セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

一太郎のファイルが開かない・・・・苦戦して、なんとか復元
 急に一太郎のひとつのファイルが開かなくなりました。

 漢字の学習書「成り立ちに沿って学べば漢字は楽しい(仮題)」の10番目のファイルです。

 開くためにダブルクリックしても、ずっとくるくるくるくる回っているだけです。そのうちに応答なしになります。

 何度やってもダメです。

 他の一太郎ファイルは開きます。だからその ファイルだけが駄目になっているのです。

 ファイルの名前の上で右クリックをすると、「以前のバージョンで復元」というのが出ます。それをクリックすると、以前の日時が出て、その日の段階での復元はできるようです。それをやっていました。

 うまく開きました。ところがその日時後に作ったものは保存されていません。もちろんですね。

 2~3時間分の作業です。全体からみればわずか数パーセントなので、まあここまでは復活できたということで、少しほっとしました。

 でもその分もなんとか開けたいです。

 フォルダーを見ると、一太郎のそのファイルの上に影のようなファイル名があります。名前は同じですが、後ろが(.$td)になっています。

 だいぶ前にそれを開けたことがあります。それは、バックアップしたファイルになっているのです。

 それを開けることができれば、完全に復活できそうです。

 ところがダブルクリックをしたり、右クリックで「他のプログラムで開く」でやっても駄目です。

 それで Google 検索で調べてみると、次のページが見つかりました。


同じ名前のファイル(.$TD)が保存されているが、これは何か?

 それに沿ってやってみると、うまくいきすべて復活できました。


 これで大丈夫です。保存し直して、また新しく作業を始めました。

 そのページを見ればやり方が分かるはずです。ただ一番初めがはっきりしません。一太郎ソフトをまず開くのです。その後はそのページを参照すれば、大丈夫です。

1 [ファイル-開く]を選択する。

2 [ファイルの種類]の右端の▼をクリックし、[すべてのファイル(*.*)]を選択する。

3 [場所]の右端の▼をクリックして、上書保存時のバックアップファイルのある場所を指定する。
ファイルを上書保存したときに指定していたドライブ・フォルダを指定します。

4 上書きしてしまった文書の文書ファイル名と同じファイル名で、拡張子の1文字目が $ となっているファイルを探す。
※ ファイルが見つからない場合は、保存時バックアップファイルが作成されていないと考えられます。

5 ファイルが存在した場合は、そのファイルを選択し、[OK]をクリックする。[注意]


 一太郎では、そのバックアップのファイル以外に2箇所にちゃんとしたファイルが保存されるようになっています。

 ほんの少しの手間ですが、それを面倒くさがってやっていませんでした。
 これからはそれをすることにします。


スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.