セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ピタンガを生で食べる特権
 庭のピタンガが、今年はよくとれます。
 多い時には1日に30個ほど収穫できます。

 熟すると野鳥がよくつつきに来るので、妻は早め早めに収穫しています。

 収穫した黄色いピタンガを置いておくと一日で真っ赤に熟します。

 次の写真は昨日の朝撮ったもの。収穫してすぐです。
IMG_20170510_101223.jpg

 次の写真はその24時間後の今朝の写真です。
 かなり赤くなったのが分かるはずです。
IMG_20170511_084759.jpg

 このように熟するのが速いので、生でスーパーに並ぶことはないだろうと妻は言っています。

  wikipedia には次のようにありました 。

 果皮が薄く保管に向いておらず、日本まで輸送されることはまずない。


 ということは、生で食べることができるというのは、僕らのように自分の庭で収穫できる人に限られでしょうね。何か特権を持っているようで優越感です。

 甘酸っぱくておいしいです。ぼくは好きです。
 前にも書いたように、ジャムに利用しています。

 ここ沖縄でも、アセローラのことはよく知られているのですが、ピタンガを知らない人は多いです。

 僕のような無精者の庭でも簡単に出来ます。
 沖縄は育てるのに適しているのでしょう。

 ジャムにすればとてもいいです。
 農家がこれを育てて、一つの産業にすることも可能なのではないかな。

スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.