FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「生活習慣病」という病名はよくない
 1996年、「成人病」という名称から「生活習慣病」に改められました。
 確かに、生活習慣病という病名はある面で その病気の原因を表しています。

 でも、それだけではないのではないか。

  僕も血圧が高めです。 要するに生活習慣病です。

 しかし、ぼくは他の人より特に生活が乱れているとは思いません。
 たばこは吸ったことはありません。お酒も適度に飲む程度です。
 食事は妻がよく考えて、野菜中心のバランスのよいものを作ってくれます。
 好き嫌いはほとんどありません。

 ただ、食べるのは好きなので、太り気味です。

 最近は運動をするようになりましたが、塾をやっているころは犬と散歩をする程度でした。

 だから、生活習慣がよいとはいいませんが、そんなに悪いとは思われません。

 やせの大食いがいます。また、サモア人は遺伝的に肥満になりやすいそうです。
 母親が妊娠中に飢餓状態だと、その子供は大人になるにつれ肥満になりやすいそうです。

 太るかどうかは、遺伝や産まれるころの母体の環境が大きく影響するそうなのです。

 毎日ビールをたくさん飲み、それほど運動をしているようには思われないのに、生活習慣病ではない健康な人が身近にいます。

 確かに 生活習慣をパーフェクトにすれば、病気にならないかもしれませんが、それだけではないと思うのです。

 勉強によく似ているなと感じます。

  誰でも努力すれば東大に合格できるという人がいますが、それは間違いです。

 僕は長年学習塾で多くの生徒を教えてきましたが、 努力だけで学力が決まるのではありません。

 確かに努力して毎日コツコツ勉強すれば成績はそれなりに上がります。でもだれでもが東大に合格するほど成績が伸びるわけではありません。

 頭のいい人悪い人はいます。

  だから「成績が伸びないのはお前が努力しないからだ」というのは可哀想なことなのです。 努力だけではどうしようもないことがあるのです。

 平均点以下の点数しかとれなくても、努力している子をぼくはほめます。そういう子を努力していないからだ、と叱ってはいけません。

 ぼくをふくむ生活習慣病の人は、お前は生活習慣が乱れているんだと言われているのです。それでいいのでしょうか。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.