FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ハロウィンの取り組み方も よく考えて
 妻のKyokoが最近知り合ったと言う 人から聞いた話、又聞きです。

その知り合いというのは、 僕らの年代つまりおばあちゃんで、孫が保育園に通っています。 孫の母親は 働いていて、平日は忙しい。だから何やかやとおばあちゃんが保育園の行事などには参加します。

さてハロウィンです。 その保育園ではハロウィンの行事を行います。

保育園生は 仮装をします。 その仮装は親が準備するのです。 ただ強制ではなく、できる人はやって、できなければ普段着でいいということになっています。

それでもおばあちゃんは その行事をやるときに 一部の人が仮装をしてきて、仮装をしない子はそれを羨ましそうに見ている光景を目にしています。

だから孫のために少し無理をしても仮装をさせたいと思っています。

母親に話すと、 先生(保育士)はできなければやらなくてもいいと言うから いいんじゃない、 と言います。

でも現場を見ているおばあちゃんには それを見ないふりはできない のです。

一部の子どもが 羨ましそうにしているという行事は問題なのではないか。

さてそのおばあちゃんとは、Kyokoが アイルランドのツアーに行った時に知り合った人です。

アイルランドはハロウィンの発祥の地だそうです。

 おばあちゃんはハロウィンのために立派な仮装を孫に 買ってやろうと意気込んでいたのですが、そこの服装は意外に地味だったとのこと。それで探すのが大変だったそうです。

今調べたところ ハロウィンは 、秋の収穫お祝い、悪霊を払うためのものだとのこと。

沖縄には、悪霊を払う行事 ムーチーがありますね。そういうことをきちっとさせる方が子どもたちの教育には良いのではないかなあ。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.