セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

學、與、覺は新字体(学、与、覚)になり、興は取り残された
きのうは、
興は、𦥑+同+一+ハ

を書きました。

 𦥑をふくむ常用漢字は、ぼくが調べたところでは、「興」だけです。

 どうせ、「𦥑」を学ぶなら、もっと別の漢字もあればいいのに、と思います。そのほうが覚えやすい。

 ところが、戦前はあったのです。

 学、与、覚の旧字体は、學、與、覺です。

 それらには、「𦥑」がふくまれています。
 これらの漢字は、めんどうな文字なので、簡単にしたのですね。

 しかし、それなら、興も簡単にすればよかったのに、と思います。

 または、學、與、覺のままなら、興と兄弟分の漢字として、関連付けて覚えられたのに、と思います。

 ただ、めんどうくさがりのぼくには、画数の多い學、與、覺より、学、与、覚の方がいいです。

 まあ、いまはPCで画数の多い漢字も簡単に出せるので、學、與、覺でもよかったのかな、と思います。
スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.