FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

何にするか決めたら もう「できた」
 妻は栄養面などをよく考えて毎日の食事を作ってくれます。

  冷蔵庫の中を覗いたりして、色々頭をめぐらしているようで、その後「今日のお昼はできた」と言います。

  実際には何もできていないのですが。

 何を作るのか決まればもうそれでできたという感じのようです。

  僕は毎日 ブログを更新していますが、 何について書くかテーマを決めるのが大変です。

  そしてテーマが決まればもうできたという感じ。後はそれをどのように料理するかです。

  そういう点で 妻の料理と僕のブログは似たようなもんです。

  僕は毎日ブログを書くことで ボケ防止になると思っていますが、妻の料理もボケ防止になっているでしょうね。きっと。
スポンサーサイト

イスラエルの観光バスにも wi-fi が
 最近は無料の wi-fi が使えるところが多くなってきました。
 ホテルの部屋で使えるのはもうだいぶ前からです。
 飛行場内、駅、列車の中でも使えます。

  沖縄でも高速バスで使えるようになりました。

  イスラエルに旅行に行くことになりました。
 沖縄でもバスで使えるのだから、 イスラエルの観光バスも使えたらいいのにと思って出かけました。

  すると、バスで wi-fi が使えるとのこと。 少し苦労しましたがつなぐことができました。

  ただ僕は車の中で文字を見ると すぐに車酔いをします。 それで、十分には使えませんでした。

  ただ車が停止している時などに、 メールや Facebook のチェックなどをすることができました。

  いろんな面で スマートフォンが使いやすくなっています。

海外のホテルの洗面所に日本製電気器具が使えるコンセント
 海外に旅行する時には、日本の電気器具を使うための変換プラグ(アダプター)が必要です。日本のコンセントとは穴の形が違うため、そのまま電気器具を差し込むことができないことが多いのです。

  アダプターを忘れると スマートフォンなどを充電することができないので 大変です。

  ただ 海外のホテルでも洗面所に日本の電気器具 の刺し口が 差し込めるコンセントが付いていることがあります。

  洗面所には ドライヤーが大抵あります。 その下に ひげそり用としてでしょうか、 コンセントがあります。

  そこに日本製の器具でも使えるような形の刺し口があることがあります。

  以前 ベトナムから帰るとき香港一泊しました。飛行機に預けたスーツケースは、直接沖縄までいきます。そのスーツケースにアダプターを入れていたので取り出すことができません。それで困っていると 弟が 洗面所にコンセントがあるのを見つけてくれ、 スマートフォンの充電がうまくいったことがあります。

 イスラエル旅行をし、四つのホテルに泊まりました。 最初のホテルではそれを確認しませんでしたが、 他の三つのホテルにはそのコンセントがありました。

  ただそのうちの二つは故障しているのでしょう、充電はうまくいきませんでした。

 一箇所はちゃんと 使えて充電ができました。

  あまり使われてないから故障しても直さないのかもしれません。ただそういうのがあるというのを知っていると うっかりアダプターを忘れた時に助かります。

ホテルにも欲しい USB コンセント
 旅行中にもスマートフォンは大活躍です。

  まずはカメラとして。そして 旅行のメモにもスマートフォンの Google Keep を使いました。SNS、メールのチェック。ブログの更新。 アラームとしても使えます。 またカレンダーには旅程を書き込み それをよく見ました。

  よく使うので電池を消耗します。僕は充電用充電池を持っていたので、電池がなくなる心配はありません。

 でもそのほかにも充電できるところがありました。

 まず国際線の飛行機には USB コンセントがついているのもあります。 飛行機の座席に座ると目の前に USBコンセントがあるのです。前の人の背もたれの裏側です。

 飛行機に乗っている間に充電もできるというもの。

 また今回使った観光バスにも USB コンセントが付いていました。バスに座った時に頭の上にありました。だからバスに乗りながらでも必要な時には充電ができます。

  欲深いぼくは、さらにホテルの部屋にも USB コンセントがあればいいのにと思いました。飛行機、バスにはUSB コンセントがあるのですがホテルの部屋にはそれがないのです。

 今はほとんどの人がスマホを使い充電したいのですから、ホテルにも USB コンセントがあれば、もうアダプターや USB コンセントを持っていく必要もなくなりますね。荷物が少なくなり助かります。

 USBなら、国によってことなることはないでしょう。   

 徐々にホテルにも備え付けらようになるかもしれない。

出発してあと届いた「地球の歩き方・イスラエル」
 イスラエル旅行に行く前、妻は旅行ガイドブック を探していました。 地球の歩き方に「イスラエル」があるのは分かりました。それで沖縄県内のあちこちの書店を回るのですが ありません。

  それでアマゾンで 探してみました。 2019年から2020年の新しい 版が10月11日に出版予定となっています。古い版はあるのですが、だいぶ高額です。

 僕らが イスラエルに向けて成田を出発するのは18日。でも 沖縄からだと前泊しなければいけないので、17日に 沖縄を発ちます。

  一週間近くあるので 大丈夫だろうと思い、予約注文しました。

 10月12日に 発送したとの メールが Amazon から届きました。出発前日までに4日間あります。

 でも実は僕は不安でした。 最近 Amazon からの 商品が届くのが遅くなっているのです。沖縄には安くあげるために船便になっているのかもしれません。
  それは妻には言いませんでした。

 待つのですが 届きません。

  そして沖縄を出発する 10月17日 朝に「本日到着予定」のメールが届きました。

 朝、10時には家を出ないといけません。 直前に郵便受けを確認しましたが届いていません。 残念に思いながら出発しました。

  そして羽田に到着。ダブって買うことになるけど いいだろうと思って、羽田の書店を回りました。 2箇所行きましたが、ありません。

  上野駅近くのホテル にチェックインし、夕食後、書店を回ると TSUTAYA で その本が見つかり、手に入れました。

  それで妻は 旅行中それを読んでなんとか 過ごしました。

  旅行から帰ったら本が届いています。 留守を頼んでいた義姉によると、僕らが出発した日の午後4時頃に届いたそうです。

  本はダブりました。 Amazon で半額ででも売ろうかなと考えています。

平和でないと観光客は集まらない
 イスラエルの旅から帰ってきました。有意義な旅行でした。

 前にも書きましたが、イスラエルに行くと話すとみながみな口をそろえて「大丈夫か」と聞きましたが、イスラエルはとても治安の良い国です。

 夕食後に 街を歩きましたが、 何の危険も感じませんでした。

 観光客がとても多いです。多すぎて混雑し困るくらいです。

  イエスの誕生したといわれる場所に建てられた教会には 1時間40分もの長い間列に並ばされました。

  このように 観光客が集まるのは平和だからですね。

  僕が行きたい場所の一つにメソポタミアがあります。
  4大文明の一つとして 教科書にも載っています。

  その4大文明の中でもメソポタミアが一番古いそうです。 農耕が始まったところ、麦が初めて栽培されたところです。そして楔形文字、ハムラビ法典など魅力がたくさんです。

  メソポタミアは、 今の国で言うとシリアやイラクです。 ちょっと今は行ける状態ではないなと感じています。 平和ではないからです。 平和でないと観光にはいけません。

 モアイ仲間でエジプトに行きたいという人がいますが、まだ実現できていません。 エジプトは少しは治安が良くなっているようですが、 やはり 危険を感じます。旅行社による沖縄発の エジプト旅行広告を最近見たことがありません。

 9.11アメリカ同時多発テロの頃、沖縄の観光客が激減しました。米軍基地があるからです。 米軍基地が攻撃されるという噂が流れ、沖縄も危ないということになったのです。

  基地があるということは平和から遠ざかることです。基地と観光は両立しません。

  名護市辺野古に新しい基地を作ろうとしていますが、とんでもない話です。さらに基地が増えることによって沖縄観光が脅かされることにもなります。考えてもらいたい。

イスラエル旅行 ビュッフェ形式が多く、 飽きた
イスラエル旅行の食事はビュッフェ形式が多かったです。

旅行社からいただいた「旅のしおり」には次のように書かれています。

様々な民族や宗教を持つ人々が生活するイスラエルでは食事事情も人それぞれです。そのためホテルでの食事を中心にビュッフェ形式の提供が多めです。


 イスラエルはいろいろな宗教の集まったところです。エルサレムはユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地です。

そのために激しい衝突が起こったりします。

ネットで調べると次のようにあります。

 ユダヤ人にとって宗教的に不浄な食物の例としては、まず豚肉があります。美味しいエビやカキ、タコ、イカも食べられません。牛肉はいいのですが、血の滴るビーフステーキもだめです。フランス料理のカタツムリも、鯛の活け造りも、親子丼もいけません。


イスラム教徒はお酒を飲むことを全面的に禁じられています。 ワインを使ったフランス料理、みりんや日本酒を使った和食、ラム酒を使ったお菓子なども同じく禁止。 また、豚肉も全面的にNGです。


キリスト教の食事制限はそれほど厳しくなく、絶対に禁止という食べ物はありません。


 ビュッフェ形式にすれば、それぞれの宗教の人たちが自分で選んで食べられます。
 ビュッフェ形式 にした方が無難だということなのでしょう。

ただ僕らにすれば毎日のようにビュッフェ形式だと、似たような料理になります。

飽き飽きしたなと感じました。
まあ仕方のないことかもしれませんが。

なおイスラエルには、日本人の経営するラーメン屋があります。 豚肉を味のベースに使っているとのこと。

それを食べにユダヤ教信者もやってきて、繁盛しているそうです。

いい加減なユダヤ教信者もいるのですね。



イエスの足跡の 上に教会を作らないで欲しかった
イスラエル旅行を終え、今日帰国の途につきます。

イエスーキリストの足跡をだいぶ辿りました 。

マリア様が天使ガブリエルから 受胎を告知されたところ 、イエスが誕生した場所、 イエスが養父 ヨセフと過ごした場所、 イエスが洗礼を受けたところ、 山上の説教を行ったところ、 ペテロと出会うところ、 最初の奇跡、水をワインに変えたところ、わずかなパンとワインから 大勢を満足させたところ、
そして十字架の刑を受けたところ、十字架にかけられ たところ、 イエスの墓などなど。

実際にその場に立ち、そして現地ガイドの S 夫さんの詳しい説明もあり、とても勉強になりました。来て良かった。

さて、これらの足跡の上にはほとんど 教会が建てられています。

クリスチャンにすればイエス・キリストの 辿ったところなのですから、信仰の対象として教会を建てるのは自然なことでしょう。わからないこともありません。

ただ僕にとっては歴史上の偉大な人物としてのイエス・キリストです。信仰の対象ではありません。

だから僕にとってはそれらの場所がどのようなところだったのかをもっと知りたかった。

教会が建てられたために、どのような場所なのかが全くわかりません。岩が一部残って見ることができるようになってるところもありますが、 教会のために周りの雰囲気が全然わかりません。

できれば 教会など建てなければよかったのにと思います。これは信者ではないからでしょうね。

イスラエルに来る人はクリスチャンが多いようだ


イスラエルに来ています。ツアーです 。

「イスラエルはとても治安の良い国です」にも書きましたが、 旅行客がとても多いです 。
観光地には 十数台の大型観光バスが並びます。

 日本人観光客には全く出会いませんが、 ヨーロッパや中国からの 観光客には大勢出会います。

昨日はイエスが 誕生したといわれる生誕教会に行きました。 そこでは3時20分に長い行列に加わり、イエスの誕生したと言われる飼い葉桶のところにたどり着いたのは、5時。
実に1時間40分も並んでいました。

僕は旅行 に行くことに決まった時、ツアーのメンバーには クリスチャンが多いだろうなと思っていました。

イエスが生まれて 育ち 十字架にかけられて死んだところです。 クリスチャンが訪れたいところだと思うからです。

しかし、イスラエルに入り、現地ガイドが クリスチャンはいますかと尋ねると、誰一人として手をあげる人はいませんでした。

僕の予想は外れました。 ただ観光地に行くとクリスチャンが多いことに気づかされます。

多くの教会に行きましたが、 教会の周りのあちこちで野外ミサが行われており、 みんな神妙な表情でそれに聞き入っています。 時々は歌声も聞こえます。

イエスに関連のあるところに顔をちかづけキスをする人もいます。

どれぐらいの割合とは知りませんが、 イスラエルを訪れる人にはクリスチャンが多いのだろうなと感じています。

奇跡中心のキリスト教は好きではない

僕はある意味ではキリスト教を高く評価しています。キリスト教の中心が隣人愛だと思うからです 。

汝の敵を愛せよ、左の頬を打たれたら右の頬を差し出せ、 などなど。
素晴らしいです。

それでマザーテレサのような 聖女が現れるのですね 。 マザーテレサほどではないにしろ、多くのクリスチャンが素晴らしい活動を行っているのは僕も知っています。

その他にも、ひとつぶの麦、 迷える子羊、 きまりは人間の為にあるのだ などなど 素晴らしい教えが聖書の中には 散りばめられています。

ただ一方では 聖書の中に イエスが行った奇跡が多く出てきます。

今イスラエルを旅していますが、その奇跡が行われた場所に教会が建てられ、観光地になっています。

水をワインに変えたり、 少量のパンとワインだけで大勢の人を満足させたり、 そして漁師に 多くの 魚を取らせたり、水の上をあるいたり。

その他 病気を治したりするのも奇跡ですね。

どうも図式としてはこうなのだろうと思います。

イエスは奇跡を起こすことができる。 だからイエスは神の子だ。 みんなイエスを信じなさい。

聖書の中に書かれているイエスの奇跡をそのまま僕は信じることはできません。 目の前で行われても多分信じないでしょう。

そのようなところは、オウム真理教の麻原彰晃が 座禅を組みながら空中に浮かんでいるのを見て オウム真理教を信じなさいと言っている のと同等だと感じます。

確かに奇跡を起こす人が目の前にいると、 ただ隣人愛を説くよりも 強烈な 印象を持ち信じやすくなるかもしれません。

でも、僕には好きになれません。

イエスの痕跡の土地はほとんどが推定


イスラエルに来ています。 観光3日目です。

ほとんどがイエス・キリストの辿ってきた 痕跡の地。

マリアが 天使ガブリエルから 受胎を告知された場所、
30歳になるまで大工のヤコブと過ごしたところ
弟子のペテロと最初に出会った場所
そこは復活したイエスとペテロと出会ったところでもあります。
そして山上の説教を行った丘
最初の奇跡を行ったところ。水をワインに変えたところです。
そして少量のパンとワインによって大勢の人を満足させた場所

明日以降、イエスが生まれた誕生した場所、 そして十字架を担ぎ担いで歩いた場所。 処刑された場所などに行く予定です。

クリスチャンではありませんが、 一応イエスの生涯については知っています。

学生時代に読んだ、加藤周一の「読書術」に 西洋文化を知るためには 聖書の知識が必要だとあったためでもあります。

そのイエスに関係のある場所に行くとやはり感動します。
来てよかったです。

ただこれらの場所はほとんどが推定された場所だと思います。 聖書にはきちんと特定された場所が書かれているわけではありません。 状況証拠によってここだろうなと思われるところを そうしたのです。

一箇所は 現地ガイドに聞いてみました。
歴史学者はこの場所を認めているのかと。
すると歴史学者は無視しているとの返答でした。

そうだろうなと思います。 では全く価値がないかと言うと、僕はこれでいいと思います。

観光客はとにかく その場所に行きたいのです。 そこだろうなと思われる場所でもいいのです。

そういうことで 認めても良いのではないか。

これらの場所はすべて今教会になっています。 多くのクリスチャンらしき人が真剣な顔で拝んでいます。 それでいいのです。

吉屋チルーのお墓が恩納村にあると聞きました。 これも噂です。

その場所に行ってみるとちゃんとした表示もありません。 でも吉屋チルーファンは お墓だといえば見に行きたくなるものです。

ここかもしれないというところを その場所にしてしまうこともできるのです。

イスラエルはとても治安の良い国です


 イスラエルに着いて2日目になります。

イスラエルに旅行に行くというとみんながみんな口を揃えて「大丈夫か。あぶなくないか」と言いますてる。

テルアビブの空港につくというと、兄は赤軍を思い出す、と言いました。

「危ない」という人には、「僕がイスラエルにいる間はニュースに注意してね。僕の名前が出るかもしれないから」と冗談で 言っていました。

  前もっての添乗員の電話では、夜は出ないようにとのこと。 やはりそれなりに治安が悪いのかなとも感じました。

僕の考えは、旅行会社が企画したところは基本的に大丈夫なところだというもの。

もちろんそれなりに危険もあるでしょう。
でも治安の良いと言われている日本に住んでいても、事故にも事件にも巻き込まれる可能性はゼロではありません。

さてテルアビブ空港につくと、日本人現地ガイドが
「イスラエルはとても治安の良い所です。女性が一人で夜歩いても危険ではない」と言いました。

実際に街の中を歩いても、とても平和です。人々も危険に感じる人は見当たりません。

現地ガイドによると、イスラエル人とアラブ人は共存していて、仲良く生活しているとのこと。
テレビで見られるアラブ人とユダヤ人が憎み合っているのは一部の人たちだけだとのことです。

そのガイドはをイスラエルよりの考えを持ってる人だなとは感じます。

でも共存しているというのは確かなことです。

観光地を回っていると とても多くの観光客がいます。 治安がいいから観光に来るのでしょう。

ただこんなに観光客が多いのに日本人のグループには一度もまだ会っていません。 中国人や韓国人らしき人達には合います。それよりもヨーロッパの人たちが圧倒的に多いです。

今日は 夕食の後 ホテルの外を歩きましたが、 危険な感じは全くありませんでした。

20181021025322a36.jpg

イスラエル入国審査イランに行った人は大変

 イスラエルに来ています。妻と二人で クラブツーリズムのツアーです。

入国管理前での 話題はイランに行ったことがある人です。

イランに行ったことのある人は 入国審査がとても厳しいとのこと。イスラエルとイランはとても仲が悪いからですね。

別室に 連れられて 執拗に質問されるといいます。

旅行に出る前、添乗員から電話がありそのことを伝えられました。

「地球の歩き方」にも
審査は旅程や滞在期間などを答えるだけで簡単に通されることが多いが、時間がかかることもある。

特にパキスタンやイラン、シリア、イラクなどに滞在した痕跡がパスポートにあると時間がかかってしまう傾向にある。 (以下略)

とあります。

僕らの ツアーの中に 最近 イランに行ったことがありパスポートにもその記録があるとのこと。

その人は添乗員の後ろに並び不安そうにしています。

もう一人旅行慣れしたような男性、
彼もイランに行ったことが あるそうですが、もうだいぶ前でパスポートには そのことは記載されていないから大丈夫だと、 堂々としています。

ただ パスポートには記録がなくても 情報はちゃんと残っているはずです。

実は僕らもイランに行ったことがあります。 もうだいぶ前で パスポートには記載されていません。

その旅慣れした男性の話では、1人が 別室に連れられて厳しく審査されたとのこと。

その人のことかは知りませんが、英語が全く通じなかったので、 審査する係員は もうしょうがないという感じで許してくれたとのこと。

ツアー仲間のイランにいったことのある女性はそれなら泣き落としでもしようかなと言っています。

さて実際どうなったか。

その女性も僕らもとてもスムーズにすむました。
ぼくは、ここに来るのは初めてかという質問だけ。 とてもにこやかでした。

これで一件落着。 ほっとしました。

添乗員がまず審査に行き、 後ろにいるのは日本人のツアーメンバーだと言ってくれたからスムーズだったのでしょう。

こういう話を竜頭蛇尾というのでしょうか。 もっといい表現があるかな。
2018102005462030c.jpg

漢字を成り立ちに沿って学習させようと思った理由

漢字の練習ノートを作っています。

漢字の 部品を学んでから その組み合わせで漢字を 学ぶというようなもの。

最初僕は 漢字の成り立ちに沿って学ぶという方針で 作り始めました。

しかし作り始めてしばらくすると、それは無理だとわかりました 。

なぜ僕が漢字の成り立ちに沿って学んだ方がいいと思ったか振り返ってみます。

僕は以前学習塾をやっていて、小学生,中学生に国語も教えていました。

そこで漢字の成り立ちについて僕も学び、そして教えました。

漢字には、象形文字,指事文字,会意文字 ・ 形声文字があることを学びました。

そして、象形文字、指示文字が最初にできて、その組み合わせで会意文字ができ、また漢字の読み方を 利用した形声文字ができる ということを参考書などをもとにして学んだのです。

そこに例として出てくる漢字はとてもわかりやすいものです。

おひさまの 絵のようなものが、だんだん 省略化されて、漢字の「日」ができ、手のひらの上のしるしが、「上」になります。

そして 、人が動くことで、「働」ができます。

反の読み方「ハン」を利用して、(食べるのに関連する「ハン」)で「飯」ができます。

分かりやすいですね。

このように わかりやすいのであれば、この順序に学べばいいと思ったのです。

ただ漢字練習ノートを作っていると、 そのように単純なわかりやすい漢字は、ごく一部だというのがわかったのです。

その他の漢字は、説明されてもすとんと 理解はできないものが多い。

そして 漢字自体が変わってきています。 戦後、旧字体が新字体に変わりました。
もっと昔も漢字は変化しています。

古い漢字だと 成り立ちが分かるのですが今の漢字ではそれで説明ができない。

こういう漢字がかなりの数あります。

これから漢字を学ぼうとするものに古い漢字を覚える必要はないと僕は思います。

そのように考えると、 漢字の成り立ちに沿って漢字を学ぶのは 無理だと思ったのです。

では例の出し方がまずかったのかと言うと、そうではないでしょう。

漢字の成り立ちというものを教えるなら僕でも単純でわかりやすい 漢字の成り立ちを 例として持ってきますね 。

それは仕方のないもの。

漢字の成り立ちに沿った練習ノートはあきらめましたが、部品となる漢字を学んでから、その部品の組み合わせで、漢字を学ぶ方法で練習ノートを作っています。

漢字の成り立ちに沿った 練習ノートにはなっていませんが、いいのができそうな 気がします。

ソテツのでんぷんは日常的に食べられていた


「改訂ジュニア版 琉球・沖縄史」に次のようにあります。

 沖縄では、この恐慌(昭和恐慌)をソテツ地獄と呼んでいます。
 極度に疲弊した農村では、米はおろか芋さえも口にすることができず、調理を誤れば命を奪うソテツの実やみきを食べて、飢えをしのがなければならなかった、という、悲惨な状況を例えて言った言葉です。

ソテツ地獄については、 僕も学生の頃に学んだ 記憶があります。

この「沖縄・琉球史」に書かれていたような 歴史を学んだようなことです。

ソテツはとても危険な毒のある植物で、 それを食べるのは、命がけなんだと思っていたのです。 死ぬかもしれないと思いながら、もうどこにも食べるものがないから仕方なくそれを食べようとしたという感じです。

ふぐ料理 は 処理を間違えれば 命を失うと言われます。 そしてふぐ料理をするためには特別な免許があるとも聞いています。

 ソテツもふぐのようなもので、命を失う危険を承知で、しかたなく食べていたのだ、と思っていたのです。

 さて、母と話しているときに、ソテツの話が出ました。 するとソテツのデンプンは日常的にも結構食べていたとのこと。

母は自分で作ることはできないが、 母の母がよく作っていたそうです。

その過程はわかりませんが、 きちんと処理さえすれば 危ないものではなかったとのことです。

全然イメージが違ったので びっくりしました。

ソテツの実を食べるのは 一般の人が免許もなしにやっていたのですから、ふぐよりも 処理が簡単なんだったんでしょうね。

ソテツ地獄という強烈な名前が 僕に強い感じを持たせていたのでしょう。

琉球の女の物の持ち方カミーン
ジュニア版琉球・沖縄史のp135に、次のような一節があります。

 中国皇帝の使節である 冊封使一行は、女性達の荷物の運び方に興味を持ったようで、1800年に来琉した李鼎元(りていげん)は、
「琉球の女性は物を肩に担いだり、背負ったりはしない。
ものは全て頭の上に乗せて運んでいる。この頭上運搬の方法をカミーンという。たとえ百斤(約60 kg) の重さでも、山を登り下りしても落としたりはしない。
これぞ国内一の技である。」( 原田禹雄訳 注徐葆光 「中山伝信録」

  僕が小学生頃まで 女性が頭の上に物を載せて運んでいるのを、たまに見かけたように記憶しています。

たらいに 魚を入れ 行商をしている女性も いました。 箱にいれた豆腐を頭に乗せて家まで持ってくるお年寄りもいました。

そういえば今でも観光施設の琉球村 に、一升瓶を頭にのせて カチャーシーを踊るおばあさんが います。ちょっとした知り合いです。

そういうのも 琉球の女性のものの運び方と 関係があるかもしれません。

今ではもう全くそういう姿は見えませんね。今では 物は車で運ぶものです。

 また、ガンシナーというのがあります。わらなどをドーナツ状にあんだもの。それを頭と物の間に入れると、安定します。

 旧盆のとき、すいかを仏壇にそなえますが、ガンシナーを新聞紙で作ってその上にすいかを置きます。これはいまでもぼくの実家ではやっています。ぼくもよく作りました。




改訂 ジュニア版 琉球・沖縄史 沖縄をよく知るための歴史教科書
 いい本でした。 沖縄、琉球の歴史を知ることは大切なことです。今の沖縄を理解するためにも必要です。

 日本の歴史はそれなりに知っていますが、沖縄、琉球の歴史は 詳しくありません。

 これまでも入門書を数冊読んだことがあります。その中でもこの本は入門書としておすすめです。

 教科書と書いてあるので包括的に きちんと書いてあるのでいいです。 ジュニア版なので やさしい。高校生ぐらいが ちょうどいいかな。 僕のレベルは高校生くらいだから、僕にとってもちょうどいいです。

 政治的立場かすると革新的な感じがします。 沖縄戦の 集団自決の問題、基地の問題、平和についてなどではそれがはっきりしています。

 僕の立場と同じなので 共感しながら読めましたが、保守的な人が読むと 反発するところもあるかもしれません。



Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生」増刷(3刷)
 Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生」増刷され、きのうその本が届きました。第3刷です。

 増刷されるというのは、売れているということですね。ぼくとしてはやはり、うれしいです。

 販売努力を続けている、朝日学生新聞のみなさまに感謝しています。



アフリカ分割、座喜味栄通り、普天間基地
 アフリカの地図を見ると、国境が東西または南北に直線に引かれている。 これは住民の意見を考えずに、ヨーロッパの人たちが 地図の上で線を引き、ここから向こうはあなたの国、こちら側は私たちの国にしよう、などと勝手に決めたからだ。そのために一つの民族が 別々の国に分断され、また違ういくつかの民族が一つの国民になった。それが 現在もアフリカで内戦が多い理由の一つだ。「アフリカ分割」と言う。

 僕が住む読谷村座喜味の集落の真ん中を、東西に一直線の車道が走っている。栄通りという。その通りの名は僕の舅が名付けたそうだ。公募があり、それに応募したら採用されたと生前語っていた。

 戦後かなりの間、座喜味の人達は 自分の集落に入ることができなかった。米軍がいて住民をいれなかったのだ。妻の両親も近くまでは来たのだが、座喜味の自分の家には戻れなかった。それで妻は家から離れたところで産まれた。戦後6年目の1951年のことだ。

 その住民が入れない間に、そこに住んでいた人のことはまったく考えずに米軍が勝手に東西に一直線の道を作った。以下はぼくの想像だが、車が通りやすいことだけを考え、ブルドーザーで家や畑をつぶしながらまっすぐに走ったのだろう。反対する住民はいないのだから、いくらでも勝手なことができる。

そのために家屋敷や畑の真ん中を道が通り、屋敷や畑は分断され、道の両側に小さな屋敷や畑ができた。わずかに残った土地は利用しにくいだろう。また班が分断され、その一部は飛び地になっているところもある。その補償があったのかどうかぼくは知らない。

 「アフリカ分割」とよく似ているではないか。
 アフリカでは国境で、座喜味では道路という違いはあるが、住んでいる人のことはまったく考えないで、別の国の人たちが勝手なことをするというところに共通するところがある。

 「普天間基地は田んぼのなかにあった。周りには何も無い。そこに商売になるということで住みだした」と発言する人がいる。しかし、普天間飛行場は、住民が収容所に入っているうちに、米軍が集落の点在する土地に建設したものだ。多くの住民は元の土地に戻れず、飛行場周辺の土地に住んだのである。

 それは座喜味の栄通りができた経緯に似ている。栄通りは、いまでも屋敷が分断されていることが見られ、米軍が勝手なことをしたという証拠として見ることができる。普天間基地の縮図を見る思いがする。



きょうの琉球新報に掲載されました。

sakaedoori.jpg


チョコフレークを買ってきてもらい、食べました。
  妻に頼んでチョコフレークを買ってきてもらいました。 長い間食べたことがありません。
IMG_20181010_212714.jpg

  新聞報道で 生産終了のニュースを読んだからです。

  僕はチョコレートそのものよりチョコフレークが好きです。 カリカリとしていて美味しい。

  ただお菓子類は自分で買うことはありません。
 糖分取りすぎは少し注意しているので 食べないようにしていました。

 でも生産終了 するなら もう一度食べたいなと思って 買ってきてもらったのです。

 やはり美味しいです。

  手がべたつくということで 売上が落ちているとのこと。
 妻は、それならスプーンで食べればいいのにと言ってスプーンで食べていました。

100円の炊飯器
 妻が100円均一のショップで 炊飯器を買ってきました。 炊飯器といってもプラスチック製で、 電子レンジで 作るものです。

  1合の米を入れ、200mLの水を入れ、中蓋をして、 きちんと閉まる蓋をし電子レンジに入れます。

  僕が 分量通りにやって作ったのですが、出来上がりは かなり固めです。
  でもしんまで火は通りちゃんと食べることはできました。 もう少し多めに水を入れればもっと美味しくなるかもしれません。
IMG_20181010_132105.jpg

  ただ1合だけのご飯を作るのも面倒ですね。

  普段は多めにご飯を炊き、それを おにぎり用のタッパーに 入れ冷凍保存。そして使う分だけ 電子レンジで解凍して食べています。

 炊きたてとほとんど変わらず美味しく食べています。 こちらの方が100均の炊飯器よりも便利です。

 多分100均の炊飯器はもう使わないでしょう。ただ、人によっては便利に使えるのではないかな。

翁長樹子(みきこ)前県知事夫人のスピーチで、浮動票が流れ込んだ??
 昨日 義姉に会いました。 雑談の中でさきの沖縄県知事選挙の話になりました。

  辺野古新基地建設反対の玉城デニーさんが 8万票の大差をつけて勝利した県知事選挙です。

  彼女の知り合いは 誰に入れようか迷っていたそうです。 いわゆる浮動票。

  県知事選挙投票の数日前に 琉球新報の1ページを使って 前の沖縄県知事翁長雄志さんの 奥さん翁長樹子(みきこ)さんの スピーチ全文が載っていました。

  9月22日。沖縄県那覇市の新都心公園中央広場で開催された「玉城デニー うまんちゅ大集会」でのスピーチです。

  義姉の知人はそれを読んで涙したそうです。 そして玉城デニーさんに投票することに決めたとのこと。

  あの 翁長夫人のスピーチは 効果あったのでしょうね。
  僕は 最初から玉城デニーさんに投票するつもりだったいわゆる固定票です。だからあのスピーチを読んで感動はしたもののそれによって変わったわけではありません。

 でもそれを読んだときに浮動票のかなりがそれによって 玉城デニーに流れる可能性はあるだろうなと思ってはいました。

  義姉の知人の話は、ただ一人の例ですが、ぼくが思ったことを裏付けるものだな、と思います。

翁長樹子(みきこ)さんの スピーチ

「先達はあらまほしきことなり」・・・ エンジンチェーンソーが動かない
 台風24号で 庭の大きな木が倒れました。その他 あちこちの枝が折れています。 片付けをしなければいけません。

 電動チェーンソーがあるので、それを出して カットしていますが、なかなかはかどりません。
 それで思い切ってエンジンチェーンソーを買うことにしました 。
 ホームセンターで 持ってみるとかなり重いので少し躊躇しましたが、買いました。

IMG_20181007_185753.jpg

 オイルを入れガソリンを入れ 説明書を読んでから動かそうとするのですが、 動きません。何回やっても駄目です。

しようがないので友人のYさんのところに教わりに行きました。

するといとも簡単に動いたのです。
見ているとスロットルレバーを引きながらロープを引いています。

そこが僕の間違い。 お礼を言って 帰りその通りにすると ちゃんと動きました。

  吉田兼好法師の徒然草に、仁和寺のお坊さんの話が出てきます 。

あらすじは
仁和寺のお坊さんが 岩清水の極楽寺に行きます。立派な門があったので そこを見て 帰ってきます。
後で話を聞くと、その後ろの 山の方が本物だとのこと。

そこで「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」 と書いています。少しのことでも、先輩ががいたらいいなということです。

 中学の教科書にあるので毎年教えていたので知っています。
  ぼくにはどうすることもできないことが、経験者には楽なことなのです。

 さて、僕は説明書 読み落としたんだろうなと思って確認すると、そうでもありません。

 説明書では 、チョークレバーを 閉めると自動的にスロットレバーが半開になるとのこと。
 説明書ではスロットレバーを引きながらロープを引くというのは書いてありません。

僕が読み間違えたわけではなく、 機械が少しおかしかったのでしょう。

 そういえば、Yさんは、ロックレバーをおしてもスロットレバーをロックできないと言っていました。

それにしても知人はそんなこと意に介せずにすぐに動かしていました。 やはり凄いです。

運動後の パンツは自分で水洗い
 毎日夜7時夕食前、 インターバル踏み台昇降運動を 45分間します。

 3分間ゆっくり歩くように昇降運動、次の3分は少し駆け足で。

  結構な運動で 汗がびっしょりです。 だから 服は脱いでパンツ一つだけでやります。 そのパンツが びしょ濡れになります。

  だいぶ前に妻に言われました。
  汗で濡れるから 臭くなる。 だから洗濯をする時に 手洗いをしているけど、 汗で濡れた後すぐに水洗いをしてくれたら 楽になる。

 洗濯は妻がやってくれるので、それぐらいは やらなければいけません。

  運動の後にすぐ 風呂に入ります。 脱衣場でパンツをぬいだら洗面台で、洗濯用の洗面器に水を貼り、 パンツを水洗いしてから風呂に入ります。

 それだけでも妻は楽になるとのこと。 毎日の日課になっています。

漢字の順序が間違い、さあ大変
 漢字練習ノートを作っています。
  漢字の部品になるものを学んでから、その組み合わせで新しい漢字を学ぶというもの。

  だから部品を学んでから その組み合わせで出来る漢字を学ぶという順序が大切になります。
  その順序が狂わないように神経を尖らせているつもりです。でも、ぼくの神経なんてたいしたことない。

  今は漢字の成り立ちを それぞれの漢字に入れる作業をしています。

  それを しながら 順序が狂っていないかチェックもします。

 「究」は、「穴+九」です。
  だから、穴と九を学んでから、究を学ぶという順序でなければいけません。

 漢字の成り立ちを入れるときに、究の番になりました。 穴を学んで直後です。九も学んだだろうなと思って チェックをすると、なんと九はずっと後の順序になっています。

  漢字を入れる時に注意しているつもりですが抜けてしまったのですね。

  それで「究」の項目を「九」の項目の後ろに移動しました。

  でもそれだけで終わるわけではありません。練習する漢字熟語を入れていますが、それも学んだ漢字で出来るものです。

 「追」の項目に、「追究」が、「研」の項目に、「研究」が、入っていたのでそれも修正です。

 その他にも究の入った熟語が、究を学ぶ前にないか注意しなければいけない。

心(こころ)→ 㣺(したごころ)→ 忄( りっしんべん)の順か
心が漢字の左側(へん)になる時には、忄(りっしんべん)になります。 横が狭くなるのですね。

りっしんべんの漢字は次のようにたくさんあります。
忙、快、性、悔、恨、悦、悟、悩、情など

 心が下につく時には㣺(したごころ)になります。 下に押しつぶされたような 感じです 。

 㣺のつく常用漢字は
恭、慕

  僕は、心は、㣺、忄の順に変わってきたのではないかな と考えています。

  㣺は 縦棒の左側に 点が一つ、 そして右側に点が二つあります。点の数が心とよく似ています。

それに対して忄(りっしんべん)は縦棒の左右に点が一つだけです。

心と忄を比べると 似ている感じがしません。

でも㣺の 右の点を 一つ取り除き縦に伸ばすと忄になります。

 心と忄のあいだに㣺をいれれば、つながりが理解できます。つまり、心→㣺→忄の順。

 忄のついた教育漢字(小学校で学ぶ漢字)はたくさんありますが、㣺のついた教育漢字はありません。恭、慕は、中学で学びます。

できれば、心と心のついた漢字(思、恩、忍など)を学んであと㣺のつく漢字を学び、そして忄に進めば わかりやすいかなとは思いますが、㣺のついた教育漢字はないので、それはできません 。

またネット上で「心は、㣺、忄の順に変わってきた」というのを探してみるのですが、 この順序に変わってきたというような記述は見つけきれません。

今度は停電中でもノートパソコンで仕事
 前の台風24号では 停電中に パソコンで仕事ができなかったことを書きました。

  すぐに台風25号がやってきました。

  今度は前もって Google ドキュメントを オフラインでも使えるように設定しておきました。

 木曜日に 台風25号が来て 夜に最接近。その頃には 数分だけ停電。

  翌日のきょう金曜日になり 、風はだいぶ弱まりました。 今回は停電なしで済んだと思ったら、 停電です。

 それで ノートパソコンを出してきて、 Google ドキュメントを開いてみました。 すぐに開けます。 順調に仕事が進みました。

 電気がつかないので、比較的明るい玄関に机を置き、そこでやりました。

  電気が来て wi-fi が 使えるようになると 自動的にアップロードしています。 とてもうまくいきました。

  この台風25号では停電は1時間ほどで 済みました。よかった。

自分より不幸な人がいると不満は和らぐ・・・ 台風24号と停電
  台風24号は猛烈な風が長時間吹きました。
  そのせいで 停電しました。14時間停電が続いて電気がついたかと思ったら 、30分ほどしたらまた停電。 結局27時間 停電でした。

  妻は家事ができないと はげしく怒っています。2回目の停電中、周りの家を見ると 少し遠いところは電気がついています。妻は外に出て見回ったそうです。すると、 停電をしているのは 僕らの地域の10数軒だけ。

  それを知って妻の怒りはさらに大きくなりました。なぜ自分たちだけが 停電になるのだと。 それで沖縄電力にも電話をかけるのですが 話し中でつながりません。

  地元選出の 村会議員に訴えようという話にもなりました。

 27時間したら やっと電気がつきました。その後妻は 買い物に出かけました。 するとあちこちのスーパーが停電のために営業していないし、信号機が点灯していないなど、停電の被害はまだ続いていました。

  僕らの家が復旧して後も停電が続いているところがあるのです。

  そして それを見て妻の怒りもだいぶ静まりました。
  そして台風が過ぎ去ってきょうで4日にもなりますが、新聞報道によると、まだ停電中のところもあるとのこと。

 作業中の沖縄電力の職員が 感電して意識不明になっているとのこと。

  そこでもう完全に妻の怒りはおさまりました。
  自分よりも大変なところがあるんだと思ったのでしょう。

 自分よりもさらに不幸な人がいると、不満が和らぐのですね。

  江戸時代には、農民の下にえた・ひにんという 身分を設けたとのこと。 農民は自分たちよりも不幸な人がいるんだということで不満が和らぐようにした政策だと教わりました。

  それは効果があったのだろうな。

台風24号で バナナが倒れる
 台風24号で長時間 猛烈な風が吹きました。僕の家は27時間ほど停電しました。 3日間、4日間停電しているところもあるようです。大変ですね。

 さて僕の庭も大被害です。 大きなクロキが倒れました。それに伴って そばにあったフクギは傾いています。
 その他 多くの枝が折れたりしてその片付けに追われています。
IMG_20181003_101611.jpg

 それから、もうすぐ実がつくだろうと楽しみにしていた バナナの木が2本倒れました。
IMG_20181001_101920.jpg

  バナナは風にとても弱いです。 少しの風で倒れてしまいます。

 バナナの木と言っていますが、幹のようにみえるのは、キャベツや白菜のように葉が重なったもの。草といったほうがいいような気がします。

 まだ自分の庭でできたバナナを食べたことはありません。 一つの木には実がついていますが、その木は大丈夫でした。
IMG_20181001_103510.jpg

 別の、十分に大きくなって、そろそろ実がつきそうだと期待していた木が倒れたのです。

 さっそく 生物に詳しい友人に電話をして、バナナを立て直す価値はあるかと尋ねました。

 「ある。 十分に水をかけて、そして支柱をするように」とのこと。

  それで 穴を掘ってバナナを立て、そして支柱をし、水をかけました。 さー、ちゃんと生き返って 実をつけてくれるでしょうか。
IMG_20181002_110129.jpg

 台風25号が近づいているようです。近くに来て風は吹かずに雨だけ降らしてくれればいいのですが。

 「人に嫌われるのを恐れよ」反面教師トランプから学ぶ。
 書店を回ると 「人に嫌われるのを恐れるな」というような本がたくさん並んでいます。

 Google で 「人に嫌われるのを恐れない」 を検索すると 次のようなのが、ずらずらと出てきました。

良い人は止めなさい!坂上忍さんに学ぶ、嫌われる事のススメ 嫌われる覚悟のある人間は強い - まつたけのブログ
嫌われることを恐れない人は人間関係の新陳代謝が活発に ... - 人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するコツ -
嫌われ恐怖症を抜け出せない原因は だった | 嫌いな人にすら嫌われるの ...
嫌われることを恐れない嫌われてなんぼ、わざと嫌われて楽に生きる
嫌われることを恐れるな! 成果を出す人の「ノー」という言葉の使い方 ...
「人から嫌われるのが死ぬほど怖い人」は人生の大半を損している ...
嫌われ恐怖症を克服する9つの方法 | 心理学の時間ですよ!!
「嫌われる」ことは人間関係の最適化である : まだ東京で消耗してるの?



 「 良い人をやめなさい」「 嫌われることを 恐れるな」などなど。
  言わんとしていることはよくわかります。
 嫌われることを恐れる人は八方美人で、だれからも好かれたい、だれにも嫌われたくないという人。
 それでは息が詰まってします。確かに、嫌われることを恐れないことも大切です。

  さてアメリカのトランプ大統領。
  あの人を見ると 嫌われることを恐れないで 自分の意志、欲求を通しています。 そして色々自分の都合のいいように 物事を進めています。

  今日の ニュースでは

米国とカナダは9月30日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」に合意した。


 アメリカ有利に導いた。そして日本に対しても強圧的な交渉をするだろうとのこと。

  僕はトランプ大統領が大嫌いです。 嫌われることを恐れないことによって、自分の利益になるかもしれません。

  でも自分の利益になったとしてもそのような人にはなりたくない。

  やはり 人に好かれることも 大切です。相手のことを思いやる心です。

 嫌われることを恐れよ、というのがトランプ大統領から学んだことです。

 日本の安倍首相も同じですね。
沖縄県民は今回の辺野古新基地建設NOの県知事を選びました。それでも、辺野古が唯一と押し続けるのでしょう。
あのようにはなりたくない。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.