FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字「信」の熟語に「信女、三信」
 漢字の練習ノートをつくっています。漢字の部品となるものを学んでから、漢字を学ぶというもの。

 漢字の練習のために、熟語を入れます。できるだけ4つは入れるようにしています。

 漢字「信」の熟語に「信女、三信」を入れました。

 信女、三信って、分かりますか。漢字の意味で想像はつきますね。

 信女は、仏教で、五戒を受けた在家の女性の信者。
 三信は、浄土真宗で、無量寿経中の阿弥陀の四十八願のうち第十八願に示された至心・信楽しんぎよう・欲生よくしようの三つをいう。



 のだそうです。ぼくもよく知りませんでした。

 なぜ、そんな難しい熟語を入れるのか。
 「信」の熟語なら、信用、自信、信者、信号など、日常よく使われるのがあるではないか。

 ところが、その「信」を学ぶときには、用、自、者、号は、学んでいないのです。

 ぼくが作っている漢字練習ノートでは、漢字の学ぶ順序が大切です。

 順序良く学ぶように作っています。

 いくらよく使われる熟語でも学んでいない漢字を使うわけにはいきません。

 信女、三信 なら、女、三はすでに学んでいるので、大丈夫。意味は難しいのですが、それはある程度分かればいい、ということで、やっています。

 

  信女(→)信じる女(仏教の女の信者)
   三信(→)三つの信じるこころ(仏教のことば)


 としようかな。

 できれば、日常よく使われるののがいいのですが。


スポンサーサイト




正月はなぜ、正しい月か
 漢字の練習ノートを作っています。そこに熟語の構成を入れます。

 登山(←)山に登る

 のように。

 さて、漢字「正」の項に、「正月」を入れようと思います。

 すると、
 正月(→)正しい月

 になりますね。正月は一月のこと。一月がなぜ正しい月なのでしょうか。

 藤堂明保編「学研漢和大字典」(学習研究社)の正の項の意味の8番目に

「(中国の暦法で)一年の基準になるもの」


 というのがあります。一年の基準となる月、なので「正月」なのですね。

 ネット上で検索してみると、次のページを見つけました。

正月はなぜ正しい月と書くんでしょうか。 - Yahoo!知恵袋 -

正月を訓読みすれば、「かみのつき」と読みます。
「かみ」とは筆頭、頭という意味で、1年12ヶ月の最初の月、筆頭の月だからです。


 正月(→)かみのつき

 最初の月になるということです。

 ただ現在は、「かみ」という訓読みはまったく使われません。

 正月(→)はじめの月

 にしようかと考えています。


年賀状の表と裏を間違える母


 母は12月20日で89歳になりました。数え年で言えば90歳を超えているはずです。

 足が弱いだけで内臓関係も健康、そして頭も結構しっかりしています。日常生活での会話は全く不自由ありません。

 その母が年賀状を書きたいとのこと。言われた枚数を近くの郵便局で買ってきました。

 そして母と相談して、来年の干支の犬、2018年の文字のイラストをインターネット上からお借りして印刷してあげました。差出人の住所氏名も印刷しました。

 新年の言葉は自分で書きたいとのこと。良いことです。

 そして、宛先の住所と氏名をここに書いて、新年の挨拶はここに書くんだよと具体的に教えました。

 実は去年、宛先の住所氏名と、差出人である自分の住所氏名を逆に書いた失敗をしています。

 今年は差出人の住所、氏名は印刷してあるし、イラストもあり、前もって教えたので大丈夫だろうと思っていました。

 ところが2枚書いたところで僕が確認すると、年賀状の表である宛先を書くところに、新年の挨拶を書いているのです。

 「待て、待て。ここじゃない。アギジェー!」と声を荒げて言ってしまいました。

 「アギジェー」は、沖縄の島ことばで感嘆を表すときにいう言葉。失敗したときなどに使います。

 少し、心を落ち着けて、丁寧に教えました。間違えたのは、僕が修正ペンで消しました。

 その後一枚だけ間違えたのですが、なんとか無事全て終了。投函してきました。

 これまで何年も年賀状を書いてきたはずなのに、そんなところもわからないのかと少し呆れてはいます。

 このようにしながら、老いていくのでしょうね。僕らもそのうち通る道です。

 しゅうとは、ぼくらに
「(自分が)老いていく姿を、よく見ておきなさいよ」
とよく言っていました。しゅうとは彼の父親にそう言われたそうです。

 そういうのは、しっかり見ておくことが大切ですね。

知らない人から小包が届く
 先日小包が届きました。
 受け取る時に、受取人の僕の名前だけをきちんと確認し、サインしました。

 そして誰からだろうと差出人を見ましたが、知らない人です。Yさんとします。
 色々考えに考えて、思い出してみようとしますが、全くわかりません。妻にも尋ねてみました。わかりません。

 妻が小包を送りつけて、後で請求をする詐欺もあるから注意しなければ、と言います。

 でも小包はの中身はお菓子です。詐欺をするほどのものではないでしょう。

 ネット上で検索してみました。でも決定的な情報はありませんが、次のはよかった。

【至急】自分宛の知らない人からの荷物について質問

郵便局員です。
差出人名に心当たりがなくても、実は大事なものだった、というケースが大半です。


(以下略)

 そのほかは、個人的な意見で書いている人が多い。

 差出人の所に携帯電話の番号があります。ショートメッセージを送って確認するしかないなと思いました。

 その前に相手から連絡が来るかもしれないと思い、4~5日待ちました。

 失礼のないように考えに考えて丁寧な文にしました。字数が多く、一度では送ることができず二つに分けました。次の通り。

 Y様の電話でしょうか。沖縄の仲松庸次と申します。今月20日にY様から小包が届きました。

 なぜY様から小包がと不思議に思っています。間違いなのか、僕が何か忘れているのか。 お返事いただければ、ありがたいです。仲松


 しばらくすると返事が来ました。
 内容を読んで思い出しました。前に会った方です。名刺を確認するとちゃんとありました。名刺をもらっていたのです。

 その時に会っただけです。記憶力の悪い僕なので一度で名前を覚えるはずがありません。忘れて当然ですね。

 そしてお歳暮だとのこと。まあ歳暮をいただいてもいい方です。郵便局員の言う通りでした。

 それで返事をしました。名前を忘れていたことのお詫びとお歳暮へのお礼です。これで一件落着。

 しばらくは 何かわからずもやもやしていましたが、すっきりしました。

「(読谷)村民なのに読谷村のゴミの分別もわからないの?」
 妻のKyokoが老人会の活動の一つとして、公民館の年末大掃除に出かけました。友人たちと一緒に楽しんだようです。

 その友人の一人H美さんが、ゴミを片付けているのですが、その分別の仕方が全く間違えていたので、Kyokoが

「H美、あなたは(読谷)村民なのに、読谷村のゴミの分別もわからないの?」と言って笑いました。

 すると、H美さん曰く

「ゴミを出すのはS実(夫)の仕事だから、私は分からないのよ」

 こちらの夫婦の方が一枚上手ですね。

 H美さんの家では家事はきちんと夫婦で分担しているようです。

 Kyokoは帰ってきて
「H美の家では、S実さんがゴミの分別もするそうだよ」と言って、僕に何か要求しています。

電話の変遷でわかるミステリー番組の時代
 ミステリー番組をよく見ます。特に BS のミステリー番組は再放送が多い。再放送の場合、これはいつ頃作成された番組か、電話を見ると結構分かります。

 刑事たちが色々な電話を使いますね。

 現在だとスマートフォンです。スマートフォンを持っている刑事が現れた時には最近の番組だと考えて良いです。

 その前はガラケーです。携帯電話の蓋が開くようなもの。

 その前は蓋のついてない携帯電話です。スライド式のもあったように思います。

 またアンテナがあって、引き出したりするのもあります。

 さらに前だと、携帯電話ではなく固定の電話です。公衆電話ボックスまで走って電話をかける姿がでてきます。

 詳しい人だと何年頃の番組だなというのも分かるでしょう。ぼくは詳しくはないのでばくぜんと見ているだけです。

 容疑者などの写真をスマートフォンで出して聞き取り操作をするのを見た時は、時代は変わったなと思ったものです。

スマホの翻訳機能、海外では
 先日、母が那覇市内のレストランで食事会があるので、その送迎をしました。

 その帰りの車の中での話です。
 最近はレストランにも多くの外国の人がきます。それで母がそこのウエイトレスに「外国の人とは話ができるの?」と尋ねると、彼女は「スマートフォンがあればできますよ」と返事したとのこと。

 すごいですね。そのウエイトレスは僕もよく知っています。母にとても親切にしてくれます。40歳ぐらいでしょうか。

 そのような普通の人がもうスマートフォンの翻訳機能を使いこなしているのですね。僕は翻訳機能のことを知っていますがあまり使ったことがありません。

 その話を妻にすると、とても関心を持って聞いていました。

 妻は旅行が好きです。海外に行って市場でショッピングをしても、やはり言葉の壁にぶち当たるとのこと。

 スマートフォンの翻訳機能が使えれば、もっと楽しい買い物ができる。それで海外でも使えるかと聞きます。

 翻訳機能はインターネットができていないと使えないでしょうね。WiFiのできない場所でインターネットを使うためにはその国で利用できる Simカードを買わなければいけません。携帯用の wi-fi ルーターも利用するという手があるそうです。

 そのような話をしました。ぼくがいっしょでない旅行でも Simカードが利用できるかな、と言っています。

 ベトナムに行ったとき、空港の両替所で simカードを売っていました。 そういうところで simカードを買って、セットまでしてもらえるのではないか、と話しました。ただツアーで行くのでそのような時間があるかどうか。

 いずれにしろ海外でスマートフォンの翻訳機能が使えれば素晴らしいですね 。

この「セルフ塾のブログ」はきょうで10年
 この「セルフ塾のブログ」(FC 2)は、きょうで10年になりました。

 始めたのが10年前2007年12月24日です。

 その頃はセルフ塾をやっていて、塾の宣伝のつもりで始めたのです。

 知人にできるだけ更新するように言われたので、それではと、毎日更新することにしました。

 そしてこれまで毎日更新してきたつもりです。

 旅行に行った時は、後で補ったりしました。

 塾をやってた頃は書くことは多く、テーマさがしにほとんど苦労しませんでした。

 塾を閉めてからはテーマ探しが大変です。
 でも、高齢になった頭の体操のつもりで、これからもできるだけ続けていこうと思っています。

スマートフォン手帳は検索が楽
 スマートフォンの手帳「ジョルテ」と 「Google カレンダー」を同期させて使っています。

 スマートフォン手帳の方が紙の手帳よりも絶対的に優れているとはいいません。

 ただ、検索の方はスマートフォン手帳がずっといいですね。

 例えば、新垣さんがパソコンを習いに来たのはいつだったかなと思って手帳をめくります。

 紙の手帳だと、大体何月の何日ごろだったかの予測をつけて前後をめくりますね。

 スマートフォン手帳の場合には検索機能を使います。
 インターネットの検索エンジンのように検索の枠の中にキーワードを入れます。

 今の例でいえば「新垣」と入力し、ルーペマークをクリックすると、新垣に関する予定が表示されます。

 それで前回、新垣さんが来た日がすぐに分かります。とても楽です。

 数年前のことの場合、紙の手帳だと前の手帳を出してこないと分かりませんが、スマートフォン手帳だとその何年分もそこに記録されているので、すぐに楽に検索ができます。

 ただしきちんとした単語でないとだめですね。

 先日、兄の家の地鎮祭がいつだったか検索しようと、「地鎮祭」と入力して検索するのですが、出てきません。

 仕方ないので別の方法で地鎮祭を行った日付を確認しました。そしてスマートフォン手帳でその日付を見ると、「地鎮祭」ではなく「安全祈願祭」になっていました。

 紙の手帳でめくった場合には、「地鎮祭」と「安全祈願祭」は区別することなく、その日だと分かりますが、スマートフォンは融通がきかないのです。

 最近の Google 検索エンジンでは、あいまい表現も出してくれます。手帳の場合には、そういった点ではまだまだです。

教師は AI (人工知能)に駆逐されるか
昨日は AI (人工知能)でなくなる仕事について書きました。

 ぼくは学習塾をやっていました。
 学校の先生(教師)、学習塾の講師などは AI (人工知能)に駆逐されるでしょうか。

 人間の能力にはとても格差があります。理解力のいい子がいる一方、理解力の劣る子がいます。

 僕は、理解力の良い子は AI (人工知能)で教育を受けて十分に成果が出ると思っています。

 僕はセルフラーニングの学習塾をやっていきました。ひとりで学べる教材を作って、生徒に与えて自分で学習するという方式です。ある程度うまくいったと思っています。

 小学算数、中学理科の教材は、朝日学生新聞から「ひとりで学ぶシリーズ」として出版されました。

 理解力の良い子はその本だけで十分に学習することができると思っています。教師はいらないのです。

 それに、さらに AI (人工知能)が加わればもっと良い学習ができるでしょう。その子に対応した教材ができるはずです。

 高校でもそのような教材を作れるはずです。だから普通以上の理解力がある生徒に対しては知識を教えるという観点だけにをとらえれば教師はいらなくなるでしょう。

 ただ東京大学の入試問題に AI が不合格になったと聞きます。読解力はまだ AI についていないとのこと。そういう記述式的な問題を AI は自分でも解けないのですから教えることはできないでしょう。

 普通よりも劣る生徒の場合、まだまだ教師が必要です。理解力の劣る生徒とは どのような思考をするのか本当に予測がつきません。良い教材を選んでさせても間違えます。

 そしてなぜ間違えてるのか尋ねてみたり、そして色々試してみたりしてやっと間違いの理由がわかり、それに対応した教え方で理解させることに努めてきました。

 そのようなことは今のところは AI には難しいのではないか。

 もちろん将来的に AI はさらに進歩するでしょうから、そうなったら理解力の劣る生徒にも教えることができるでしょう。

AI (人工知能)によって仕事がなくなる
昨日は
スマートフォンによって駆逐されるもの、されそうなもの
を書きました。

 デジタルカメラ、紙の手帳、ICレコーダーなどは、実際にスマホを持つようになって、僕自身が使わなくなりました。
 現実に駆逐されかかっています。

 AI (人工知能)の進歩が物凄いです。チェスで、人工知能に人間が負けたのはもうだいぶ前のこと。将棋や囲碁も AI (人工知能)の方が勝つことが多くなっています。

 自動運転の技術も進んでいます。

 その AI (人工知能)が仕事を奪うと言うことがテレビ番組などで流れてきます。

 最初は、ふ~んそうなのか、という程度に思っていました。

 ところが、スマートフォンによって駆逐されるものがあることを考えると、AI (人工知能)が仕事を奪うのも現実味が増しますね。
 スマホがいろんなものを駆逐しているのは現実です。それを考えると AI (人工知能)が多くの仕事を奪ってもおかしくはありません。

 次のランキングは機械が仕事を奪うものです。その他に、弁護士、医者、会計士といった現在多くの人のあこがれの職業も AI (人工知能)に脅かされているとのこと。

 ぼくがやっていた学習塾も、AIに変わるかも。

 それは、そんなに遠くない未来のように思います。

機械に奪われそうな仕事ランキング

機械が奪う職業ランキング(米国)の上位15位を抜粋。

小売店販売員
会計士
一番事務員
セールスマン
一般秘書
飲食カウンター接客係
商店レジ打ち係や切符販売員
箱詰め積み降ろしなどの作業員
帳簿係などの金融取引記録保全員
大型トラック・ローリー車の運転手
コールセンター案内係
乗用車・タクシー・バンの運転手
中央官庁職員など上級公務員
調理人(料理人の下で働く人)
ビル管理人




スマートフォンによって駆逐されるもの、されそうなもの
 昨日は紙の手帳を買わなくなったことを書きました。

  スマートフォンの手帳を使っているからです。

  しばらく前には シンプルな腕時計を買ったことを書きました。 アラーム、タイマー、ストップウォッチ、世界時計などが ついていないものです。 これもスマートフォンがあるからです。

 その他、 スマートフォンによって 駆逐されるもの、されそうなものはいろいろ考えられます。それを考えてみました。

  腕時計についているアラームはいらないくなったと書きましたが、 要するに目覚まし時計が入らなくなっているのです。
  朝目覚めるときもスマートフォンのアラームです。

  最近見たテレビでは、 スマートフォンのアラームアプリに目覚めのよい時に鳴り出すのがあるとのこと。 そんなのがあると目覚まし時計はますます売れなくなるでしょう。

  電卓も スマートフォンで十分になります。

  それから携帯用の懐中電灯。 ちゃんとした強力な懐中電灯は家に準備していますが、 携帯用の懐中電灯はスマートフォンで十分です。

  以前は100均で買った小さな電灯を キーホルダーに付けていましたが それが要らなくなりました。

  それから考えられるのはパソコンですね。
  最近、学生がパソコンを持たなくなったというのをあるテレビ番組を見ました。レポートを書くのもスマートフォンで十分だとのこと。それで企業に入った時に パソコンの指導が必要だとも聞きました。
  スマートフォンによってパソコンが駆逐されかかっているのです。

  それからそれからカメラです。 デジタルカメラがスマートフォンに押されて売れなくなっているというニュースを聞きました。

  僕はずっとデジタルカメラを使っていました。 つい最近までは旅行に行くときはスマホではなくデジタルカメラだ、と思っていましたが、 先日旅行した時はデジタルカメラは持たずスマートフォンでだけで 写真を撮りましたがそれで十分だと思いました。
  デジタルカメラがスマートフォンのカメラに とって変わりそうです。

  それからカーナビです。 僕はレンタカーのカーナビは使ったことがありますが カーナビのついた車を自分で持ったことがありません。 スマートフォンのカーナビを使います。それも便利ですね。 高いお金を出して 車にカーナビを つける必要はないと思っています。

  IC レコーダー(ボイスレコーダー)もなくなるかもしれません。 スマートフォンの レコーダーだけで 結構いいです。ぼくのICレコーダーは机の引き出しに眠っています。

  それからミュージックプレーヤー。 スマートフォンのプレイヤーで音楽も聞くことができます。

  もっともっと色々ありそうですね。 スマートフォンさえ持っていれば 本当に色々持たなくてもよくなっています。 カバンが軽くなります。

紙の手帳も買わなくなったなあ
 先日書店に行きました。来年2018年の手帳が並んでいます。

 それを見て「そういえば紙の手帳は買わなくなったなあ」と思いました。

 そうです。スマートフォンの手帳を使うようになってから紙の手帳は買っていません.

スマートフォンの手帳が紙の手帳に比べて、全て優れているとは言いません。一長一短ですね。紙の手帳の良さも分かるつもりです.

色々検討してスマートフォンの手帳にし、紙の手帳は買わないようになりました。

 何よりもスマートフォンさえ持っていれば手帳を別口持たなくてもいいというのは、無精者の僕にはいいです。

 手帳はジョルテと Google カレンダーを同期させて使っています。
 使い勝手も悪くありません。

 今後もずっと紙の手帳は買わないのだろうなと思っています。

漢字の熟語の構成は一筋縄ではいかない
 漢字の練習ノートを作っています。

 熟語の作業に入っていて、漢字の熟語の構成が分かるようなものにしています。例えば次のようなもの。

火山(→)火の山 
カザン、ひのやま
登山(←)山に登る
トザン、やまにのぼる

 すべてがそのように単純ならいいのですが、難しいのが少なくありません。漢字検定に出題されるのは、とても分かりやすいものです。

 例えば、「梅雨」(バイウ、つゆ)
 これは、「梅の雨(うめのあめ」になります。
 それで、梅の雨って、何なの? 

 梅の花はもっと早く咲きます。
 梅の実を収穫するころが梅雨時だそうです。

 とすると、梅雨は、「梅の実をとるころの長雨」となりますね。でも、語源を調べると、梅とはまったく関係ないのです。

中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったとする説


 があるそうです。分かりやすいですね。こちらの方が正しい気がします。

 別の例で、「味方」
 「味(あじ)の方(ほう)」では、何のことだか、まったく分かりません。

 「味方」「身方」は共に当て字で、「味」や「身内」といった意味は含まれていない。 みかたの「み」は敬意を表す接頭語「み(御)」、古くは「御方」と表記されていた。


 梅雨にしろ、味方にしろ、もともとの文字と異なるのはなら、熟語の構成も簡単ではありません。

長期滞在が可能な民泊を 、週末に限る県条例案を考える
民泊の持つ可能性/沖縄観光に生かせる

 3年前、私たち夫婦はカナダに5カ月ほど滞在した。五つの都市を巡り、その時に利用したのが、地元の一般住宅の1室を借りて生活をする民泊だ。ホストファミリーとも仲良くなり、楽しい滞在だった。

 ハロウィーンの夜には、やってきた子どもたちにキャンディーをあげた。また、隣の部屋に民泊しているカナダ人に観光に連れて行ってもらったこともある。

 近くのスーパーマーケットに行き、地元の人たちに混じって食材を買い、ホストとシェアするキッチンで食事を作った。食費を抑えるためだったが、カナダの人たちの生活が身近に感じられた。費用の点だけではなく、民泊にして良かったと思っている。こういうのは、ホテルでは味わえない体験だろう。 

 民泊は楽しいし、国際交流にもなると思い、沖縄に帰ってからそれをやりたいと考えようになった。

 8日付の本紙報道によると、「民泊営業を週末のみに限るという沖縄県の条例案がまとめられた」と紹介している。もし、それが来年県議会で通れば私たちがカナダで体験した民泊による長期滞在は、沖縄ではできなくなる。冬の寒さを避け、春の花粉症を避け、夏の海に憧れて沖縄に長期滞在をする人は多いと思われる。しかし、長期民泊ができないと、滞在費を抑えるための自炊ができなくなる。ホテル滞在だけだと外食に頼るしかない。近くのスーパーで買い物をしながら地元の人と接する機会も少なくなるだろう。沖縄観光の魅力の一つには地元の人との触れ合いもある。それが難しくなる。

 県の条例案の大枠では週末の金、土、日曜だけであり週2泊だけとなる。1カ月間でおよそ8泊だけしか民泊の営業はできない。滞在客に快適に過ごしてもらうために部屋のリフォームに投資したいと思っても、それだけの営業しかできなければ投資を控えるしかない。そうすれば滞在する人も快適でなくなるということだ。また、週末だけのために部屋を利用しないのはもったいない。

 週末だけの民泊を利用する人がどれだけいるだろうか。民泊を諦めるか、または制限区域、期間も設定されるなど厳しすぎる条例を破る違法民泊を増やしてしまうことにならないか。禁酒法によってアル・カポネを生んだアメリカのように。

 問題となっているごみの出し方や夜間の騒音については、ホストの目が届くような民泊にすることによって、防げるのではないだろうか。

 来て良かった、また来たいというリピーターを増やし、口コミで沖縄の魅力を伝える観光客が多くなるのが沖縄観光の未来を明るくするのではないか。 

 沖縄県は沖縄観光の未来には何が必要なのか、よく考えてもらいたい 。



きょうの琉球新報、「声」の欄に、掲載されました。

002.jpg

漢字の熟語は既に学んだ漢字で・・・漢字練習ノート
 漢字の練習ノートを作っています。漢字の部品になるものを学んでからその組み合わせで漢字を学ぶというもの。

 音読み、訓読み、意味を書き入れる作業は終わりました。

 熟語の作業に入っています。

 その熟語は前にも書きましたが、漢字の熟語の構成が分かるようなものにしています。例えば次のようなもの。

火山(→)火の山 
カザン、ひのやま
登山(←)山に登る
トザン、やまにのぼる

 このようにすることによって、熟語の構成がわかり、また音読み、訓読みも学ぶことができます。

 さてそのような熟語はすでにこれまでに学んだ漢字を用います。

 山という漢字を学ぶ前に、「火」は学んでいます。だから「火山」と言う熟語を使ってもいいですね。

 でも「登」はまだ学んでいません。だから、「登山」と言う熟語は「山」の項目では使えません。

 最初のほうの漢字は、学んである漢字が少ないので、熟語が作りにくい。

 それでその漢字を使う熟語を後ろの方に入れることにしました。

 「登山」は「登」の項目に入れます。そうすることによって「山」のつく熟語も学べるようにしたいと思っています。

 できるだけ、1つの漢字で最低4つの熟語は練習するようにしたい。

その「あと3ヶ月だからね」は何回目ね?
  母は兄(長男)と 同居していましたが、その長男の家を改築しています。 それでその工事期間中、母は僕のところに同居しています。

  やはり何やかやと 妻に苦労をかけています。

  去年の11月17日に地鎮祭をやりました。 その頃は夏のお盆には できるのではないか、という話でした。

  しかし工事は最初から大幅に遅れました。だいぶ遅れているが10月には出来上がるのではないか、という話を兄から聞きました。

  それで、 7月になると、ぼくは 妻に「あと3ヶ月だからね。頑張って」と話したものです。

  それがお盆の頃になると、 工事は遅れている、 でも年末 までにはできて、新しい家で 新年を迎えることができるだろうとのこと。

  それで9月頃には「あと3ヶ月だからね」 と妻に言いました。

  それがそこでは終わりません。 またまた遅れている、年明けの1月までかかるのではないか という話。

  それでまた僕は「あと3ヶ月だからね」 と妻に言いました。

 それが、 大工が足りないので 1月にもできそうにない、2月まで、となりました。

 「あと3ヶ月だからね」が繰り返されます。 それで最近は「あと3ヶ月だから」 と僕が3本の指を 差し出すと、 「そのあと3ヶ月だからは何回目?」と妻が皮肉まじりに言います。

  そして「またまた3ヶ月になるんじゃない」 と付け加えます。

 きょうは12月15日。 2月末までは 2ヶ月半になりました。きょうから僕は、3ヶ月ではなく「あと2ヶ月半だからね」と言っています。

 さて明日は 兄と会うことになっています。母の誕生日の食事会をするのです。
  その時に 兄の口から「また遅れた」 という言葉が出て、「あと3か月」が復活するのではないか・・・・。

クワズイモの生けもの
 僕の家の玄関に入ると次のような光景が 迎えます。 妻が 作ったものです。
IMG_20171214_163442.jpg

 下の緑の葉大きな葉はクワズイモ。
IMG_20171214_163502.jpg

  クワズイモは名前の通り食べられない芋です。 里芋のような葉っぱをして、大きなイモができます。 それは食べられません。

  かなり生命力のある 植物で、 庭のあちこちにでてきます。だから庭にとっては厄介ものです。

  妻は小さいものを根っこから取り出して 飾っています。

  生命力があって根っこも付いているので なかなか枯れません。クワズイモであっても、緑はいいですね。ここでは重宝しています。

コーヒー豆の脱穀
 庭でコーヒーの実(コーヒーチェリー)が採れます。それから果肉を取り除きます。それについては以前書きました。すり鉢とすりこぎ棒でやれば結構簡単に取れます。
コーヒーの実からコーヒー豆(種)を取り出す

 僕はそこで出てきた種が生のコーヒー豆だと思っていました。その辺りのことはネット上でもほとんど探すことができません。

 ネット上に書かれているコーヒーの作り方の多くは生のコーヒー豆を買ってきてその後という感じです。

 本土ではほとんどコーヒーチェリーができないからでしょうね。

 そてネット上をいろいろ探すとブラジルや東南アジアなどのコーヒー農園でのことが書かれています。

 そこに果肉を取り除いたとそれを2日程おき、洗ってぬめりを取り除くとあります。ブラジルなど、水が自由に使えないところではそれはぬめり取らないとのこと。

 それから2週間ほど天日干しにします。
IMG_20171203_091251.jpg

 そしてその後、脱穀をするとのこと。
 ネットでは脱穀とだけあります。

 大きな脱穀の機械に入れて殻を取り除くようです。僕のような庭で少しの量しか取れない場合には脱穀機械を購入する気はありません。

 ではどうするか。乾いたコーヒーの種に爪を立てると、簡単に割れます。ひとつずつ殻を取り除くことができるのです。
IMG_20171210_085138.jpg

 もっと楽にできないか考え、すり鉢に入れすりこぎ棒で叩いたり、すりまわしたりしました。簡単には行きませんが殻を取り除くことができました。
IMG_20171203_111011.jpg

 これが生のコーヒー豆ですね。

 僕の庭で採れたのは、脱穀後は黒っぽいです。 ネット上のコーヒーの作り方を見ると黒っぽい豆は取り除いて捨てるとあります。質が悪いのかもしれません。

 その後、焙煎をしてそしてミルでひいて粉にして、コーヒーを飲むというもの。
IMG_20171205_173116.jpg

 実際にいれて飲みました。あまりコクがないように思います。アメリカンです。妻はアメリカンだと思って飲んだらまあいい、と言っています。
IMG_20171205_182049.jpg

 もっと濃くしなければいけないのかな。
 とにかく、脱穀までできたので、また一歩前進です。

ねこの足音
 ねこは歩く時に足音を立てないというイメージがありませんか。

 僕の家には5匹のねこがいます。
 そのうちの3匹、イスファハン、チトー、よし子の3匹は歩く時に確かに音を立てません。やってきたかどうかは音だけではわかりません。

 イスファハンは狩人です。
 彼女が庭にやってきた鳥を狙っているのを見たことがあります。身を屈めて音を立てずに、ゆっくり前に進んでいきました。

 さて残りの2匹、白部と比叡は足音をたてるのです。
 ゆっくり歩いていても、ペタ、ペタ、ペタという音がします。ねこにも扁平足があるのでしょうか。

 比叡が二階から階段を駆け下りる時には、とんとんとんと、リズミカルな音がします。

 ねこによって足音が違うのですね。面白い。

写真は、比叡です。
IMG_20171212_103546.jpg



僕が欲深いのかも
 友人の S 君が スマホに変えました。

 ぼくが、「便利だよ。色々な機能があって」と 言うのですが、
 別に 色々やる気はないという感じです。

 「動画もすぐ見られるよ。あなたの好きな歌手の歌も聞けるよ」 と言うと、

 「 別に 他人の歌を聞きたいわけではない。 僕は自分がカラオケで歌うのが好きなだけだ」と言います。

 「Google マップで ナビもできるよ」と言うと、
 「道が分からなければ、人に聞けばいいんだよ」 とのこと。

 「では、ガラケーのままでよかったのではないか」と言うと
 「写真はスマホがいいんだ」

 なるほど、彼は不思議な形の雲に興味があり、それを写真にしたいのです。写真は確かにガラケーよりスマホがいいですね。

  僕の方が 欲深いのかもしれません。

  僕は スマホではできることはいろいろ試してみたい。そして日常で使ってみたいと思います。

 欲がなければそれはそれで いいのでしょう。欲があるからいろいろ欲しくなるのです。欲は小さいほうがいいと言われますね。

 「わかった。でも LINE だけはやってくれよ。僕も便利になるから」とお願いすると、「そうする」とのこと。

日秀上人イン金武 
 沖縄の金武での 日秀上人の足跡を訪ねる ツアーにS吉君からお誘いがありました。

 日秀上人については次の通り。ウィキペディアからです。

日秀 (真言宗)

1503年、加賀国または上野国に生まれる。
19歳の時、高野山で修行。
紀伊国の那智から補陀落渡海を行うが、琉球に漂着し現地の住人に保護される。のち、金武の富花津に観音寺を建立。琉球王国金武のフナヤ(富花港)に流れ着いた日秀は、金武にある鍾乳洞を拠点とし布教活動を行い、観音寺を創建したと伝えられる。
 琉球において真言宗と熊野信仰を広め、波之上宮の再興や、弥陀・薬師・観音三像を作り護国寺に祀り、法力で妖怪を退治したという。現在の沖縄県浦添市の地名「経塚」もまた、日秀に由来すると伝わる。その他各地に日秀に関する伝承が残されている。

 S吉君はこの日秀上人の小説を書いています。 その原稿を読ませてもらいました。とても面白いです。

 それでそのツアーに 参加しました。
  首里高校の同期生5人と一期後輩1人の 合計6人のツアーです。

  まず 日秀上人が流れ着いたと言う 金武の福花(ふっか)の 浜に行きました。 少し沖の方には 岩が並んでいます。
IMG_20171209_150406.jpg

  船がここに漂着したというイメージが浮かんできます。

  近くには日秀上人が数日過ごしたという洞窟もあります。
IMG_20171209_151149.jpg

  その後 就労支援センター どりーむに寄りました。

  ここにはS吉くんが作ったお地蔵様が備えられています。
 そう、S吉君は陶工なのです。
IMG_20171209_152353.jpg

  そこから 日秀上人が 建立したと言われる 金武観音堂に。

  そこにS吉君が寺に寄贈したという 梛の木が植わっていました。
IMG_20171209_153824.jpg

梛(ナギ) | 梛の木について

熊野詣が盛んであった中世、参詣者は、熊野三山それぞれにて先達(せんだつ。熊野詣の案内人。山伏が務めました)から梛の葉を手渡されました。


 S吉くんの家にも その梛の木がある そうですが、葉の形がなぜか違うと、彼はとても不思議そうにしています。

  金武町観音堂を見物後、近くにある鍾乳洞へ。
IMG_20171209_155050.jpg

  彼の小説ではこの鍾乳洞に 大蛇がいて 村人を苦しめていて、それを日秀上人が 退治したことが書かれています。

  そしてその洞の近くに観音堂を建立したとのこと。
IMG_20171209_160035.jpg

  S吉君はその辺りについてとても詳しく、色々説明をしてもらいながら見学しました。 有意義な一日でした。

  その後は首里のふれあい居食家志乃ぶで、楽しく語らいあいました。

Google の音声入力 NHK など大文字に
  毎日、ぼくは新聞のテレビ欄を見て、母の好みそうなテレビ番組をショートメッセージで母に送っています。

 ショートメッセージは、スマホのGoogle音声入力を使います。

  おとといまでは 「ビーエス」 と言うと、小文字で bs と出てきました。 母になのでそのまま送っていました。

 NHK、USA なども小文字でnhk, usa と出てきたのです。

  よそ行きのメールや ブログなどの場合には キーボードで 大文字に手直しをしていました。

  それが昨日から NHK BS USA などの略語は大文字で出てくるようになっています。進歩ですね。

  ついでにと思って 「ウェル カム トゥー オキナワ」と言うと、
Welcome to Okinawa
 とちゃんと 大文字小文字 使い分けて出てきます。

 それから 「グーグル」というと、以前は、文中では google と語のはじめは小文字でしたが今は文中であっても G が大文字のGoogleになります。 すごい。

  それではもしかしたらという期待をかけて、句読点が出るかどうか試したのですが、ダメです。「 まる」「くてん」といっても、 「まる」「句点」が出てくるだけ。

  Google の音声入力、そこがなおればなあ、と思います。


為末大著「諦める力」
 為末大さんの著作「諦める力」を読みました。良い本ですね。真実が書かれている。

 為末さんはかけっこが子どもの頃から速く、100 M 走者として活躍してきたのですが、400 M ハードルに変えたそうです。

 最初はコーチの計らいで。後では自分でも納得しています。

 頑張れば必ず夢が叶うとは限らない、別の道を選ぶのも大切なのではないかと訴えています。

 この本は多くの指導者に読んでもらいたい。
 スポーツの監督やコーチに限らず、学校の先生方、学習塾の先生、そして親などです。

 中学生や高校生が、頑張れば夢はかなうと思って一生懸命に夢に向かって頑張るのは良いと思います。

 中学生、高校生が、頑張っても夢は叶わないと言われると水をさされるような感じになるでしょうね。

 だから夢に向かって頑張っている間はいいです。ただ壁にぶつかった時どうするか。

 周りの大人たちが頑張っても夢は叶わない、道を変えることも大切だよ、という目をもって、導くことが必要なのではないでしょうか。

 壁にぶつかった時に、この「諦める力」を読むことを勧めれば、またやる気を出して次に進めるでしょう。



ドキュメントのファイルの並び方と押し出しファイリング
 Google keep は 保存すると、 最新のものが 上になります。まあ普通ですね。

 そして、前のファイルを取り出して編集し直して保存した場合、それは元のところに戻ります。順序は変わらない。

  本棚で本を取り出し使って後、元のところに戻すというのと似ています。

 Google ドキュメントのファイルの場合、最初は Google keep と同じように最新のファイルが上になるように並びます。

  次に、以前のファイルを取り出し編集し保存すると、一番上に来るのです。

  本棚で言えば元のところではなく一番端っこに 収めるというもの。

  野口悠紀雄氏の「超整理法」に「押し出しファイル」というのがあります。

  それは 取り出したファイルを一番端に置くようにするというそれだけのもの。データは分類するのではなく、時間軸で並べるというものです。それが整理に繋がるというものでした。面白いと思いました。

 それと Google ドキュメントの並び方は よく似ています。

 今使っているのがすぐに取り出せるようになっています。

  Google keep の場合にはだいぶ前のものになると編集中であっても その都度探しに行かなければいけません。 編集中のものは一番上にくるというのが作業はしやすいです。

  Google keep も並び方を変えることができます。編集しているファイルを上に持ってくることもできますが、わざわざしないといけないところが少し面倒です。


Google ドキュメントと Google keep
 僕はワープロソフトとしては主に 一太郎を使っています。
  その他に Google のドキュメントと keep もよく使います。

  ブログを書くときにはこの二つを利用しています。

  Google keep はメモ帳といった感じですね。
 スマートフォンと相性が良いように思います。

 スマートフォンの Google keep を開き、音声入力で文章を 綴っていきます。スマホは気軽に開けることができますね。

  次に Google ドキュメントをパソコンで開きます。

 ドキュメントはワードに近いソフトです。Keepより、多くの機能がついていて、文章を編集できます。

 そのドキュメントの「ツール」→「 keep メモ帳」クリックすると、右がわに、Keepが開きます。

 そして、「・・・」から「ドキュメントに追加する」を選択すれば Google keep に綴った文章が Google ドキュメントにコピーされます。

 文章の修正はパソコンのキーボードの方が僕は使いやすい。それで 修正したら、それをコピーし ブログに貼り付けて アップするというようにしています。

  Google ドキュメントと Google keep とても相性がいいですよ。

スマホのアラームの活用
 昨日は 腕時計を買ったことを書きました。

 その中に、スマートフォンのアラームのこともちらっと書きました。

  スマートフォンのアラームは結構便利です。僕はよく利用しています。 自分を律するためにも いいですね。

  朝の起床はもちろんスマートフォンのアラーム。

 それから、お昼の母のウォーキングの時間開始。
 母のお風呂の 時間。 僕がお湯をためることになっているので。

  それから 運動開始の時間。毎日午後6時50分になったら 踏み台昇降運動をすることにしています。

  何か不定期の予定が入ったら、何時になったらその準備を始めようと思ったら、その時間にアラームを設定します。

  アラームが鳴るまでは、時間をほとんど気にすることなく 別の仕事などに集中することができます。

 そして、アラームが鳴ると、あっ散歩の時間だ、などと気づいて動き始めます。

 「スマートフォンに操られてるみたいだな」と言われることもありますが、それをセットしたのは僕です。

 自分で自分をコントロールしているのです。

  スマートフォンのアラームは曜日を設定することもできます。例えば、月水金の午後6時など。

 結構便利ですよ。

もっともシンプルな腕時計を買う
 腕時計を買いました。これまで持っていた腕時計の調子が悪いからです。電波時計ですが、電波をキャッチしてくれない。

 これまでは色々な機能が付いている腕時計を僕は買っていました。
 アラーム、ストップウォッチ、タイマー、 そして世界時計、などの機能がついた時計です。 だいぶ前には 電卓のついた時計も持っていたことがあります。

  そして実際に よく利用していました。そういうのが好きなんですね、僕は。

 さて今回は 一番シンプルな腕時計を買いました。 現在時刻が分かればいいというもの。税込み価格799円。

  なぜなら スマートフォンを持っているからです。
 スマートフォンには、アラーム、ストップウォッチ、タイマー、世界時計がついています。それも電波時計なので正確です。もちろん電卓もあります。

 そして、そういう機能はスマホのほうが使い勝手がいい。

  だからわざわざ腕時計にそういう機能がなくてもいいのです。

 スマートフォンでも現在時刻は分かります。
 でも腕時計の方が現在時刻を知るのは 便利ですね。腕を伸ばせばすぐに見られる。

 そして今回は、長針・短針のついたアナログの時計にしました。感覚的にアナログの方が 時刻が分かりやすいです。
IMG_20171204_103923.jpg

  今回買ったのは、読谷村大湾、国道58号線沿いにこの12月1日にオープンした ディスカウントストアのダイレックスです。 そのオープン日の夜に時計を買いに行きました。

 この辺り 読谷村はだいぶ変わりました。都会になりすぎ。

ナスミバエ対策で防虫ネット
  昨日は島唐辛子で粉末の一味唐辛子を作ることを書きました。

 ヒロ君から島唐辛子の苗も7本もらいました。順調に育っています。

 そしてすぐに花が咲き、実もつきました。 この調子なら自分の庭でとれた島唐辛子で作る粉末一味唐辛子も、 と考えていました。
IMG_20171012_141950.jpg

 ところが次のように変色をしている実があります。
IMG_20171129_122247.jpg

  それを 写真に撮り Line でヒロ君に送ると
「ナスミバエかと思います」とのこと。

 ナスミバエについては 新聞で知っていました。


最多32市町村にナスミバエ被害拡大 島トウガラシなど

島トウガラシやナス、ピーマンなどナス科の果実に寄生し腐敗させる外来種の害虫・ナスミバエの発生地域が沖縄県内で拡大


 ついに来たのかという感じです。
 対策もヒロ君に尋ねました。すると
「以前自分のところでもあったけど早どりしたらなくなった。最近は見かけない」とのこと。

 でもそれでは僕のところはだめです。なぜならまだまだ青いうちに やられているのです。早どりをするまでに至っていません。

  ネットで ナスミバエの対策を検索すると、防虫ネットをかけるという方法が載っていました。

http://www.pref.okinawa.jp/site/norin/byogaichubojo/documents/documents/h27-7-koramu3.pdf

 それで100円ショップダイソーに行き、防虫ネットを買いセットしました。 これで大丈夫かな。
IMG_20171130_112658.jpg

島唐辛子の粉末一味唐辛子
島唐辛子を友人のヒロくんからたくさんもらいました。
IMG_20171123_103250.jpg

 それを 電子レンジで 乾燥させます。 10秒ずつ レンジに入れ様子をみながら。
IMG_20171123_104513.jpg

 前にやったとき、警戒もしていなかったので、レンジのドアを無防備に開けました。すると、ムワーと蒸気が出てきて、くしゃみが止まりません。大変でした。遠くにいた妻もくしゃみです。

 今回は、用心深く行いました。台所のドアを開けて風通しをよくし、レンジのドアをあけると、すぐに遠くに飛びました。それで大丈夫。

 乾燥させた唐辛子をミルで粉末にします。
IMG_20171123_105051.jpg

  これで粉末の一味唐辛子の出来上がりです。

 これはかなり辛いです。
  辛いのが好きな僕も、2ふりくらいで十分。入れすぎると食べきれないくらい辛くなります。

 少し指先にふれ、顔や目の近くとさわると、いたくていたくて大変です。最初はそのような失敗もしました。

  この一味島唐辛子はストレートな辛さです。島唐辛子は鷹の爪などよりかなり辛い。

 僕は市販の七味唐辛子も好きです。 七味唐辛子にはいろいろなものが入っていて、 ストレートではないうまさがあります。

 出来上がった一味島唐辛子と 市販の七味唐辛子を五分五分ぐらいに混ぜて みました。
 また、ミカンの皮を粉末にして加えたらうまいとヒロくんに教わったのでやりました。
IMG_20171123_105245.jpg

 八味唐辛子といっていいのかな。七味唐辛子のうまさに辛さがさらに加わって僕好みの 唐辛子になりました。

 味噌汁、炒め物など、いろんなのにかけて楽しんでいます。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.