性の力が働くのです。

  電車の外にいる人から見ると、 カミキリムシは 時速200km以上の スピードで飛んで行くように見えるはずなのです。

 電車の力を借りながら、 カミキリムシは時速200km以上のスピードで飛んでいたのです。

創価学会の動きで 安保法案を廃案に
 Facebook 上で、若い創価学会員による、 法案は平和に反するという 発言を聞くことができます。それが広まっています。

 公明党は 安保法案に賛成をしています。しかし、公明党員の中にも この法案が平和に反する、憲法に違反すると思っている人 がかなりいるのではないかと想像します。

  それでも 党の締め付けがきびしく、 自分の意見が言えないのでしょう。

  創価学会には 本当に平和を愛する人達が多いのではないでしょうか。 その中の若い人たちが声を上げはじめているのです。

  その声が大きくなると、公明党も賛成をつらぬくことは難しくなります。党の締め付けが厳しくても、実際の支持者は創価学会員です。

 支持基盤がなくなれば 次の選挙で当選することもできません。地元の創価学会員の声を無視することはできないはずです。

  若い人たちは行動に出ていますが、行動に出ることができない年配の人たちの中にも平和を愛する 人が多いと思います。いや、実際には若者より年配の人たちが平和のありがたさを知っているはずです。

 若者が立ち上がればその人たちも声をあげるでしょう。 そうすると公明党は それを無視することは出来なくなるはずです。

 公明党は 現在政権に しがみつくために法案に賛成していますが、 基本的には反対をしたいのではないかと思います。

  支持母体の創価学会による反対の声が強くなれば、 公明党員も声を上げてくるのではないでしょうか。 その動きに期待したいものです。

Facebookで安保法案を廃案に
 数年前起こったアラブの春ではFacebookが大活躍したということをニュースなどで聞きました。

  現在 安保(戦争)法案の廃棄に向けた運動もフェイスブックが大活躍しているように感じます。

  Facebook上では、集会に暑まった 若者たちの 熱いメッセージを動画で視聴することができます。
  専門家による 法案の危険性の説明を聞くこともできます。
  後方支援がいかに危険か という動画をみることもできます。
 運動の広がりも見えます。
 集会、デモの日時場所など、いかに動けばいいのかも知ることができます。

  このような力は これまでの 既存のマスコミにはない力です。

 そのせいだと思いますが、安全保障法案が衆議院で強行採決された後に運動はさらに広がっているように感じます。

  アラブの春では強大だった独裁者を打ち倒すことができました。
  この日本でもFacebookを十分に活用して 独裁者安倍晋三首相を打ち倒すことも決して夢ではありません。

長生きするためには、 何が何でもできるだけ長生きすればよい

光文社新書 福岡伸一著 「できそこないの男たち」を読んでいます。

  その119ページから引用します。

 長生きするために心がけるべきことは何だろうか? それは なにがなんでもできるだけ長生きすればよいのである 。これはトートロジーではなく 。むろん 禅問答でもない。 1日でも長く生きればそれだけより長生きできるチャンスがある。


  福岡氏は 平均余命のことで そうのべていますが、 僕は現在の医療の 進歩からそのように感じます。

  知人のYさんは心臓が悪いです。
 
 ある日、 気分が悪くなって病院に行ったところ、 病院で心肺停止になってしまいました。 医者が目の前にいたので すぐに 対応して 心臓が動き出したそうです。心臓マッサージにかなり時間がかかったそうですが。

  そしてすぐに手術をし、ペースメーカーを入れました。
  そのペースメーカーには、AEDの装置が付いています。 心肺停止になった時に 電気ショックを与え心臓を動かす装置です。 それが体の中に入っているのです。

 さて、その手術をして退院し、1週間ほどしたときです。
 Yさんはうとうとしていました。

 すると、Yさんの体が急に高く飛び上がりました。AEDが動いたのです。
 Yさんの心臓が一時的に止まったのですね。

  本当に運のいい人 です。手術をしていなければそのまま永遠の眠りについていたかもしれません。

 さて、先日彼の 部屋に入ると、小さな装置がおかれています。
 それは遠隔装置で、リアルタイムでYさんの心臓の状態を医者に送っているそうです。なにか異変があればすぐに 医者が対応してくれるのでしょう。

  今の医学の進歩はすごいものです。
  これからも医学はどんどん進歩していくでしょう。

  少しでも長生きすれば その医学が進歩したことによりさらに長生きできるということになります。

 Yさんは、医者の心臓マッサージで少し長生きで、AEDのペースメーカーを入れることができました。心臓がとまったときAEDが働き、さらに長生きできました。そして遠隔装置によってさらに長生きできるでしょう。するとその先では医療はもっと進んでいるはずです。

  iPS細胞が現実にかなり動いています。 それほど遠くない将来には心臓そのものを 作り出すことも夢ではありません。

 自分の皮膚の細胞からつくった心臓を自分に移植するということさえできるようになるでしょう。
それで さらに長生きできるかもしれません。

 このように、 長生きするためには 1日でも 頑張って長生きすれば、さらに長生きできるということですね。

光文社文庫 瀬戸内寂聴 著 「孤独を生きる」
  光文社文庫 瀬戸内寂聴著 「孤独を生きる」を読みました。

  正直言って 僕にとっては期待外れです。 ただ この本が 悪いと言っているわけではありません。 あくまで僕にとってです。 問題意識が ボクにはそこにはなかったからです。

  この本は基本的に、男と女の関係について書かれています。特に愛人関係にある女性が多く出てきます。

  そのことに悩んでいる人 にとっては この本は深く 心に残る 良い本になるでしょう。

 僕が 瀬戸内寂聴さんに期待したのは別でした。そのことが少々触れられているところがあるので、引用します。

  私はどうしても納得できません。 あのやさしいひとが、何も悪い事をしたことのない人が、誰にも親身になって進んで世話した人 が、なぜこんなむごい目にあわされたのでしょうか。 あきらめきれません。誰と、何と引き換えに連れて行かれたのでしょうか。


  東日本大震災で多くの人がなくなりました。 まったく罪のない人たちです。

  僕は数年前に 甥をなくしました。 25歳でした。

  このようなことがなぜ起こるのか。

  テレビで 瀬戸内寂聴さんが 青空説法をしていました。 この世の中はこのようなものだよ、 と語りかけていました。

 それを文字で読んでみたかったのです。 でも先の人の悩みに対して それに対して 瀬戸内寂聴さんは次のように語っています

 今はどういう言葉もあなたの味わっている深甚の悲しみをなぐさめることはできない と思ったのでした。 私にできることは祈るしかないと思い至りました。


 寂聴さんは、 静かにしておくことにしたのです。 それはそれで正しいことだと思います。 結局は時間が解決することです。

  ただ、僕はそれに答えてもらいたかった。 頭で理解したかったのです。

 ということで、 少々期待はずれでした。

  くどいようですが、 この本が悪いわけではありません。ぼくのニーズと 一致しなかったというだけです。



世界の公用語は英語ではない

 光文社新書 福岡伸一著 「できそこないの男たち」に面白い 話がありました。長いので 勝手に短くして紹介します。

  世界中から多数の研究者が集まる国際会議が開催された。 開催宣言がスイスの重鎮学者によっておこなわれた。開口一番 彼はこういったのである。
 「 科学の世界の公用語は、皆さん、 英語 であると当然のようにお考えになっていると思いますが、 実は違います。
  会場に暑まった人々は驚いて彼の顔を注視した。 彼自身は ドイツ系スイス人である。 かつて ドイツはすべての科学分野で世界をリードしていた時期があった。だが 今更それは。
  はたして 彼はこう言った。
 「 科学の世界の公用語は 下手な英語(プアイングリッシュ)です
  どうか 会期中、あらゆる人が進んで 議論に参加されることをのぞみます」
 会場からは大きな笑いとそして拍手が沸き起こった。そのおかげかアジアから参加した非英語民の活発な発言が目だった。



  科学の世界に限りませんね。 今や英語が世界の公用語に なってきているように思います。

  でも 世界の公用語は英語 ではなく、下手な英語であるに、賛成です。

  日本人はカタカナ英語を堂々と話せばいいのです。

  僕はカナダでは 積極的に英語を使ってきました。すると、 すぐに「日本人ですか」 と尋ねられたものです。 日本人訛り の強い英語だったから でしょう。それでも通じます。

  下手な英語を話せばいいのです。
 ぼくらにとっては 外国語なのですから、下手で当然。

  そしてどんどん英語を変えていけばいいのではないでしょうか。 三単現のsも無くしてしまえばいいのかもしれません。 不規則変化も適当にedをつければいいという程度にしてもいいかもしれません。

  世界の公用語は 下手な英語(プアイングリッシュ)なのです。



文学作品の朗読 文化講演会などを聞きながら庭作業

 毎朝10時から12時までは 庭に出て 庭の手入れなどをするようにしています。 でも準備などに結構手間取るので 実際は1時間30分ほどです。
  また僕は ナマケモノ なので、 今日のように 雨が降ると「やった。休める」と喜んでいます。

 さて、庭作業をしているとき、 デジタルオーディオレコーダーで、 文学作品の朗読や文学文化講演会などを聞いいます。
 草むしりなど 単純な作業が多いので。 頭は使いません。耳と頭の方はそちらにむけているのです。
 なかなかいいです。

  文学作品のCDは 読谷村立 図書館で借りることができます。 藤沢周平 池波正太郎などの作品がたくさん並んでいます。

  文化講演会などは ラジオで 放送されるものを録音しています。そのためにラジオレコーダーを買いました。 予約録音をすることができます。



  毎週同じ時間なら 一度設定すればずっと録音ができます。 結構楽です。

  テレビで 予約録音するのがとても楽になっていますね。 それにくらべると まだまだ使いにくいです。 時間を合わせて設定するという感じ。

 現在予約しているのは、NHK第二放送でやっている
文化講演会、 カルチャーラジオ、 朗読の時間、 そして 高校生講座です。

  結構あるので 全て聞くことが出来ません。

  かなり内容の深い、いい番組をやっていて、 勉強になります。

  デジタルオーディオレコーダーは、そのために買いました。ラジオレコーダーで録音したのをそれにダビングして聞きます。なかなかいいです。



  ただ 妻のKyokoには、とても不評です。 イヤホンで聞いているので、 名前を呼ばれても聞かないからです。


大政奉還を考え出したのは 坂本龍馬ではなく大久保一翁
 テレビのドラマや小説などでは、 幕末に大政奉還を考え出したのが坂本龍馬のような描かれ方をします。

 僕は 歴史好きです。ただ、専門的ではなく、小説を読んだり、テレビ番組をみたりといった程度です。

  これまで色々な本や テレビ番組を見てきました。 その中で 僕の中で作り上げられた 坂本龍馬の イメージは、 人柄がよく、人に好かれ、 行動力のある人です。

  人の話を聞いて、何がいいか判断をする能力は かなりあるように感じますが、 自分で新しいこと を考え出すほどの頭脳はなかったように思います。

 そうすると、大政奉還を最初に考えた人は龍馬ではないだろう、それでは誰なのだろうかと考えて ネット上を調べてみました。

  まず wikipedia の「大政奉還」を読みました。

次のように書かれています。

大政奉還 - Wikipedia

横井小楠や、大久保一翁・勝海舟ら開明的な幕臣などによって、大政奉還論(大政返上論)が早くから提唱されていた。


 やはり坂本龍馬ではなくことはたしかです。 横井小楠や、大久保一翁・勝海舟の名前が挙げられています。

 それでは、この3人が別々に考え出したのでしょうか。さらに別のサイトを見ました。

坂本龍馬の「大政奉還論」と、中岡慎太郎の「武力倒幕論」

「大政奉還論」は、もちろん坂本龍馬が考えたものではない。最初に提唱したのは、幕閣の大久保一翁だった。

大政奉還を考えたのは幕府側だった大久保一翁

熊谷充晃 著『幕末の大誤算』から

そもそも大政奉還論を誰が最初に主張したかと言えば、幕府側の人間、大久保一翁(当時の名前は大久保忠寛)であった。 坂本龍馬は大久保を訪ねた時に、その持論をこんこんと諭されている。


 このようにみると 大久保一翁という説の方が大きいように思います。大久保一翁が最初に 大政奉還を考えだしたのでしょう。

  ただ大久保一翁か考えた大政奉還と実現した大政奉還はだいぶイメージが 違うようです。

 さて、 最初に大政奉還を考え出したのは 坂本龍馬ではないことはたしかです。
  でも 大久保の持論を聞いて、それはいいことだと判断し、 そして行動にうつしたのですね。
 そういうことで坂本龍馬の判断力、行動力は評価していいと思います。




熊谷充晃 著『幕末の大誤算』をアマゾンでさがすと出ていません。次の本でしょうか。


僕は 濡れ落ち葉にはならない
 男性が定年退職すると ぬれ落ち葉になるとよく言われます。 また 校長先生や警察官などかたい仕事についていた人は定年退職後 何もすることがなくなり、ぼける という話もよく聞きます。

 「お前は教育関係で堅い仕事だから 退職したら ボケるかもよ」 と冗談まじりに言われたこともあります。

  ただ僕は 定年退職をしても 濡れ落ち葉にならないし ボケないという自信はありました。

  去年 2014年 3月末日で 学習塾を閉めました。その後、 後片付け そしてカナダへの長期滞在がありました。

  今年 2015年3月9日にカナダから帰国。 そのあとが定年退職後の自由な身ということです。

  パソコン教室を始めましたが、 ほとんど生徒がいないので無職状態です。

 そういう状態が 4ヶ月半程過ぎました。

  最初考えていたように 僕は濡れ落ち葉にはなっていません。 何もすることがないせいでボケることはありません。

 今後、アルツハイマー病などでボケる可能性がないとは言えませんが。

  毎日結構いそがしくすごしています。
  外での作業は好きではありませんが、庭をきれいにするのは義務だと思い、 毎日のように2時間近く庭の手入れをするようにしています。

  そのあとも自分の書斎で色々するのが好きです。
  コンピュータに向かい、原稿を書いたり、 インターネットを楽しんだり、読書をしたり。
 毎日日記( その日の行動記録)を 書いてfacebookにアップしています。また、このブログは、 毎日更新しています。

 テレビ番組は録画をしてみるようにしていますが、 なかなか 時間が取れず、 こなせないくらいです。

  この調子でいけば、まず濡れ落ち葉になることはありませんね。

音声検索ではできるだけ長い言葉で ・・・枕詞の復活  
 音先日、読谷村 横田自治会でパソコン教室をおこないました。
  そこで 音声で検索する方法を教えて、 google mapなどを紹介しました。

 すると、ある女性が「シュリジョウ」と言って検索しようとしていました。 ところが PCは反応しません。

  そこで僕は「『沖縄県 首里城』と言ってみてください」と言いました。そして、 その通りするとすぐにヒットしました。

 僕らは人間でもそうですが、単に「首里城」と言われただけでは、 聞き取れないことがありますね。

  検索ロボットもそうです。 短い言葉だと 何と言ってるのか分からないことが よくあります。それで「沖縄県 首里城」と 長めに言うと わかってくれるのです。

  このように音声検索では、それに関連する言葉を添えて、 できるだけ長い言葉で 言うことが必要になります。

  さて そこで思いつくのが、和歌の 枕詞です。

  枕詞というのは、ある言葉の前に添えられた基本的に5文字の修辞語です。

 「あおによし」の後には「奈良」がつづきます。
 「ひさかたの」の後には、光、月 などがつづきます。

 それは 万葉集の頃にできたそうです。

 万葉集のころの和歌は文字ではなく、 和歌を声でうたって、それを聞くものだったそうです。

 文字はなく、聞くだけなので、「奈良」のような 短い言葉だと聞きのがしてしまいます。それが「あおによし 奈良の都」と続くと、聞き流すことなく、 わかるということですね。

 音声検索によく似ています。

 音声検索でも、枕詞のようなものが復活するのではないでしょうか。

読谷村立図書館に藤沢周平 池波正太郎らの 文学作品 朗読のCD
読谷広報みていたKyokoが読谷村立図書館に文学作品の朗読 CDが入ったようだよ と言っていました。

  それで そのため、 ウォークマン型のデジタルミュージックプレーヤーを買いました。それが届いてからさっそく借りに行きました。
  池波正太郎、 藤沢周平、平岩弓枝らの作品がたくさん並んでいます。

  その中から 藤沢周平のCDを借りて聞きました。
 
 イヤホンをして単純な作業をしながら聞きました。 とてもよかったです。

  ながら作業ができるのでいいですね。

  子どもたち向けに読み聞かせの活動が盛んですね。
  この朗読CDは、大人のための 読み聞かせのようなものですね。

  自分で読むよりも楽な感じで文学作品に触れることができるのでいいです。そういう形ででも文学作品に触れるのはいいですね。

 読谷村民は無料で借りることができるので、 多くの方が 利用したらいいと思います。

 実は、 文学作品のCDとあったので、夏目漱石、 芥川龍之介 などの作品があるのだろうと思って出かけました。 夏目漱石 太宰治のCDも1~2枚はありますが、 ほとんどが池波正太郎 藤沢周平などのいわゆる 大衆文学ですね。

  こういう軽いものが多くの人には好まれるのかもしれません。ひとつの方法でしょう。別に反対ではありません。

ただ、図書館というのはある意味で、村民の読書をリードするという意味もあると思います。

  夏目漱石 森鴎外 芥川龍之介 という日本の名作と言われるのをそろえて、村民の文学をリードするというのも必要かもしれません。

 読谷村立図書館 の利用案内には
 図書館にない本はリクエストすることができます、
 とあります。近々リクエストしたいなと考えています。

1507153.jpg1507154.jpg


ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) にアマゾンカスタマーレビュー

 ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) にアマゾンカスタマーレビューがついていました。

 ひとりで学べる算数 小学3年生カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0 一人で出来そうですが, 2015/6/25
投稿者 タイラップ

レビュー対象商品: ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
内容はわかりやすく、一人でも取り組みやすく出来ていると思います。
なかなか勉強に腰の重い我が子は、やっぱり一人ではやり始めません。すこし気長に取り組もうと思います。


レビュー、ありがとうございます。早く始めてもらいたいですね。

みち(道)の road, street, way のちがい

みち(道)という意味の road, street, way のちがいを辞書で調べてみました。

開隆堂 サンシャイン 和英辞典
道 みち
道路 a road, a street
行き方 a way, a route, a course
方法 a way, a means

どうろ 道路
(車道)a road
(街路)a street



三省堂ファースト和英辞典
みち 道
1) (ある場所から別の場所に行く)道順、 ルートの意味で way
2)(車両の通行のための道路)の意味で road
3)[両側又は片側に建物の並んでいるが街路(がいろ) ]の意味で street



学研 ジュニアアンカー英和辞典
road
[比較] road と street と pathとway
roadは車の通る大きな道で 、普通、都市と都市、村と村の様に、はなれた地域を結ぶ道路
streetは建物や商店などが並ぶ市内の通りを言う
path は、野原や公園などの車が通らない小道を言う
wayは、道路というより、抽象的 な意味での「道」 とかある場所から別の場所へ行く「通路」をさす



旺文社 ハイトップ 和英辞典
(参考) road と street と way
raodはふつう都市や村を結ぶ道路をいい、
streetは両側に建物が並ぶ街路をさす、
一般的に道という時はwayを 使う



ベネッセコーポレーション エクスプレスEゲイト英和辞典
road
(使い分け)
road: 町と町など離れた場所を結ぶ道路
street :や店などが両側に並んだ通り
path:小道
way:「経路」という意味。道路そのものではなく 抽象的 な意味での「道」もあらわす




「学研 ジュニアアンカー英和辞典」を中心にまとめると

roadは、車の通る大きな道で 、普通都市と都市、村と村の様に、はなれた地域を結ぶ道路
streetは、両側又は片側に建物や商店の並んでいるが街路(がいろ)、市内の通り
path は、野原や公園などの車が通らない小道を言う
wayは、道路というより、抽象的 な意味での「道」 とかある場所から別の場所へ行く「通路」「経路」「道順」をさす


中学生でもわかる「 iPS細胞とは何か」
  これから 中学生でもわかるように、 iPS細胞とは何か を説明します。
 まず、 中学3年生で学ぶ程度の細胞の知識は持っているものとします。
  それから 分かりやすさを第1にするので、 正確さは少々犠牲にします。だいたいのイメージでいいから知りたい人のための説明です。

  人の卵子と精子が 合体して、1個の受精卵ができますね。 この1個の受精卵かひとりの人間になるのです。 この1個の受精卵はどんな細胞に変わることができる能力を持っています。

 つまり、この細胞は 皮膚の細胞にも、心臓の細胞にも、脳の神経細胞にも変わることが 出るのです。 そういう意味で、受精卵は「完全な万能細胞」です。

  さて この受精卵が細胞分裂を 繰り返していきます。
  ある段階で それぞれの細胞は何の細胞になるか決められます。

  1つの細胞は、「 貴方は皮膚の細胞になりなさい」と命令されるのです。 また 別の細胞は心臓の 心筋細胞になりなさい、 というような感じで。

  皮膚の細胞になる 細胞は、皮膚になるための遺伝子だけが働いて、 そのほかの遺伝子は眠らせておくのです。 その他の遺伝子にフタをするのです。

 すると、皮膚になる遺伝子以外の遺伝子は働かないので、皮膚になる遺伝子にけが働き、その細胞は 皮膚の細胞になっていくのです。

 それらの細胞がたくさんあつまって 皮膚 になるのですね。

 さて、皮膚細胞 は、皮膚なるための 遺伝子だけが働いていて、 その他の遺伝子は眠っています。
  眠っているのであって死んでしまったわけではありません。 細胞の核の中には全てのDNA,遺伝子が残っているのです。 ただ眠っているだけなのです。

 ただし、しっかりとフタがされていて、簡単に開けることができず、 ずっと眠っています。

 そのフタをどうにか開けられないか多くの人が研究してきました。それを山中伸也教授が次の方法で開けることに成功したのです。

  そこにヤマナカファクターという4つの遺伝子を入れたのです。すると、フタが開き、それまで眠っていた遺伝子が 目覚めたのです。 働くようになります。 初期化されるのです。

 その細胞の中の、その他の遺伝子が目覚めたのですから、 その他の細胞に変わることもできます。 万能細胞になったのです。

  受精卵のような何でもというわけではないのですが、 他の細胞に変わることができる受精卵に近い万能細胞になっています。

 その万能細胞を iPS細胞 と言います。

  一度眠らせた 遺伝子を、ヤマナカファクターで目覚めさせた細胞をiPS細胞というのです。その細胞は他の細胞に変わることができる細胞なのです。

  そこで それを培養して 網膜になる 遺伝子だけを働かせ、皮膚になるための遺伝子をふくむその他の遺伝子を眠らせるように操作すると、 この 細胞は網膜の細胞に変わります。

  皮膚の細胞だったものが 一度万能細胞である iPS細胞に変わり、 そして 網膜の細胞に変わるということです。

 その 網膜の細胞を、病気で網膜がだめになった人の目の網膜に移植すると病気が治るということですね。 以上。

ブログのテーマは 妻との会話の中から
  この「セルフ塾のブログ」は毎日更新しています。ノルマにしています。

 学習塾をやっている間は、生徒の行動などから ブログのテーマを決めるのは比較的楽でした。

  学習塾をやめて 変化のあまりない生活に なっています。それで、 現在は ブログのテーマを決めるのに一苦労しています。

 そこで、 一番役に立つのが妻との会話です。
  食事のときには、テレビをつけず、 妻と会話をしています。

 ブログを書くときになって、きのうは妻と何を話していただろうかと 振り返ってみるのです。

  そして その中から、ブログのテーマとなりそうなことをまとめて 書いています。

 実は今日のテーマも妻と会話したことです。

講談社ブルーバック 朝日新聞 大阪科学医療グループ著「 iPS細胞とはなにか」
 講談社ブルーバック 朝日新聞 大阪科学医療グループ著「 iPS細胞とはなにか」を読みました。とても面白かったです。
 
 この本は、 2011年8月20日に出版されています。山中伸也氏が ノーベル賞を受けたのは 2012年なので、その1年前ですね。

 iPS細胞とは 何か、基本的なことがよく理解できました。
 そして、ES細胞、クローンとは何か、またES細胞とiPS細胞のちがいについても わかりました。

  そして、ES細胞が、倫理的に問題をかかえていること、アメリカでは、それの利用について意見がが分かれていることを知ることができ、面白かったです。

一貫してES細胞研究に反対したブッシュ大統領とES細胞研究に舵を切ったオバマ大統領のことも書かれています。 なぜブッシュ大統領が反対したのか、 この本で詳しく書かれています。

 研究発表競争、特許競争についても 詳しく書かれています。万能細胞が多くの人に期待されているからでしょうね。

 さて、中学3年生の理科では、細胞について学びます。
 ぼくは、横道にそれて、iPS細胞の話をよくやったものです。
 すると、子どもたちは芽を輝かせて聞いてくれます。

  ノーベル賞ということで話題になったのもありますが、その可能性がとても大きいからだと思われます。

 この研究が進めば、心臓を作り出すこともでき、心臓移植がいまよりずっとたやすくできるようになる、と話すと驚くのです。

 この話から、細胞についての理解も深まるはずです。
 中学生に教える理科を教える機会のある人は、この本を読んでいて 子どもたちにも伝えたらどうかと思います。




すごく進歩している グーグルアース
  昨日 知り合いの 女性が息子を連れてきました。その息子に インターネットでグーグルマップ、 グーグルアース そしてストリートビューを紹介すると、 とても興味を持ってやっています。

 「 外国も見られるかな」
 「 見られるよ。 万里長城もすぐ見ることができはずだよ」 と言う と、

 「エアーズロック(が見たい)」とのこと。

  それでgoogle検索の音声入力で「エアーズロック」 と言って入力し、 そして グーグルの地図、 グーグルアースに進みました。

 すると、 すぐにエアーズロックを 衛星写真で観ることができました。

 さて、 グーグルアース 始まった頃のことです。 その頃僕と妻はインカに行きました。
インカのピラミッド チチェン・ティ ツアーにも行きました。

  そこから帰って、 グーグルアースでそこを見てみたいと思って、検索しました。

  ところがヒットしません。英語のつづりにして 入力してもだめです。

  紙の地図を見ながら、近くの街から探してもみたのですが どうしてもだめです。結局、そのピラミッドを見ることはできませんでした。

 それに比べると、きのうは グーグルの地図、 グーグルアースの検索がとても楽になったなと感じました。 ものすごい進歩しているのですね。

 いまなら、 本当に素人でもすぐに使えるます。

僕が後で(グーグルマップで)調べてあげるよ
 知り合いのYさんが1ヶ月あまり前から、セルフPC塾に通っています。
 コンピュータを使ったことが全くないとのことで、ゼロからのスタートです。

 パソコンを持っていないので 僕もついて 近くのベスト電器に行き、 パソコンを購入し、インターネットの申し込みもしてきました。

  そして、パソコン、インターネットの使い方を学び始めました。

  彼はパソコンで何ができるかもよくわかりません。
 知り合いではあるのですが、 それほど親しくしていたわけではないので、彼が何に興味があるのか、ぼくも最初はわかりません。

  いろいろためしているうちに、カラオケ、歌が好きだとのこと、動画を見せると、とても関心を示して、小林旭の「遠き昭和の」などを繰り返し見て、「楽しい」と言って夢中になっていました。

  その後 google マップ、ストリートビューの使い方、 ゴルフのゲームのやり方などを教えました。

  インターネット工事まで一ヶ月程がかかるので、それまでセルフPC塾に毎日のようにやって来て インターネットで遊んでいたような感じもあります。

 インターネット引き込みの工事も終わりました。

 そして、先日、Facebookのやり方を学びにやってきました。 その時の雑談です。

  奥さんと一緒に宜野湾市のコンベンションシティに行ったとのこと。
 近くに大きな建物があったので、 奥さんが「これは何だろう」 と言ったのです。

 Yさんは、「後で僕が調べてあげるよ」 と言って、帰ってからgoogleマップを使ってその建物が4つ星ホテルであること、予約もずっと いっぱいだということなどを調べ、奥さんに教えました。

  そしてストリートビューを使って、ホテルの名前も アップで見せたそうです。

 僕はうれしく思いました。
 1ヶ月前には何もできなかったYさんが、 このようにもインターネットを楽しく利用しているのですから。

 奥さんもきっと感心したでしょうね。

 Yさんは好奇心が強く、新しいことにとても関心を示します。学ぶ意欲がたっぷりです。

 これからも、さらに インターネットを楽しく使い、 そして日常の中に取り入れていくのだろうな、と思っています。

ナツメ社 岡田功 著「 図解雑学 世界の歴史」
  ナツメ社 岡田功 著 「図解雑学 世界の歴史」を読みました。 ぼくにとっては、正直言って あまり面白くない本でした。

  でも仕方がないことだと思います。

  あの膨大な世界の歴史を全てを一冊の本に入れようとしているのですから、無理があります。

  どうしても羅列的に、表面的になります。因果関係が見えないし、ドラマ性も無いので 退屈です。

  なんとか最後のページまで頑張って読み切ったという感じです。

  高校生のとき、世界史は学びました。 でも最初から大学の 入試 科目にするつもりはなかったので、 授業はまじめに聞いていません。
  暗記物が苦手だったのでこんなにたくさんのことを覚えるのが 大変だと思っていたのですね。

  でも やはり世界の歴史は わからないといけないなと思うようになってきました。

  それで 大分前にこの本を 買いました。 でもやはり興味が持てず読んでいなかったのです。

 塾をやめて 時間ができたので 発奮して読みました。

  一応のながれは 勉強にはなったと思います。もっと楽しく 学びたいですね。 でもそうするには、 詳しく書かれている本になるでしょう。 時間もだいぶかかりますね。 さあ どうしようか。





清水義範の短編 小説を元にした立川志の輔の新作落語 「バールのようなもの」
 清水義範が大好きでよく読んでいます。 最近、「ifの幕末」を読みました。巻末の解説は、翻訳家の金原瑞人さんが書いています。それから引用します。

  話は変わるが、清水義範の短編 小説を元にした立川志の輔 新作落語の「バールようなもの」は聞くたびに おかしい。

  それで思い出しました。
  僕は清水義範の作品を立川志の輔が落語にしていることを知っていました。

 1997年に読んだ、清水義範著「バスが来ない」の解説を立川志の輔が書いているのです。 その中に 、清水義範が「ツアーコンダクター」という新作落語を立川志の輔のために書いたことが書かれています。

  そして
 その「ツアコン」を(中略) 披露したら、 これが素晴らしい出来、奥様と見にいらした清水さんも、「 これから僕の作品のどれでも勝手に落語にしていいですよ」とおしゃってくれました。

 とあります。

  それで、清水義範の作品を元にした立川志の輔の落語を聞いてみたいと ずっと思っていたのですが、沖縄ではなかなかできません。

 インターネットの動画でみることも知りませんでした。 また、知っていてもその頃動画がアップされてもたかどうか分かりません。

 「 ifの幕末」を読み終わった後、「立川志の輔 バールのようなもの」で検索すると、すぐに 動画を見つけることができ みました。
 著作権に反する動画でも視聴するのは OKです。
  とても とても面白かったです。 笑いころげてしまいました。

  その翌日は「みどりの窓口」を見ました。これも 面白いです。

  是非皆さんも皆さんも見てください。 ここに貼ると 著作権に違反するでしょうから、「立川志の輔 バールのようなもの」で検索をしてみてください。繰り返しますが、視聴するのは 大丈夫です。




集英社文庫 清水義範著「ifの幕末」
 集英社文庫 清水義範著「ifの幕末」を読みました。 面白かったです。条件付きでオススメの本です。

  幕末の日本に、フランス人の美青年シオンがやってきます。 それは清水氏によるフィクションです。それがifです。

 if (もし)、シオンという人物が幕末の日本に来たら、という設定です。だから「 ifの幕末」です。

  これによって 幕末の歴史が大きく変わっていきます。 どのように変わったのかを、この本では楽しむのです。

 それで、真実の 幕末史を知らない人には、この本の面白さが分からないでしょう。

  僕も 知らない人の名前が登場したら、これは清水氏の作り上げた人物なのか、とインターネットの百科事典を引いて確認しました。「フランス人 シオン」も検索しました。ヒットしませんでした。

 でも、ぼくはなんとか楽しむことができました。幕末の歴史を知っていれば知っているほど、 この本を楽しむことができます。
 よくできています。いつもながら、清水義範の頭の良さに感心します。

  どこまでが真実で、どこからがフィクションなのか それを楽しんでください。
 だから 幕末の歴史をほとんど知らない人には、 この本はおすすめではありません。 これがそのまま幕末史だと思われたら困りますからね。

鞍馬天狗があらわれるシーンを笑えるのは 僕の年齢以上の人でしょうね。本の中に「鞍馬天狗」という字は出ません。
  よくぞここまで持ってきたものだと感心します。

 なお 僕の知識では、坂本龍馬とジョン万次郎は直接出会っていないはずです。 それが この本ではシオンとは関係なく、2人が出会ったことなっています。その方が面白いと清水義範さんは思ったのでしょうね。




人は進化することによって 記憶力衰える
 石川幹人著 「人はなぜだまされるのか」(ブルーバックス)に 次のようにあります。

  「そのまま覚えること」に関しては。人間よりもチンパンジーのほうが、いくつかの実験で能力が高いことが知られている。

 ( 人間は その)代わりに規則を抽出する能力を身につけた

 チンパンジーのような丸おぼえ能力は人間では退化しているようである


  まる覚えに関しては、チンパンジーの方が 人よりもすぐれているということです。 法則を見つけるのが上手になり、その代わりに記憶する能力が衰えたのでしょうね。

  さて、テレビで、文字の発明が 人間の記憶力を退化させた、 と専門家がいうのを見たことがあります。

  思い当たることがあります。古事記です。

 『古事記』は、稗田阿礼が覚えていたことを太安万侶が書き記したのですね。

 あれだけのものを覚えるというのはものすごいことだと思います。

  ただ、 文字が 発明されるまでは人間は必要なことは覚えなければいけなかったわけです。 覚えなければいけないので記憶力がすぐれていたのでしょう。

それが文字が発明されて、すべてを覚える必要はなくなったのです。すると記憶能力がだんだん衰えてきたのですね。使わない能力はなくすようになっているのです。

現代です。パソコンの発明、普及によって、 記憶力は 確実におとろえてきています。ぼくは、 漢字を書くことができなくなっています。

  パソコンさえあればすぐに漢字が出てくるので、 そういう能力がだんだんなくなってきたのでしょうね。 その他の知識も保存すればいいので、覚える必要が 以前よりもなくなっています。

  そうすると記憶力はおとろえて 仕方のないことです。 でもそれでいいのかも知れません。 パソコンに覚えさせて、その他の能力を さらに磨きをかければいいのです。
でも、その他の能力に磨きがかかっているかどうか。そうでなければ、ただのバカになるだけです。

workとjobの違い
workとjobはどちらも「仕事」という意味です。 ではどのようにこの二つを区別し、使い分けるのでしょうが。

  僕の持っている辞書を調べてみました。 この2つの違いについてきちんと書かれているのは4つ。そのうち、中学生用の2つの辞書から抜き書きします。

三省堂 ファースト英和辞典
[はてな?]workとjobは、どう違うのか?
◎ workは、収入のあるなしにかかわらず、「仕事」の意味での一般的 な言葉として用いられますが、
jobは、ふつう収入を伴う臨時の、または永久的な仕事をさす場合に用います。



開隆堂 サンシャイン 英和辞典
「仕事」は job ? work ?
jobは具体的 な 「仕事・勤め口」で、普通、給料・賃金をもらえるものです。
work は、 一般的 な 「仕事・ 労働」 を表します。




 このレベルの区別なら比較的簡単です。

 workは「働く、 働くこと」と考えていいでしょう。workは 動詞としても名詞としても使えます。

 jobは、「職業」と考えればいいでしょう。jobは名詞で動詞としては使えません。

 日本語の 「仕事」を英語にするとき、職業と考えられる場合はjobを使い、使えない場合はworkを使うと考えてもいいでしょう。

  ただ それだけではすまない例がたくさんあります。
  例えば よく使われる Good job!
これは 「いい仕事したね」⇒「 よくやったね」⇒「 お疲れ様」
 のような感じ使われます。この場合は、どう考えても「職業」とはいえません。

 そこで、高校レヴェルの辞書の登場です。

ベネッセコーポレーション 「エクスプレスEゲイト英和辞典」
【使い分け】
job: 成果を前提とする個別の仕事
work:(遊びと対比して)仕事、やるべきこと
career: 一生の仕事、本業



桐原書店 河上道生監修、政村秀実著「図解 英語基本語義辞典」
work  働く、作動する
主体(人・物)が、<成果>に向かって働く過程を言う

job 仕事
働く行為(work)に職業別・人への割り当て 別などの仕切りを入れてくれたもの (仕事・職・ 勤務)。
workはふつう不可算名詞扱いだが、jobはworkに区切りをいれて、いわば a piece of workとして加算名詞扱いになる。




 work は一般的 な 「働く」という意味で使います。これは中学生レベルと同じ。

 一方、jobは、workに区切りをつけ、その 一部を取り出したもの、個別のもの、と考えるのです。

 でも、その2つは微妙に重なっていて、区別するのは難しいです。ぼくらにとっては、a とtheの違いぐらいの難しさかもしれません。

 ひとつ一つ、例文を読んで覚えていくしかないかもしれません。

イングランド チームのオウンゴール、こういう機会に覚えよう英単語
 昨日はイングランドのオウンゴールで、なでしこジャパンは勝ち決勝に進みました。 優勝へ大手です。頑張ってもらいたいですね。

 さて、 サッカーを少し知っている人なら、「オウンゴール」の意味はよく知っているはずです。 国語辞典には次のようにあります。

オウン‐ゴール【own goal】
サッカーで、誤って味方のゴールにボールを入れること。相手方の得点となる。自殺点。OG。


 僕はこういう機会に、英語の語彙数を増やして欲しいのです。
 「オウン」は、own で、「自分自身の」という意味です。

 オウンゴールは「自分自身のゴール」 ということで、 意味がよく分かります。

 もうこれで own という単語を覚えたたことになります。苦労しなくてもいいです。

 妻は、ownの意味を知っていたから、オウンゴールは理解できた、と言います。ぼくも同じです。大学入試のときに、懸命に own = 自分自身 と、苦労して覚えたのでしょう。

  僕はこのようにカタカナ語を積極的に利用したらいいと思っています。

 そうすれば 苦労することなく、 英単語数を増やすことができます。

 ただし、辞書を引いてきちんと確かめることが重要です。
  なぜなら 日本語のカタカナ語と英語には、だいぶ違いがあることが少なくないからです。
 そういう意味でカタカナ語は注意が必要です。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.