FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

生のコーヒー豆ができるまで、新しくわかったこと
 前回は生のコーヒーができるまでの情報がほとんどないことを書きました。

 先日 NHK の番組 「朝いち」で沖縄県の屋我地島のでコーヒー豆を作っている様子が出ました。
 そこでわかったことがあります。

  まず つんできたコーヒー豆を水に入れて、 浮いたものは捨てるということです。

  浮力が小さいのはあまりよい豆ではないということですね。僕は全て使っていました。

 それから 果肉を除いたコーヒー豆を2週間ほど乾燥させるということ。僕は すぐに 焙煎していました。

 次は色々ネット上を検索してのことです。 ブラジルや東南アジアの農場で、どのように生のコーヒー豆ができるのかが書かれていました。

  そこで最大の 収穫は 果肉を取った後、コーヒー豆を最後に脱穀をするということ。

  僕は果肉を取ったコーヒー豆はもう 生のコーヒー豆だと思っていました。 形を見ると店で売られている焙煎されたコーヒー豆によく似ているからです。

 でもそれを脱穀するのですね。 農場では脱穀機械があるようです。

 ぼくの場合は手仕事で殻を除かなければいけないでしょう。
 これまで作った コーヒーがまずかった大きな原因はそれなのかもしれません。

  脱穀を 何とかしてしたらうまいコーヒーが飲めるかも。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.