FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷村「不戦の碑広場」
 僕の家から車で約5分のところに 最近できた広場があります。車でよく通るところでよく見ます。
 石碑がクルリと 周りを囲んでいます。 そこに行って来ました。

CIMG4785.jpg


 そこにあるのは 不戦宣言の碑、不戦の誓いの碑でした。
 そこの広場の名前を表すものはありません。勝手に読谷村「不戦の碑広場」 としました。

 その他、読谷村婦人会、 読谷村老人クラブ 連合会、 読谷村遺族会、読谷村児童生徒一同、 読谷村青年団協議会による碑もあります。

 それらの碑で広場を囲んでいるのです。

 インターネットで調べると、平和の森球場駐車場に設置されていたものようです。

 それを今の場所に引っ越したのですね。こちらの方が目立ちます。

  読谷村による不戦の決意が記されています。素晴らしいです。

  ここで 明後日 2015年8月 23日 日曜日に、 戦争法案廃案の 集会がもたれることになっています。それにふさわしい場所です。

 碑文は次のページからお借りしました。

http://tamutamu2011.kuronowish.com/yomitannsonn.htm


CIMG4786.jpg

不戦宣言
読谷村は、米軍最初の沖縄本島上陸地点となり一面焦土と化し、今日なお米軍基地が村土の47%を占める。
読谷村民は、第2次世界大戦、太平洋戦争の中で3,700名余の尊い人命を失った。今なお残る遺族らの心の痛みと、生き残った人々の教訓として、今後、二度と再び戦争を起こさない、起こさせないとの決意を表明する。日本国憲法の平和主義と、非核3原則の遵守を訴え、沖縄戦終結50周年にあたり、平和を希求する3万3千余の村民意思として次の不戦の誓いを宣言する。


CIMG4779.jpg

不戦の誓い

人類の未来は常に明るいものでなければならない
それは全ての人類の共存、共生、協調の時代 
核の脅威からの解放は人間性の解放につながり 
大自然と調和する人間の営みは、明日への活力を生む
沖縄の心、それは武器なき社会であり 
武力によらず、人間相互の信頼と 
文化文物の交易によって生きてきた
我々は、国家のために次また次へと 
沖縄を犠牲にすることを拒む 
決して攻撃せず、決して侵略せず 
子らを再び戦場へ送らない
人類の未来は常に生命が大事にされなければならない 
戦場で、惨禍に見舞われた人々に明日はなかった 
降り注ぐ砲弾の雨のなか逃げ惑う人々の恐怖
生きることへの希望の芽は踏みつぶされ 
その凶暴さは深く心に刻まれた 
そのことを忘れない
巡りきた沖縄戦終結50周年を機会に 
戦争による3,700余の死者への弔いと 
沖縄戦から学んだ教訓、それは非戦の誓いであり
ここに、あらためて恒久の平和を願い不戦を誓う
1995年3月30日
沖縄県読谷村議会
沖縄県読谷村



近くには、読谷村飛行場跡地の返還への道のりの碑があります。

CIMG4795.jpg



https://www.google.co.jp/maps/place/26%C2%B023'37.5%22N+127%C2%B044'35.8%22E/@26.389312,127.7430584,17z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.