セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

生協の夕食宅配
妻が5泊6日の旅行に出かけました。母と2人で留守番です。
 
 掃除、洗濯は特にこの間にしなくてもいい、と言われました。

 ただ食事はとらないわけにはいきません。

 僕だけだとなんということありません。ちょこちょこっとインスタント食品でも食べて大丈夫です。

 でも母と一緒だとそうもいきません。

 そこで生協の夕食宅配をお願いしました。僕らが選んだのはおかずだけのもの。月曜日から金曜日までが一セットなので、一セットだけ。

 2時過ぎになると持ってきてくれます。なかなかいいです。
IMG_20170329_203039.jpg

 近くのスーパーなどで売られている弁当に比べると、栄養的にも考えられているように思います。少し割高でしょうか。

 それにインスタントのお汁をつければ OKです。楽なものです。

 暮らしやすくなったものです。

 お昼は、妻がつくってくれた総菜や冷凍食品を温めて食べています。
スポンサーサイト

曜日の感覚がない・・・ビデオが拍車を
 学習塾をやめて後、案の定、曜日の感覚が大分薄れてきました。

 今日は何曜日だったかなと思うことが度々です。

 毎朝 NHKの朝のドラマを見ています。これも学習塾をやめて時間的に余裕ができたからです。

 午前8時にそのチャンネルに合わせても、それをやっていないので、ああ今日は日曜日なのだ、と思ったりして。

 この曜日の感覚が薄れてきたのに拍車をかけているのが、ビデオです。

 僕は、毎週見るようにしている NHKの大河ドラマ、相棒、科捜研の女、ガッテン、サイエンスzero などは、毎週録画にしています。

 そして自分の時間に合わせて適当なものを選んで見ています。曜日には関係ないのです。

 テレビ番組もライブで見ていればまだ今日は何曜日かというのが分かります。でも、このように録画で見ると、曜日の感覚は全くなくなるものです。

4in1 カメラレンズキット クリップ式 望遠レンズ マクロレンズ  ワイドレンズ  魚眼レンズ
昨日は
書斎の窓からバードウォッチング

を書きました。

 バードウォッチングをすると、写真に収めたくなります。
 それも望遠で撮りたいですね。

 でも最初から一眼レフカメラを買う気はありません。あんな重いのをもつほど本格的にする気はありません。

 デジカメでもいいのですが、最近はスマートフォンで写真を撮ります。
 その方がネット上にアップもしやすい。

 スマートフォンで望遠ができないか調べると、ありました。

 いろいろあります。スマホにも望遠レンズが取り付けられるのです。

 さらに欲張って、広角レンズがついていればいいのにと思って探すと、それがセットになっているのが見つかりました。
 魚眼レンズ、マクロレンズもついています。ただ、それらはあまり使わないでしょう。

 次の写真はレンズをつけないで撮ったものです。
IMG_20170326_122032.jpg

 次が望遠レンズをつけて撮ったものです。
IMG_20170326_124439.jpg

 だいぶ違います。なかなかいいです。これくらいできれば素人としては満足、満足。

 広角の方は自撮りもできます。

 自撮りの時に、自分の顔が大きくなり、そしてなかなか思う広さがとれないことはよくありました。これなら結構良さそうです。

 次がレンズなし。
IMG_20170328_091712.jpg

 次が広角レンズでありです。
IMG_20170328_091654.jpg


 これを amazon で注文したのですが2000円以上でないと送料がつくとのこと。
 それでリモコンスイッチもついでにつけました。

 これで2000円を超えたので送料なしです。

 でも今見ると、レンズが安くなっています。1,413円で買いましたが、1.100円になっています。1週間ほどしかならないのですが300円も安くなっています。

 何か損をした気がします。そう思うぼくは小人だね。




Damian スマートフォン用 カメラリモコン A-Bシャッター Bluetoothリモートfor iPhone & Android



書斎の窓からバードウォッチング
 書斎の窓から、いすに座りながら、バードウォッチングをしています。
IMG_20170326_124439.jpg
IMG_20170326_122220.jpg

 と言っても、本当は窓ではありません。ベランダに通じるガラスドアです。
 「窓から」と言った方が雰囲気が伝わるのかな、と思ってそう書きました。

 ベランダの手すり(?)に瓦を置き、その上に、りんごの皮やその芯、そしてパパイヤの腐れかけたところを細かく刻んで、おきます。

 すると鳥たちがそれを食べに来るのです。

 それを見て楽しんでいます。いまもつついています。

 庭には大きな木がいくつもあり、以前から小鳥たちがよくやってきました。

 ピタンガに実がつき始めました。でも、色がつき始めるとすぐに小鳥につつかれるのです。

 ぼくは「小鳥たちのえさになったのだから、それもいいんじゃないか」と言うのですが、妻は納得しません。

 それで妻が、パパイヤ、リンゴなどを刻んで近くにおきました。それを食べて、ピタンガは食べないようにしたいという気持ちからです。

 すると、小鳥たちがそこにくるようになりました。

 それで、僕にもわけてくれと頼み、2階の書斎から見える場所にそれをおくことにしました。

 すると小鳥たちが食べにきます。
 最初は警戒してなかなか来ませんでしたが、だんだん来始めています。

 それを写真に写すのは楽しみです。

 ピタンガへの鳥被害は、少しよくなったかな、と思いますが、まだよくつつからているようです。

地震でセメントが割れ落ちる
 昨日真夜中に、沖縄地方で地震がありました。

 僕はその時寝ていたのですが、ゆれで目を覚ましました。

 最初は初期微動で小さかったのですが、大きな揺れに変わりました。
 これは大きいぞと思い、すぐにテレビをつけました。

 しばらくして地震速報が流れました。
 沖縄地方で震度3だそうです。

 次は、気象庁のホームページからです。

平成29年03月25日01時48分 気象庁発表
25日01時43分頃地震がありました。
震源地は沖縄本島近海(北緯26.9度、東経127.2度)で、
震源の深さは約90km、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定されます。
各地の震度は次の通りです。以下略


 読谷村座喜味は震度3でした。

 震度3は、

●人の体感・行動
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。
●屋内の状況
棚にある食器類が音を立てることがある。
●屋外の状況
電線が少し揺れる。


 だそうです。

 午前1時43分です。
 妻のKyokoはその時起きて働いていたそうで、テレビをつけて地震速報を見ていました。

 朝になって尋ねると、母もゆれに気づいて目を覚ましたそうです。

 沖縄ではほとんど大きな地震がありません。久しぶりの大きな揺れで出会った人とはその話題になりました。

 さて午前10時半、外出をするために車庫に向かいました。

 すると、車庫の天井の方からセメントが割れて落ちているのです。びっくりしました。

 すぐに昨夜の地震のせいだなと思いました。地震でセメントが割れ落ちたのです。
IMG_20170325_103525.jpg
IMG_20170325_103537.jpg

 ただそこは以前からひび割れがあり、危険だな、早めに直さなければいけないと思っていたところです。

 ひびが入って弱くはなっていたのですが、地震が最後の一撃になったのです。

 このままでは危ないと思い、ひびの入ったところをハンマーやバールで割って、落としました。結構力がいるのです。
 地震の力というのはすごいものだと思いました。

母娘が、同じ問題を解き、競争
 きのう紹介した前の記事(マイナスのタイルとプラスのタイルが、計算する時に頭に浮かぶ)
に対し、ぼくは陽だまりさんに、次のメールを送りました。

 娘さんは、よくやっていますね。
 4年生の1年間で、4年生から6年生までを終了したということでしょうか。
 もし、そうならすごいスピードです。


 それに対し、次のようなお返事をいただきました。

仲松先生
今年の6月末から、先生の本に出会い、算数が大好きになりました。毎朝30分かかさず好きなだけやってから学校へ行ってました。
学校を病気で休んだ日以外は来る日も来る日も毎朝7時から30分算数をしていました(笑)
もともと朝必ず30分自学自習する習慣があったので、そこに好きな物を与えたので順調に進んだのだと思います。
後、いつも私も一緒に問題を全て解き、競争したので楽しかったようです。娘は私に負けたくなかったようです。
1枚プリント(コピーして解いていました。)を終わらすと大きな声で「はい!お母さんストップ! 丸付けして!(笑)」と大笑いしながら、私に問題を解かせまい、私よりずっと先に進んでやる、というヤル気満々で進めた結果、あっという間に楽しみながら、中1の正の数負の数まで進むことができました。小学生の問題集は4年生、5年生、6年生は毎日30分で一学年、約二ヶ月で進んでいました。
受験を控えているので、今は休日に過去問を解いたりしています。
先生の本のおかげでしっかり基礎が身につき、過去問も解けるのでびっくりしています。
今は中1の数学を3ページだけ毎日やりながら、復習したり、過去問を解いたり、これ難しい~とうなりながら算数オリンピックの問題を解いたり
しています。先生の問題集のおかげです。
素晴らしい問題集を本当にありがとうございます。
娘の今の目標は小学生の間に中学の問題集を終える事だそうです。
二分の一成人式で私宛にくれた手紙にそう書いてありました。



なんか、とってもいいですね。
 コピーをとって、母と娘が同じ問題を解く。
 そして、娘さんが
 「はい!お母さんストップ! 丸付けして!(笑)」と言いながらプリントをお母さんに差し出す。

 目に浮かぶようです。そして、ぼくの顔がほころぶのを感じます。
 このように、いいようにぼくの本を使ってくださり、ありがとうございます。
 とてもうれしいです。




マイナスのタイルとプラスのタイルが、計算する時に頭に浮かぶ
 きのうは、陽だまりさんから「わかる 解ける できる 中学数学」の正誤表についてのメールをいただいたことを書きました。

 そのメールに次の文も添えられていました。

娘は先生の本に出会い算数が大好きになりました。
4年生の6月末から「ひとりで学べる算数4年」を学始め、来年4月に5年生になります。ひとりで先取り学習できるようになり、中学1年文字式まで進めています。
 今では正の数負の数の計算でも頭の中に借金した分の(笑)のマイナスのタイルとプラスのタイルが、計算する時に頭に浮かぶらしく、私が子どもの時に学んだ、マイナスとマイナスのときはプラスにして、いう風に考えないようです。
 お店に並ぶ中1の問題集をパラパラ見て「うわ~これ解ける」と言って喜んでいます。 世の中には山ほど問題集が発売されていますが、わかる、解ける、面白い、もっとやりたい!と感じる物はなかなかないと思います。
 素晴らしい問題集を作ってくださり心から感謝しています。


 陽だまりさんは、
算数、無理なく進めるならどんどん前に

 などでご紹介した方ですね。
 楽しみながら無理なく学習が進むのなら、学年にとらわれず前に進むのは悪くない、というアドバイスをしたことがあります。
 
 それに従って、前に前に進んでいるのですね。
 そして、算数が好きになったのでしょうね。
 ぼくの学習書で算数が好きになったのなら、これ以上にうれしいことはありません。

 タイルが頭に浮かぶというのもいいですね。本当に理解しながら算数の学習を進めているのです。

「わかる 解ける できる 中学数学」正誤表の改訂版を作成
 陽だまりさんから、メールをいただきました。

送信者:陽だまり
日付:2017/03/17 14:51:45
件名:正誤表
--------------------------------
今、娘がわかる解けるできる中学1年を進めています。
アマゾンで購入した時、正誤表がついていましたが、それも間違えている所があるので、正式の物を送って頂けないでしょうか。
中学1年、中学2年、中学3年、全て先生の本を購入しました。今後も学習する予定です。まとめて最新の正誤表を送って頂けると嬉しいです。


 この本は、間違いが多くて、申し訳なく思います。校正作業で手抜きをしたためです。

 前に作った正誤表でも十分ではありません。
 それで、いい機会ですから、正誤表の改訂版を作成しました。

 改訂し、終了し、ブログの記事を更新しました。

わかる 解ける できる 中学数学中1 正誤表


わかる 解ける できる 中学数学中2 正誤表


わかる 解ける できる 中学数学3年 正誤表

月2回だけのお店 74Curry 道の駅かでな
 道の駅嘉手納に、月に2回だけオープンするカレーの店があります。
「74Curry」です。

 オープンするのは、第2・第4の土曜日だけ。
 午前10時にオープンし、準備したカレーがなくなるまで。だいたい午後2時頃でしょうか。

 僕の Facebook 友達のNao Yuntanzapがやっているのです。
IMG_20170311_122432.jpg
IMG_20170311_122551.jpg

 僕は前回の3月11日土曜日に初めて行きました。3食分テイクアウトし、母と妻と一緒に昼食で食べました。

 何と言っても香りが独特です。
 市販のカレールーで作ったカレーは、味の方は良いのですが、香りが足りないですね。

 それに比べると74Curryの香りはかなりあります。良い香りがします。
IMG_20170311_132659.jpg

 味もなかなかいいです。美味しかったです。

 独自の香辛料、ハーブなどを使っているようです。他では味わえないカレーで、おすすめです。
 
 辛さも加えられるようです。ぼくはそれを知らずに家に持ち帰って、自家製の一味唐辛子を加えて食べました。

 ライスにもこだわっているそうです。カレーによく合うごはんでした。

 機会があったら、是非 お立ち寄りください。

 ぼくが行ったときは、息子さんが会計など手伝いをしていました。

 Nao Yuntanzapは 歌手もしています。いろいろなイベントやライブハウスなどで歌っています。すごい歌唱力がある人です。

 実は、僕は以前あるバンドに属していて、彼女の後ろでギターを弾いたことがあります。すごい歌の上手な人だと思ったものです。

 そのころはカレーの腕前がこんなに凄いとは知りませんでした。

高校受験前はブログへのアクセス数が増える
 毎日、この「セルフ塾のブログ」へのアクセスがどのくらいか見るのは楽しみにしています。

 現在、平日で300から400くらい。土曜、日曜、休日は少なくなります。

 去年の12月頃から急にアクセス数が増えました。
 500から600くらいのアクセスです。たまに700を超えることもありました。

 2倍以上ですね。

 それが3月の上旬を過ぎると急に少なくなり、もとに戻りました。

 高校受験の季節と重なります。

 僕の記事には、高校受験に役立つ知識を書いたのが少なくありません。

 高校受験生が検索して、僕のセルフ塾のブログにやってきたということなのでしょうね。そういえば、そのような記事への拍手もだいぶありました。

 去年もそうだったか記憶にありません。
 今度は覚えていて、来年もそうなるか楽しみにしています。

 なお、セルフ塾をやっていた頃には、1日に1000から1200のアクセスがありました。現役を退くと少なくなるのですね。

自分の年齢より母の年齢がしっかり頭に
 「今、母が僕の家に同居しているのです。母は兄と同居していたのですが、その兄の家を立て替えることになり、その工事が終わるまで読谷の僕の家にいることになったのです」
 「お母さんはおいくつになるのですか」
 「もう88歳です」

 このような会話を最近よくします。
 それで母の年齢が僕の頭にしっかりと刻みつけられています。
 母の年齢は、と問われたら、すぐに88歳ですというのが出てくるのです。

 ところが、自分の年齢はすぐには出ないのですね。ぼくはいくつだったかな、という感じ。

 自分の年齢を思い出す機会はほとんどないのですから。

 母も父も僕も同じ辰年です。
 僕は母が24歳、父が36歳の時の子どもです。

 以前は「母の年齢は」と問われたとき、自分の年齢を思い出し、それに24を足して答えたものです。

 それが今では逆転しているのです。状況が変われば、いろいろ変わるものです。

バクダンおにぎり
 数日前、母が食事の時に「爆弾」の話をしました。
 おにぎりをかまぼこで包んだものだと言います。ぼくはまったく知りませんでした。

 Kyokoが恩納村を通った時、おんなの駅にかまぼこ屋があることを思い出し、そこで探してみるとあったとのことで、買ってきました。
IMG_20170315_134140.jpg

 ジューシー(沖縄風の炊き込みご飯)のおにぎりを、かまぼこで包んだものです。

 見た目が爆弾のようなので、「爆弾」と言うのでしょう。
 検索してみると wikipedia に次のようにありました。

バクダンおにぎり - Wikipedia

バクダンおにぎりは、沖縄県糸満市発祥のご当地おにぎりである。「バクダンかまぼこ」や単に「バクダン」とも呼ばれている[1]。ご飯を魚のすり身で包んで揚げたもので、外側がかまぼこで中身がご飯となっている[2]。中身のご飯にはジューシーなどが使用されることが多い[2]。


 僕はジューシーもかまぼこも好きなので、美味しく食べました。

 ただ2つを合わせてそれ以上になったかどうか ・・・。

ドライしょうが、粉末しょうがを作る
 妻が友人から少し多めに生姜(しょうが)をもらってきました。

 それをドライしょうが、粉末しょうがにしました。
IMG_20170314_234302 (1)

 ドライしょうがは、皮をむき、千切りにして、電子レンジであたためます。

 最初は2分。その後は1分ごとに様子を見てドライになるまで温めるのです。

 粉末しょうがは薄切りにしてドライにし、そしてミルにかけて粉末にします。

 粉末しょうがは紅茶に入れると美味しいです。もう使っています。
 しょうがの香り、味がします。僕は好きです。

 ドライしょうがの方は、妻が炒め物などの料理によく使っています。少量でよく効くと言います。

 去年もドライしょうがを作りましたが、よく利用していました。

 なお、これは妻に言われて僕が作ったのですよ。

 そういえば、それはガッテンでやっていたな、と思い出し、検索してみました。ありました。

夏冷え解消!しょうが 使い方が間違ってた! - NHK ガッテン!

猫の比叡のおかしな行動
 2016年、比叡山を含む、京都世界遺産めぐりを、レンタルスクーターでやりました。
 Kyokoと2人です。

 その年にセルフ塾に迷い込んできた猫に比叡(ひえい)と名付けました。

 この比叡は、よく僕にくっついてきます。

 少し寒くなると、僕のベッドの枕元で寝ます。さらに寒くなると布団の中に入り込んできます。

 僕の書斎は2階にあります。
 朝食を終えて9時過ぎ、書斎に上がると比叡もついてあがります。時々は、階段の上でぼくを待っていることもあります。

 ぼくの後ろで過ごします。

 しばらくパソコン画面に夢中になっていると、ドアの外に次の写真のようにちょこんと座って見上げる比叡の姿があります。
IMG_20170314_094343.jpg

 僕がパソコン作業に夢中になって、それに気づかない時には、小さな鳴き声をあげ僕の注意を引きます。

 僕はアルミサッシのドアを開けて中に入れます。

 比叡はわざわざ内階段を下り、そして居間を通り玄関を出て、僕が作った猫用の外階段(はしご)を上って、そしてドアのそこに座るのです。

 ぼくにドアを開けなさいと言っているのですね。関心を引きたいのでしょうね。

 次の写真は猫のよしこが猫用階段を上っているところです。
IMG_20170315_091539.jpg

Yoji著「ひとりで学べる算数 小学4年生」にもアマゾンカスタマーレビュー
 きのうは、Yoji著「ひとりで学べる算数 小学3年生」にアマゾンカスタマーレビューがついたことを書きましたが、4年生のものにもありました。

 「苦手だった算数で100点も取れるように」とあります。うれしいです。


5つ星のうち 5.0 わかりやすい, 2017/3/10
投稿者 mayu_p
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ひとりで学べる算数 小学4年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (単行本)

3年生からのつながりがわかる問題や
噛み砕いて説明してくれる部分もあり
とてもわかりやすかったようです。
こちらを使って予習、復習をしたおかげで
苦手だった算数で100点も取れるようになりました。
5年生のものも早速買います!




Yoji著「ひとりで学べる算数 小学3年生」にアマゾンカスタマーレビュー
 Yoji著「ひとりで学べる算数 小学3年生」にアマゾンカスタマーレビューがつきました。

 「スモールステップでとても分かりやすくてよかった」との評価をいただきました。ありがとうございます。

 解答のスペースが小さかったとのこと。できるだけ多くの問題に取り組んでいただきたいので、最小限のスペースしかとれませんでした。
 お母さんがノートに書き写して解かせたとのこと。工夫して、教材の足りなさを補ってくださったことに感謝いたします。

5つ星のうち 4.0 内容は良いです。, 2017/2/20

投稿者 小島由佳
レビュー対象商品: ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
内容はスモールステップでとても分かりやすくてよかったです。
さきどりで使用しましたが、繰り返しも多いのでスムーズに理解できたようです。
ただ、解答欄が書字が苦手な息子には小さくて…
ノートに親が問題を書き写して解かせました。






うちなーぐち(沖縄の方言)と本土の方言
 先日、テレビをつけると、たまたま「お宝発見、なんでも鑑定団」をやっていました。
 出張鑑定で、東北のある街に行っているようです。

 そこに出てきた人が、東北の方言を使っています。それを司会者がなかなか理解できないという場面。それで観客の笑いを取っていました。

 それを見ながら、うちなーぐち(沖縄方言)と本土の方言の違いを感じました。

 本土の方言は、多分共通語と少しだけ異なるのですね。発音やアクセントが違っていたり。

 だから地元の人は、方言と共通語の違いをそんなに意識しないで使っているのでしょう。本人は共通語のつもりで話しているのですが、発音が少し違うので理解できない人がいる、ということかもしれません。

 それに対して、沖縄の人はうちなーぐち(沖縄方言)というのはヤマトグチ(本土口=共通語)と違うことを意識しています。

 日本語と琉球語というように、全く違う言語だと思っています。

 僕の子どもの頃には、共通語を使いきれないお年寄りもいたように思いますが、現在はどんな年寄りでも、共通語を使います。

 確かになまりはあります。発音やアクセントが沖縄的だとは思います。

 でも、それは日本人が英語を使う時に、日本語訛りの英語を使うような感じでしょう。

 僕は学生の頃に金沢に住んでいました。たまに僕の喋ることがおかしいと言われることはありましたが、コミュニケーションに不自由は感じませんでした。

 方言で話すときと、共通語で話す時を、きちんと区別していたのです。

 だから、なんでも鑑定団などが来ても、それほどわからない言葉を使うということはないでしょう。意識的に司会がわからないような方言を使って、笑いを取るということもあるかもしれませんが。

  もしかしたら、東北でのあの番組も、意識的に笑いを取るために、分かりにくい方言を使っていたのでしょうか。

朝鮮の漢字の読み方
 金正男(キム・ジョンナム)が殺害され、北朝鮮がミサイルを打ち上げ、大統領が罷免されたされたりなど、朝鮮の人の名前がニュースでよく取り上げられます。

 僕が学生の頃には、朝鮮の人の名前は日本の漢字の読み方になっていました。

 金日成(キム・イルソン)は、「キンニッセイ」と呼んでいたのです。

 その国の発音にしたほうがいいということで、そうなったのでしょう。
 その国の文化を尊重するという意味で、いいことです。

 でも、日本語の読みと少し違うので戸惑いますね。

 金(キン)を「キム」と読むのはそれほど違和感がないです。

 僕ら日本人も n を m と発音したりします。

 例えば「キンモクセイ」は「kimmokusei」と発音しています。金は[kin]ではなく[kim]と発音しているのです。

 自分で確かめてみてください。口は唇はしっかり閉じているはずです。

 だから金(キン)を[キム]と呼んでもおかしくないでしょう。

 金正男(キムジョンナム)の「ナム」。
 長男は「チョウナン」と発音するのですから、「ナム」と発音してもおかしくないでしょう。

 正は「ジョン」と発音するのですね。
 僧正は、「ソウジョウ」です。
 それから、「ジョウ」→「ジョン」になると考えられます。

 金正恩(キム・ジョンウン)の恩は「ウン」と発音していますね。

 沖縄の方言では、基本的に「オの段」はありません。「オ段」は「ウ段」になるのです。

 恩義(おんぎ)は、「ウンジ」になります。

 温州は、「オンシュウ」というのも認められていると聞きましたが、「ウンシュウ」ですね。

 それから考えると、「オン」が「ウン」になるのも、そんなに珍しくないような気がします。

 ただ金正日[キムジョンイル]の日[イル]をどう考えたらいいのか。
 日の音読みは「ジツ・ニチ」、訓読みは「ヒ・カ」。

 似た発音はないです。どう考えるのでしょうか。

 朝鮮の言葉に全く素人の僕が考えてみたことです。

ベトナムにいる弟とも LINE でつながる
僕には弟がいます。琉球ガラスの会社に勤めていて、ベトナムにも工場があるので、3ヶ月おきぐらいに沖縄とベトナムを行き来しています。

 最近スマートフォンを始めました。そして LINE のやり方を教えました。

 現在ベトナムにいますが、 LINE でやり取りができるので身近になった感じがします。

 郵便物は僕のところに転送になる手続きをしたとのこと。
 先日はベスト電器のダイレクトメールが届きました。その程度のことでも「ダイレクトメールが届いたよ。転送がうまくいっているよ」
 というような内容を送りました。

 気軽です。

 弟から、彼の部屋の写真や工場長などとの食事会の様子が写真で届きました。

  国内でもLINE って便利だと思うのですが、海外でも国内と変わらずにできるのですね。
 当然といえば当然ですが、実際にやってみるとおもしろいです。

 僕は学生の頃には金沢にいました。

 家(沖縄)に連絡をする時には、10円玉を2~30枚ほど準備して、公衆電話から電話をしていました。

 10円玉が、ガチャ、ガチャ、と落ちる音が聞こえるので、落ち着かなかったものです 。


できない子は自ら「わからない」とは言わない
 ある小学校で、ボランティアで算数の指導をしています。

 どのような子が来て、どの部分を教えるかは学校の先生に任せています。

 僕はやってきた子ども達に、その部分を教えるだけです。一度に1~5人くらいです。教科書やドリルなどです。

 様子を見るために、最初は「自分でやってごらん。そして分からない所は質問して、そこのところを教えるから」といってさせます。

 勉強のできる子はそれで問題がありません。自分で学習を進めて、分からない所は「ココがわからないので、教えて」と質問します。

 僕はその子に会わせ、その子が理解しているか、顔色を見ながら、ちょこちょこと教えて、それでおしまい。
 その子はその次に進みます。

 15分ほどして、みんなの進み具合を見ます。
 すると、全くできない子が少なくないのです。

 できない、わからないのに質問は全くしません。

 それでその段階になって、僕はその子に合わせながら、少し引っ張る感じで指導をしています。

 できない子は、自ら、分からないから教えてということはないのです。

 授業の時も「分からない」とは言わないのですね。

 そこで思い出す生徒がいます。Mさんとします。とても明るい子です。
 Mさんは決して出来ない生徒ではありませんでした。それなりにできます。

 でも、その学年はとても優秀な生徒が集まっていました。相対的に Mさんは学力の低い生徒ということになります。

 セルフ塾は、自分で学習を進めて、分からないところだけ習いにくるというシステムでした。

 日頃の学習は問題ありません。分からないところは積極的に習いに来ました。

 定期テストや入試前には、一斉に黒板の前で授業をすることがあります。

 説明して後、わからないところはないか、問いかけるのですが、 Mさんはわからないということで質問をすることがありませんでした。

 そして、普段の自己学習に戻ってから、習いに来ます。
 「さっきの一斉授業の時に質問すればいいのに」と言うと、
 「わからないのは私だけで、みんなはわかるのだから迷惑になるでしょう」と言うのです。

 周りに気兼ねをするのですね。

 こんなことも分からないのか、と思われるのもいやなようです。

 できない子はそういう心理が働くのかもしれません。

「民泊新法」では、床面積1人あたり3.3㎡
 民泊をやろうと考えています。
 ただ、それに立ちはだかるのが法律です。

 現在の法律では床面積が33㎡なければいけないとのこと。

 33㎡はおよそ18畳。6畳部屋が3室なければ人を泊めるビジネスはできないのです。

 最近は、新しい法律(民泊新法)を作ろうと政府は動いていますね。

 それに期待しています。

 新聞もよく取り上げています。

 でも、僕が知りたい情報はなかなか教えてくれません。僕が知りたいのは床面積がどのように緩和されるかです。

 それについては僕が読む限り新聞にはありません。僕が読んでる新聞は琉球新報です。

 それでインターネット上で調べてみました。

 そうするとありました。

一目瞭然!「旅館業法」「民泊新法(住宅宿泊事業法)」「民泊条例」の比


 それによると、

1客室の構造部分の合計床面積が33㎡以上(収容定員が10人未満の場合には3.3㎡に収容定員の数を乗じて得た面積


 とのこと。

 1人あた3.3㎡。というのは2畳程度。これならできますね。

 極端に言えば、2畳の空き部屋があれば民泊が始められるということなのかもしれません。詳しい法律はまだ僕も知らないし、法律の専門家でもないので、自信はないのですが。

 僕が民泊にあてようと考えている部屋の広さは十分です。

 現在、兄が、家を建て替え中です。
 母は兄と同居していましたが、建て替えるまでは、ぼくのところにいます。民泊に当てようと思っている部屋に母がいるのです。

 新築されたら、その部屋が空くので民泊が始められます。

 兄の話によると今年10月にはできるとのこと。でも工事はかなり遅れているのでどうなるのか分かりません。

 それでも、遅くともは来年の春までには民泊が始められるのではないかと期待しています。




セルフ子の亮くんから、FaceBookでコメントをいただきました。ありがとうございます。

新しい基準での申請できますよ。申請数が多くて保健所の審査に数ヶ月待たされるみたいです。


  そうなんですね。もう床面積が小さくても申請できるのですね。いい情報をいただきました。

あまれびゅ!- おすすめの「行動 教育」5選Kindle本にYojiの著作
 きのう次のページを見つけました。
おすすめの「行動 教育」5選Kindle本


Amazonで買える、おすすめのKindle本「行動 教育」を紹介します

とのこと。

 その『おすすめの「行動 教育」5選 – Kindle本』にYoji著の「行動分析学 プログラム学習: セルフ塾の教育論(3)」が入っています。うれしいですね。

 ありがとうございます。





行動分析学 プログラム学習: セルフ塾の教育論(3)
「セルフ塾のブログ」の記事をまとめて、キンドルで出版しました。






「もう先が見えてきたからな」
 「もう先が見えてきたからな」と思うことが最近あります。

 64歳になっています。
 なんとなく、80歳までは生きそうだなと感じています。あと16年。

 うまくいけば90歳まで大丈夫かもしれません。

 もちろん近々、がんの宣告を受けるかもしれませんし、今日、明日にでも、交通事故にあうかもしれません。

 でも、まあそんなものです。
 80歳まで生きるとしたら、先はもう見えてきたような感じがします。

 若い頃、本を読むのは躊躇がありませんでした。

 面白そうな本、自分を高めそうな本は何でも読んできました。

 でも、先が見えるとなると、これを読んでも今更どうなるかな、と感じるのです。今更、自分を高めたところでどうなるのかと、ふと立ち止まってしまいます。

 そう思ってたところに、池上彰の著作「学び続ける力」を読みました。

 その「はじめに」に、次のようにあります。

 

「世界が明日終わりになると知っていても私は今日リンゴの木を植える」という有名な言葉があります。
 私は明日死ぬことがわかっていても、やっぱり勉強を続けたいと願っています。


 池上彰さんのお父さんがそうだったようです。

 お父さんは寝たきりになったのですが、
 

岩波書店の『広辞苑』第四版が発売になったことを知った父は、私にみました。


 そういえば、僕の舅曽根信一もそうでした。
 緑内障を患い、失明直前まで目は悪くなっていました。
 それでも読書を続けていました。

 90歳でなくなりましたが、直前まで読書は続けていました。
 古本屋に連れて行くと、たくさんの本を買ってきて、その日はとてもうれしそうでした。

 学び続ける、何をするためというよりも、明日終わりになると知っても学び続けるということですね。

 りんごを植える話はもちろん知っていたのですが、やはりそのようにすることが大切です。これからも色々学んでいきたいです。


88歳の母「坂の上の雲」全8巻を読了
 88歳の母が、司馬遼太郎の著作「坂の上の雲」全8巻を読了しました。
IMG_20170306_211846.jpg

 僕の本棚にある本の中から、母が読みそうなの与えています。

 僕は、少し偏った本を読んでいるようで、小説は少なく、その中でも大衆的なのはまた少ない。
 「坂の上の雲」は長すぎるかな、と思ったのですが、与えてみました。

 毎日少しずつ、ゆっくりなので、だいぶ時間がかかりましたが、全てを読みきりました。素晴らしい。

 ただ、それだけではありません。かなり楽しんで読んでいたようです。

 なぜなら、そこに出てくる登場人物や出来事などは僕以上によく知っているのです。

 僕は、日露戦争については、中学生の歴史の教科書に載っている程度の知識しかありませんでした。

 でも、母は戦前の教育を受けていて、日露戦争については結構知っているのです。ロシアを倒したということで、かなり教育されたのでしょう。

 乃木大将や東郷平八郎などは、名前だけではありますが僕でも知っています。

 母ももちろん知っていましたが、広瀬中佐、そしてロシアの大将クロポトキンの名前もよく知っているのです。ぼくは、この本を読んで知ったのですが。

 歌にもあったようです。

 ロシアの大将の名前をもう一人言っていたように思います。この記事を書くために尋ねたのですが、そういうこともあったかな、と返答でした。

 バルチック艦隊のこともよく知っていましたが、この小説に書いてあるような事は知らなかったとのことで、楽しく読んだようです。

 宮古の久松5勇士ももちろんよく知っています。

 でも、小説の中心人物である児玉源太郎については知らなかったようです。
 乃木大将を神格化するために、そういう存在はあまり教えていなかったのかもしれませんね。

 知識があれば、小説も楽しく読めるということを改めて感じました。


Googleアシスタント
 Google アシスタント って知っていましたか。

 昨日 google ニュースを見ていたら、それについて書いてありました。

Google アシスタントは、Google Now を進化させた対話型の AI アシスタントサービスで、スマートフォンでは Google 検索や対応アプリで自然言語を理解し、文脈に沿った回答を検索結果として返します。


 だそうです。

 その他、色々読んだのですが google now と比べて何がよいのか、よく分かりません。

 新しいものが好きな僕はとにかくインストールしてみました。
 Google Alloをインストールすれば、できます。

Google Allo

 Lline のような対話形式になっています。

 前に検索したたりしたことなどが残っているので、そういう点では便利です。

 ただ Google now にできなくてこの google アシスタントにできることは何なのかまだよくわかりません。

 しばらく使ってみようと思います。

教えることが好き
 池上彰著「学び続ける力」を読んでいます。
 その95ページに

 私は、どうも教えることが好きだったらしい。そんな新たな気づきもありました。「教え好き」というより「教えたがり」のほうかもしれませんが・・・。


 とあります。

 僕は、テレビで池上彰の番組はよく見ます。
 楽しそうに教えていますね。

 出演者をちょっとからかったりしながら、ユーモアをまじえて、分かりやすく教えています。

 さて、僕も教えることが好きです。

 なかなか理解してくれない生徒に、色々考えて工夫して教えて、分かってくれた時には、僕自身も嬉しいのです。

 学習塾をやっていた頃は、そういう楽しいことをさせてくれました。
楽しいことをやって生活出来たのですからよかったです。

 ただ学習塾の場合には、高校入試に合格させなければいけない、成績もあげなければいけない、というプレッシャーもありました。

 基本的には本物の学力をつけることを目標にしながらも、目の前の目標もおろそかにはできません。

 現在、コンピューターの使い方を指導していますせん。入門者向けです。

 その人達は、いつまでにどうしなければいけないというのはありません。
 じっくりその人のペースに合わせて教えることができます。

 これまでできなかったことができるようになると、その人も嬉しそうにします。そしてそういうの僕も共有し、うれしくなるのです。

 僕は教えるのが好きなんだと感じます。



「生き様」という言葉
 池上彰・竹内政明著「書く力」を読んだのですが、その中の池上さんの発言で次のようにあります。

 人の文章で気になるところといえば、私は「生き様」という言葉があまり好きではないんです。ちょっと言葉に酔っている感じがするんですね。「生き方」で十分ではないかと思うんです。


 それを読んで思いました。

 野口悠紀雄さんの著作にも「生き様」は駄目だというのがあったのです。

 野口悠紀雄著「『超』文章法」の215ページに次のようにあります。

 「生きざま」は「死にざま」からの転用で、本来は誤法である。


 別の本でも述べられていて、そこではもっと長めに、だいぶ厳しく「生きざま」という言葉を批判していたように思いますが、探し出すことができませんでした。

 僕は、野口悠紀雄さんの本を読んで後は、「生き様」という言葉は使わないようにしていますが、一般では本当によく使われていますね。もう辞書にも載っています。市民権を得ているのです。

 野口悠紀雄さんと池上彰さんという言葉にこだわる人達はそういうのにも注意しているのです。

 という文が頭に浮かんで後、この「こだわる」という言葉も誤った使い方と書いてあったのを思い出しました。

 「書く力」の184ページに

 「こだわる」です。本来は良い意味では使いません。
 (中略)
 固執してはいけない時に固執するのが「こだわる」本来の意味なのに、今は「妥協しないで取り組む」の意味に使われています。
 こうなってくると、本来の悪い意味で使うほうが間違っているように見えてくる。だから私は最近「こだわる」という表現そのものを避けるようになってしまいました。


 ということで、
 野口悠紀雄さん、池上彰さんといった言葉に細心の注意を払っている人は・・・・

 という風な表現にすべきなのでしょうか。難しいですね。

 僕はたくさんの間違った言葉の使い方をしているのだと思います。恐ろしいですね。恥ずかしいです。

 そう思うと、「書く力」を読んで、かえって文を書くことが難しくなったのかもしれません。

 でも、そこは素人なのだと居直って書き続けようかな。

朝日新書 池上彰・竹内正明 著「書く力 私たちはこうして文章を磨いた」
朝日新書 池上彰・竹内正明 著「書く力 私たちはこうして文章を磨いた」を読みました。



 「はじめに」に

 

以前、文章術の本を書きました。読んだ知人が「いやー、かえって文章が書きにくくなった」なんて嘆くんですよ。


 とあります。分かりますね。文の書き方が書いてあって、ぼくにはそんな芸当は無理だと感じるのです。ぼくも文章術の本はだいぶ読みましたが、たいていはそうです。それで、

 

この本は、読み終わった後に、今から何か文章を書いてみようかな、と思えるような文章術の本にしましょう。


 という気持ちで書かれています。そうなればいいのですが、そうなったかな。


 私が、文章を書くときにまず考えるのは、言葉にしてしまえば身も蓋もないけれど、うまく書けそうなテーマを選んで書く、別の言い方をすると、自分が分かっていることを書く、ということなんです。


 テーマが大切ですね。ぼくは毎日ブログを更新していますが、テーマを決めるのが一番大変。うまく書けそうなテーマなんて、そう見つかるものではありません。

 身の回りのことというのは、自分にしか書けないものであって、それはかなりの高確率で魅力的な情報になりうる。


 それは、同感です。沖縄県の高校入試には、毎年、作文が出題します。それについて、生徒が専門家ぶって書いた文はなんにもおもしろくない。知識もない中学生が専門家のようなことは書けません。それで、自分の経験したことをもとにして書くように指示しました。そうなっていると、なかなかいいのができます。

 「名文の元になる話の部品」を集めておかなければならない


 それは、納得ではあります。たくさんの部品を持っているといい文になるはずです。前の記事でも書きました。そのためには、本を読まないといけませんね。やはり、読書です。

 自分が本当にわかってることを、自分の言葉で書くのが、基本です。


 そうです。納得。できるだけそうするように心がけています。ぼくには、それしかできない。

 ベタに書くことを恐れない、つまり、工夫せずに、そのまま書くことを恐れない、というのも文章を書くにあたってすごく大事な感覚だと思うんです


 そう書かれていると心強い。とにかく書く。うまい文はぼくには書けないが、恐れずに書くようにします。勇気づけられます。

 とにかく、「人と違う書き方をしなければいけない」「他の人が思いつかないような書き方をしなければいけない」というのは、あくまでプロの問題意識であって、素人は気にしなくていい


 はい、ぼくはまったくの素人なので、それに甘んじて、気にせずに書くように努めます。

 これは誰に選んでもらうのかを、常に意識しながら書く、というのが文章を書く基本になると思います


 それは、いつも気にしています。ぼくは若いころに板坂元さんの「考える技術・書く技術」など、数多く読みました。それにもありましたね。それを読んであと、心がけるようにしています。大切なことです。それで、できているかは分かりませんンが。

 

上手くなるためには、とにかくたくさんの本を読むことが、必要なんでしょうね。


 そうですね。本を読むことがとにかく大切です。入力した量が少なければ、出力は貧相になります。

 

原稿依頼の場合は、書き終わった後に1週間くらいは寝かせて、それからプリントアウトして読み直すようにしています


 心がけますが、毎日ブログ更新だといつも追われてしまいます。この記事も書いてすぐにアップです。
 この本の著者竹内さんや池上さんはぼくと比べも二にならないほど、忙しいでしょうが、やっているのですよね。忙しいからできないは通らないですね。

 書き写すこそことこそ、最高の文章鍛錬だとつくづく感じています


 そうなんだろうな、と思います。めんどうなのは避けてきました。また、この年になって、いまさらという気もします。怠け者だな。若い人はがんばって。

 人の文章の悪口を言うことは文章上達のトレーニングになるような気がします


 これはおもしろい。力がないと、人の文章の悪口は言えません。

 「表現で脅かすな、事実で脅かせ」と昔言われたような気もするけれど、淡々とファクトを綴るだけで、その ファクト がズシンと読者に響くのが本当にいいんでしょうね


 事実を集めることですね。いろいろ経験して、本を読んで。
 塾をやっているころは、生徒がいろいろな事実を与えてくれました。それを文にすればよかったので、楽でした。いまはひきこもっているので、なかなかファクトが集まりません。

 

 さて、

読み終わった後に、今から何か文章を書いてみようかな、と思えるような文章術の本

 になったかどうか。

 そう心掛けながら対談し、書かれたというのは理解できます。

 下手でもいいから、書き続けようという気にはなっています。

 でも名文を書くすごい2人のプロの対談です。僕らのような素人とは違うなと感じさせる部分も多いです。

 名文を書くために毎日努力しているのですね。こんな大変なことは僕にはまねできないな、という感じています。

 でも、いい本です。若い人たちは頑張って読んで、まねしてもらいたい。


「すぐには役に立たないこと」は「ずっと役に立つ」
おとといは、

「『学力』の経済学」批判・・・目の前か、人生か

 を書きました。

 目の前のテストよりも、人生に役立つ「学力」をつけさせたい

 というようなことを書いたのです。

 講談社現代新書 池上彰著「学び続ける力」を読み始めました。


 その「はじめに」に次のようにあります。

 「すぐ役立つことはすぐに役に立たなくなる」という言葉もあります。常に学び続けていなければなりません。と同時に、「すぐには役に立たないこと」を学んでおけば「ずっと役に立つ」のではないか」とも思うのです。


 僕が言いたかったことはこういうことですね。

 池上彰・竹内正明著「書く力」には

 「名文のもとになる話の部品を集めておかなければならない」

とあります。

 このようなのは、話の部品ですね。

 僕が、おととい記事を書く前に、こういう部品をきちんと集めていれば、いい文が書けたのだろうな、と思います。

 勉強不足です。

2017年2月のブログ拍手ランキング
 この30日間にいただいたブログ拍手のランキングです。この間に47の拍手をいただきました。ありがとうございます。

 2月末には 「『学力』の経済学」批判 を8回書きましたが、それへの拍手が多かったです。

 また、高校入試前のせいか、入試に役立てるために検索して読んだのかな、という拍手もありました。

 
拍手数3
「『学力』の経済学」批判・・・少人数学級には効果があるのか(3)
子どもをご褒美で釣ること「『学力』の経済学」批判
 
拍手数2
「『学力』の経済学」批判・・・教員研修に効果はあるのか
「『学力』の経済学」批判・・・..少人数学級には効果があるのか(2)
Yoji著「適材適所記憶術 中学英単語」をAmazon Kindleから電子出版
「『学力』の経済学」批判・・・少人数学級には効果があるか?
「『学力』の経済学」は「『学力』の統計学」
スマホ(HUAWEI)がフリーズ、解決
分類をまちがえやすい動物
水は、固体(氷)になるとなぜ体積が増加するのか?
手作りコンパス
「『学力』の経済学」批判・・・目の前か、人生か
 
拍手数1
「『学力』の経済学」批判・・・子どもはほめて育てるべきなのか
「適材適所記憶術 中学英単語 の発音記号」のつづき
古着deワクチン【赤すぐ】
「天皇」と「天皇陛下」の使い分け
「この続きをご覧になるには、下記のアンケートにご回答ください」
ブログに数式を書く
助詞と助動詞の見分け方
なぜ「癶(はつがしら)」はあのような書き順か
1光年をジェット機で行くと100万年
正四角すいの 高さを求める公式は 直方体の対角線の公式の応用
なぜbe動詞の否定命令文は Be not ~. ではなく Don't be ~. それは言葉の乱れ
整流子の分かりやすい教え方
「均衡価格」と「市場価格のちがい
中学生のための季節風
ろ過の原理、なぜこしわけられるか
ストローでジュースが飲めるのはなぜ?
断層の上盤と下盤
割り算の意味は、分けること、割ることとは限らない。
「共通」とは何か ?
どこに句切れが?
化学反応式の係数をあわせる
文の成分をあぶり出す
合同条件「2辺と1角」ではだめな理由




Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.