セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

母と教育勅語
 森友学園、閣議決定などで教育勅語がニュースでよく取り上げられています。

 母に尋ねてみました。
 「教育勅語は全部覚えている?」

 母は現在88歳。昭和3年(1928年)生まれ。太平洋戦争が始まった1941年(昭和16年)には、13歳でした。軍国主義教育真っ只中です。

 ぼくの質問に、母は「覚えていない」と答えました。

 忘れたということではなく、覚えたことはないのだそうです。

 これはぼくにとって意外でした。戦前は教育勅語の教育が徹底され、どんな子も暗記していると思っていました。

 朝礼の時に校長先生が読み上げるのを聞いただけだそうです。
 授業で取り上げられることもなく、内容を説明されたこともないようです。

 だから中身がどういうのかほとんど理解していないのです。

 「保育園の子どもでも暗記しているのにね」といっしょに笑いました。

 母が師範学校を受験した時に、教育勅語を書けという問題が出ました。
 もちろん覚えていないので、書けません。
 それもあり師範学校には不合格になりました。

 それに同じ学校から2人の合格者が出ました。教育勅語を受験勉強として覚えたのかもしれません。

 その2人は師範学校に進み、そして現在は、ひめゆりの塔の下に眠っているとのこと。

 何がどうなるか分かりませんね。塞翁が馬です。
スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.