セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

人間に「ポチ」という名をつけたら
 さだまさしの歌「関白失脚」の歌詞に次のようなのがありますね。

いつもポチと二人、
ゆうべのカレー、チンして食べる。


 ポチが犬だというのは歌詞の中にはありません。
それでもぼくらは犬だと思いますね。
 もうこれは日本人の常識です。

 それで、ふと考えました。

 もし、ポチという名を人間につけたらどうなるかなと。
 多分いじめにあうでしょうね。

 「ポチ、はい、お手して」なんて言われるでしょう。

 だいぶ前に「悪魔」という名を子どもにつけようとして、役場にストップをかけられたというニュースが飛び交いました。

 名前を付けるのは親の自由だろう、と親は言っていましたが、結局は親が折れたと、僕は記憶しています。

 ポチと名前を届けても役場は拒否するのでしょうね。

 ふと、どうでもいいことですが、思ったことを書いてみました。
スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.