FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「戠」の意味は、「しるしをつける」
 きのうのブログの記事に、Facebook友達からFacebook上でコメントをいただきました。ありがとうございます。

識、織、職の漢字は知ってますが、「戠」だけ単独で見ると何だったのかわからなくて戸惑いました。携わるという意味でもあるのでしょうか。言葉に携わって識る、糸に携わって織る、耳に携わって働く?


 それで、きょうのブログはそれへの回答ということで、ぼくの「部品の足し算で学ぶ漢字練習ノート(仮題)」からの抜き書きを載せます。

「戠」は、音読みで、「ショク・シキ」
意味は、 ①はに(粘土)。 ②しるし。しるしをつける。 ③ 集まる。

成り立ち:「音+戈」の会意文字。音は(おと→しるし)。戈は(ほこ)。「音+戈」で、(戈にしるしをつける)→(しるし。しるしをつける)。

識は、
形声:戠[シキ]がふくまれるので、識の音読みは[シキ] 

成り立ち:「言+戠」の会意形声文字。戠は、音(シキ→シキ)、意味(しるし→区別する)。言は(ことば)。「言+戠」で、(それぞれのものを区別して見分ける)→(よく見分けて知る)。

織は、
戠[ショク・シキ]がふくまれるので、織の音読みは[ショク・シキ]

成り立ち:「糸+戠」の会意形声文字。戠は、音(ショク・シキ)、意味(しるし→見分ける)。「糸+戠」で、(染め糸のもようを見分けながら布をおる)。

職は、
形声:戠[ショク・シキ]がふくまれるので、職の音読みは[ショク・シキ]

成り立ち:「耳+戠」の会意形声文字。戠は、音(ショク・シキ)、意味(しるし→見分ける)。「耳+戠」で、( 耳で聴いてよく見分ける)→(よく心得て見分けることができる仕事)→(しょくぎょう)。
スポンサーサイト




小学生の漢字を学ぶために日本ではあまり使われない漢字も学ぶ
 これまで、小学生の漢字を学ぶために、 中学生で学ぶ漢字や 常用漢字ではない漢字も学ぶことを 書きました。

  さて「戠」 の漢字は知っていますか。多分それだけでは 知らないと思います。 日本では ほとんど使われない漢字です。

  でも全く知らないわけではないですね。 識、織、職などの部分として 使われています。

  僕は今「部品の足し算で学ぶ漢字練習ノート(仮題)」を作っています。

 それで部品となる「戠」 を教えてから

 言+戠=識、糸+戠=織、耳+戠=職
 のように教えた方が覚えるつもりです。

 その他に

 畐、(福、副、富の部品)
 复、(復、複、腹の部品)
 㑒、(検、険、験の部品)

 なども 一応練習します。

 これも回り道のようですが、 かえって楽なのではないかな。

Yoji著「ひとりで学べる算数 小学3年生」にカスタマーレビュー

 Amazonで、Yoji著「ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にカスタマーレビューがつきました。

 うれしい内容です。ありがとうございます。


カスタマーレビュー
太郎商人
5つ星のうち5.0
いいです!

2018年12月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
約2カ月で183ページまできました。
無理なく得意科目になる予定です。
次はサピックスをやります。




現代の若者には、もっとわからないだろうな
 朝は NHK のテレビドラマ「まんぷく」を見ながら朝食をとります。

  まんぷくの主人公福子が黒電話で 電話をかけています。 その後ろに 婦人が座っています。

  妻が「この人誰ね?」と僕に尋ねました。

 僕は「店の人だよ。お店の電話を借りて かけているんだよ」と答えました。そこには駄菓子屋にあるような商品が置かれています。

 妻はすぐに納得しました。

  僕は 「現代の若者なら もっとわからないだろうね。説明されても」と答えました。

  僕が子どもの頃、 ほとんどの家に電話はありませんでした。 僕の家にもありませんでした。

  でも近くの 雑貨店などには 電話があり、そこの電話を借りてかけることがあったのです。

  学校への提出書類には、緊急連絡用の電話番号ということで近くの店の電話番号を書くこともよくありました。

  今は携帯電話 ですね。みんなが個人個人で電話を持っている。

  店の電話を借りるということは 現代の若者には ちょっと想像できないかもしれません。

 そういえば最近の若者は公衆電話のかけ方も分からないとか。 電話が通じない時に大変だそうです。

小学生の漢字を学ぶために常用漢字以外の漢字も学ぶ
 昨日は「小学生の漢字を学ぶために中学生の漢字を学ぶ」を書きました。

  中学生までに学ぶ漢字を常用漢字と言います。 通常用いられる漢字として重要なものです。

  さて 「也」の字を知っていますね。お馴染みだと思います。哲也、雅也など男の名前に使われます。

  この「也」は実は常用漢字ではないのです。ただ人名用漢字の中に入っています。

 「人名用漢字」とは、常用漢字以外に、戸籍法施行規則により人名に使用が認められている漢字です。

 常用漢字ではないので、中学生までに教えなくてもいいのです。

 でも部品としてはとても重要です。 地・池・他 などに使われています。

  だから也が分かれば、土と也で 地だよ。 氵(さんずい)と也で池だよ、と教えられます。

  でも通常だと小学生は也の字は学ばないのですから、そのような教え方は出来ないということになります。

  僕は今「部品の足し算で学ぶ漢字練習ノート(仮題)」を作っていますが、 部品として重要な也などの漢字は 学ぶことにしています。

 その方が回り道でも楽だと思うのです。

  常用漢字でない人名用漢字で重要なのは、 彦(顔の一部)、辰(農の一部)などたくさんあります。

小学生の漢字を学ぶために中学生の漢字を学ぶ
 「部品の足し算で学ぶ漢字練習ノート(仮題)」を作っています。
  基本的に小学生で学ぶ漢字です。

 「認」は小学6年で学びます。

 この「認」は「言」と「忍」との足し算ですね。
 「言+忍=認」です。

  そして「忍」は、「刃+心」です。

 だから、まず刃と心を学んで、 そしてその足し算として忍を学ぶ、 そして既に学んでいる言と 忍の足し算で認を学べばスムーズに学習ができるはずです。

  ところが 刃も忍も中学生で学ぶ漢字の中に入っているのです。小学生では学ばない。

 だから、小学生の授業の時に 「認は言と忍の足し算です」と教えることはできないのです。

  僕は 小学生の漢字を 学ぶために、中学生の漢字も 学ぶように作っています。

 だから 「認」を学ぶ前に「刃」と「忍」を学ぶのです。この方が 回り道でも、楽に 学習が進むと思っています。

連体形終止形の係り結びは、倒置表現によって始まった
 古典の重要なものに「係り結び」というのがあります。中学生にも教えます。

 ただ僕は 係り結びを中学生に教えるのは愚かなことだと考えています。

  以前次の文を書きました
係り結びを中学生に教えるおろかさ


 僕は中学生に係り結びの説明を十分にすることができませんでした。

 係り結びというのはどんなものかの説明は、いろんなところにあります。でも、納得いく説明に出会うことができなかったのです 。

 それで、不本意ながら「ぞ・なむ・や・か・こそ」がつけば係り結びだと答えなさいと中学生には教えました。

 国語のテストで結構出題されるのです。

  さて 大野晋著「日本語の文法を考える」を読みました。

  そこに 係り結びの説明があります。

 

連体形終止の係り結びは、倒置表現による強調から始まったのである


  とのこと。

  倒置表現というのは 現代口語にも あります。
 「僕は走る」というのは普通の表現ですね。それを
「走るよ、僕は」にする。要するに逆立ちさせるのです。

 それが倒置表現です。倒置表現にすると強調されることが分かると思います。

 「くやしき、今そ(悔しい思いをする時は今である)」というのが普通の表現。

 それを
「今そ、くやしき(今なのだ、悔しい思いをする時は)」というのが倒置表現。 それが係り結び 表現になったということです。

  何か少し理解できたように思います。
 今なら、中学生にも少し納得のいく説明ができそうです。


沖縄の動詞の活用などを考慮すると 新しい考えが開けてくるかもしれない
 大野晋著「日本語の文法を考える」(岩波新書)を読みました。

  大野晋氏は、 なぜ日本語の動詞の活用形がこんなに色々種類があるのかを考えます。

  そして 日本に文字が やって来る前のことまで考えます。
  すごいですね。文字がないのにどのようにして考えるのか。 シャーロックホームズが 目の前にあるものを見て、 そしてそこで何が起こったのかを推理する、そのような感じがします。

  または 自然科学者が実験結果から 法則を導くような感じ。

  そこで 那覇の方言の動詞の活用形を検討をするとということでいろいろ書いています。 内容は省きます。

  そしてそれによっていろいろ仮説を立てています。

 それでもまだ分からないところがあると言って、次のように書いています。

  沖縄の動詞の活用の形態の変化、あるいは新しい形の作り方などを考慮に加えることによって、新しい面から考えが開けてくるかもしれないと思っている。


 僕はウチナーンチュ(沖縄人)ですから、沖縄が出てくると、やっぱり興味がわきます。

  昔、生徒の頃に、 先生から聞いたのかはっきり覚えてませんが、 柳田邦男が沖縄の方言の「ありがとうございます」に当たるに「ニフェーデービル」を聞いて、これは「二拝でございます」である、沖縄の言葉は古い日本語だというようなことを言った、とか。

 ネットで確認しようとしたのですが探せません。

 沖縄の方言はほとんどは 日本語の漢字で置き換えることができます。 沖縄の方言の中に日本の古い言葉が残っているというのもよく聞きます。

  それで沖縄の方言を 研究することによって日本の文字のない時代の 言葉の研究も できるのでしょうね。

  別のところに
 

大概taigaiが[te:ge:]に


 という箇所があります。 沖縄方言とは書いてませんが、「テーゲー」は沖縄でよく使う言葉です。 「大概、いい加減」という感じ。

 ちゃんと約束を守らないとき、「あの男はテーゲーだからな」というように 馬鹿にするようなところもあります。

  とにかく沖縄の言葉を研究すると 日本語の研究も深まるということなのでしょうね。

「ゲームをしるとき」「ゲームをしれば」・・・ サ行変格活用が上一段活用に変わる
 今日は国文法の話を書きますが、 文法が苦手な人でも分かるように易しく書くつもりです。 できれば読んで下さい。

  まずは

次の( )の中に 適する言葉をひらがな一文字で 書いてください。とても簡単なテストです。「す」か「し」が入ります。

 お母さんと約束したので、2時間以上はゲームを( )ない。
  昨日は3時間もゲームを( )た 。
 ぼくは毎日2時間ゲームを( )る。
  面白いゲームを( )る時には、周りの音が聞こえなくなる。
  ゲームばかり( )れば、お母さんに叱られる。
 勉強になるから このゲームを( )ろ、と父に言われた。


 どうですか。「し、し、す、す、す、し」になれば正解です。

 昨日は大野晋著「日本語の文法を考える」について書きましたが、大野さんは、 これが変わってきているし、今後は全て「し」に変わるだろうと言っているのです 。

 つまり
 ぼくは毎日2時間ゲームを(し)る。
  面白いゲームを(し)る時には、・・・
  ゲームばかり(し)れば、・・・


 になる とのこと。

  これはただの思いつきの考えではありません。大野さんは 大昔からの日本語の変化を 研究してきています。だから日本語の文法がどのように変わってきたたかよく知っています。その流れから 今後はそのように変わるだろうと予測しているのです。

  そしてこの本によると

  東京の周辺の 千葉県・埼玉県・神奈川県に、今の方言的な活用として
  そうしるか  そうしればいい
  のように終止形・連体形・已然形に、シル、シル、シレの形を使う人が多く現れている


 といいます。

 僕がセルフ塾をやってる頃に、 中学生に最初のようなテストをさせたことがありますが、 間違う人が多いのです。

 「そうしれば」「そうしる時」のような答えをする人が多かったのです。

 「す」になったり「し」になったりする「する」の活用を「サ行変格活用」と言います。このように変な活用を覚えるより、すべて「し」にした方が楽ですね。

 すべて「し」の活用を上一段活用と言います。
 つまり、「サ行変格活用」が「上一段活用」に変わる、と言っているのです。

 言葉は変化します。大野さんが予言しているような方向に進むように僕にも思われます。

 間違った使い方でも、多くの人が使えば、それが正しいということになります。

大野晋著「日本語の文法を考える」・・・ 良い本です
  国語塾の先生をしている Facebook 友達が Facebook 上で紹介していたので読んでみました 。とても良い本だと思います。 おすすめです。

 ただし僕にはかなり難しかった。 なぜなら僕は高校時代に 古典の授業がつまらなく思い、文語文法をほとんど身についていないからです。

 ただ、塾で中学生に 口語文法を教えたのは少し役に立ちました。

 文語文法といえば、 こうなのですそのまま覚えなさい、という感じです。

 「なぜそうなのですか」 という質問をしても、たぶん納得のいく回答は得られなかったでしょうね。

 大野氏は、 この文法がなぜなのかというのを徹底的に追求しています。係り結びとはなになのか、動詞の活用はなぜいくつもあるのか、など。

 姿勢として自然科学者を思わせます。いろいろ材料を集めて、なぜか、なぜか、と執拗なまでに追求して、仮説を立てます。

  そこがまた論理的で 面白い。 説得力があります。

  僕に国文法の知識があれば もっと面白かったのにと思います。

  僕は6割程度の理解でとにかく最後まで読み切りました。 いい加減な性格なので。

 それでも面白かったです。 おすすめです。



光学文字認識(OCR)と音声入力
 昨日書いた「本からの引用や手書きの文の活字化では音声入力がずっとずっと楽」に、 Facebook 上で友達からコメントをいただきました。ありがとうございます。

  光学文字認識(OCR) はどうだろうかとのことです。

 光学文字認識(OCR)は、スキャナーや写真で撮った文字を読み取って、PC上でタイプしたようにするものです。

  それで今回はそれについて書きます。

  だいぶ前のことですが、 ジャパネットたかたからコンピューターを買った時に OCR のソフトがついてきました。

 それでその頃は OCR をよく使っていました。 便利だなーと感心したものです。

 その頃から音声認識・音声入力はあり利用していたのですがまだ精度がかなり低かったです。

  それで本からの引用などの時には OCR を使うようにしていました。

  現在 Google で無料の OCR が使えます。 次のページを 参照してください。

意外と知られていない「Googleドライブ」OCR機能で文字起こし検証→かなり使えそうでしたのでご紹介

  僕もやってみました。なかなかいいです。
  ただ 活字の質などによるのでしょうが、認識率では音声入力の方が勝っているように思います。
 また 数行程度の短い文の引用の場合には、OCR の操作をするよりも音声入力でやった方がずっと楽です。

OCRが読み取るのは一瞬ですが、その前にスキャナーで撮る、ソフトをあける、そこに貼り付けるなど、操作をいくつかやらなければいけません。

  大量の文を読みとらすのなら OCR でもいいのかもしれません。

  どちらもできるようになって、 ケースバイケースで使い分けてもいいのかもしれません。

 もう1年以上、OCRを使っていません。精度が高くなっているかもしれませんね。


本からの引用や手書きの文の活字化では 音声入力がずっとずっと楽
 音声入力についていくつか書いてきました。

  僕は音声入力が楽なので、 ほとんど音声入力でやっています。

  その中でも ずっと楽だと思うのは、本からの引用や手書きの文の活字化です。

  本を見ながらそれをコンピューターで タイピングして活字化する 場合、本を見て タイピングしますが、 画面も見てどんな字が使われているかなど確かめますね。 結構面倒です。

  僕も一応ブラインドタッチ(キーボードを見ないで タイピングすること)はできます。それほど上手ではないのですが、まあまあ速いです。

 ブラインドタッチでやっても本の引用は結構面倒です。ぼくが短期記憶が苦手なせいもあるでしょうが。

  それに比べると音声入力の場合には、本を見て読み上げれば 活字になっています。 もちろん間違いはいくつかあるので 後で手直ししないといけないのですが、最初からキーボードでやるより音声入力の方がずっとずっと楽ですね。

ホワイトハウスへの辺野古請願署名
 きのうの琉球新報1面トップは次の記事でした。


ホワイトハウスへの請願署名10日間で8.4万筆 目標10万の過半数超える 米大統領へ「新基地止めて」

署名開始から30日以内(来年1月7日まで)に10万筆が集まれば、ホワイトハウスが請願内容を検討し、60日以内に何らかの返答が届く仕組みになっている。


 のだそうです。

 Facebookで、友達が呼びかけていたので、ぼくはそこから入って署名をしました。
 もう目標の10万筆は集まったそうですが、締め切りの1月7日までに集まったのが多ければ多いほどいいそうです。

 それで、ぼくもここで呼びかけることにしました。

署名をする人は次をクリック
ホワイトハウスの請願サイト

PCの場合、右側の
 First name に、名(下の名前)
 Last name に、姓(上の名前)   
 ぼくは、ローマ字で書きました。漢字が認められるのか分かりません。

 Email address にメールアドレスを入れます。

 名前とアドレスを記入したら、Sign Now をクリックします。でも、これで終わりではありません。

 記入したメールアドレスにメールが届きます。
 ぼくの場合には「迷惑メール」に入っていました。
 届かない人は、迷惑メールもチェックしてください。

 そのメールの
 Confirm your signature by clicking here.

 をクリックしたら終わりです。

 スマホの場合は、最初に「Sign Now」をクリックしたら、姓名、メールアドレスを記入できるようになります。

  一人でも多くの人が署名して、辺野古の基地建設がストップすることを望みます。


トランプ大統領は退任時に起訴され刑務所に
 安倍総理大臣もそうですが、 アメリカのトランプ大統領には早く辞めてもらいたい。

  こんなにひどいことをしているのに、なぜまだ大統領に留まっているのか。支持率も高い。

  ロシア疑惑、女性との不倫 問題 などなど。 その他いろいろ 問題のあることをしています。 二酸化炭素の環境問題、イランの核問題、 中国との貿易摩擦、 イスラエルの大使館、移民政策、銃規制の問題 などなど。

  政治に疎い僕でも、 何も見なくても色々出てきます。

  いま世界で一番強いのがアメリカ。その大統領なのですから、世界で一番権力を持っている人と思ってもいいでしょう。

  そういう男が ひどい。 早く辞めてもらいたいとずっと思っています。なぜまだ続いているのか。

  さて12月12日の琉球新報に次の見出しの記事がありました。

 

トランプ氏の再選阻止訴え 解任の前 FBI 長官


 こういうのには関心があるのでちゃんと読みました。その記事の最後のところを引用します。

  来年1月に下院情報特別委員長に就任予定の民主党のシフ議員は9日、米メディアに
「トランプ氏は大統領退任時に起訴され、刑務所に行くという非常に高い可能性に直面する」との見解を表明した。


  これは僕にとっては朗報です。 そうあってほしい。

  本当は今すぐにでも辞めてもらいたいが、最悪でも次の大統領選挙大統領選挙には トランプ氏を打ち破る 候補者を立ててほしい。 絶対にトランプを破って、そして刑務所に送ってもらいたいもんだ。

IMG_20181212_143425.jpg

音声入力の最大の欠点は声が周りに聞こえること
 スマートフォンの音声入力について 書きました。

  それに対して Facebook 上で、

「声を出すと自分の書いてることが外部に漏れるのが気になるという人もいるのかも」
「スマホに向かって喋るのが何だか照れくさいです。 誰もそばにいなくてもです」

 というコメントがありました。

 確かにそうです。 音声入力の場合にはもちろん声を出すので周りに聞こえてしまいます。
  だから近くに人がいると聞かれているということになり、なかなか声が出ません。

  僕は誰もいない書斎に入ってこのブログを音声入力で書いています。 誰にも聞かれないからなんとかやっています。

 確かに、誰に聞かれるわけでもなくても 照れくさいというのも分かります。 そこは何とか慣れてクリアしました。

 僕はフユーナムン(怠け者)なので、少しでも楽なものが あればそれに飛びついてしまいます。
  恥ずかしがり屋でもありますが、それよりも 楽をしたい気持ちが強いのです。

 楽をするために色々苦労をするのですが、そこのところの苦労は楽しむことができます。

 とにかく、慣れると音声入力は とても楽です。

  街の中で長文を書く必要が ありました。 恥ずかしい気持ちはありましたが、自動販売機の陰に隠れるようにして音声入力で作文しました。



この Yahoo カードは マスターカードだよ
 友人がガラケーから スマートフォンに変えました。 その時に 店員に勧められたと言って カードを作ったそうです。 Yahoo カードです。

彼は、 店を見るとYahooカードはなかなか使われていないなと言っています。

  僕に見せてもらうと、その Yahoo カードにはちゃんと「Master」と書かれています。マスターカードです。

  これはマスターカードだよ。カードが可能な店ならマスターカードならまずほとんどの店で使えるはずだよと言いました。

  これは Yahoo カードだと思っているので何か理解できないようです。 確かにそうですよね。 僕も最初はそんなもんだっただろうと思います。

  これは Yahoo がマスターカードを扱っているという感じかな、よくは分からないけど、とにかく Yahooカードなんだけども マスターカードだよ、という曖昧な説明しかできませんでした。

恩を返せると思ったのに
 月に1度か2度ですが、酒を飲みに行く時には妻に送迎してもらっています。 ありがたいです。 恩に感じています。

  さて 妻が通っている ソーイングクラスで 忘年会をやると言っています。

  僕はその時とばかりに 「送迎は僕がやるよ」と言いました。

  すると 忘年会は 昼食会になる、アルコールも出ない、とのこと。 だから送迎はいらないと言われてしまいました。

  主婦は夜に家を空けることを しないからだそうです。

 少しは恩を返そうと思っていたのですが・・・。

指で入力することが上手い人が音声入力に移行しない理由
  昨日は 「スマホの音声入力が広がらない理由」を書きました。

  音声入力は かなり便利です。 しかし、音声入力のやり方を知って後でも、PCやスマホに指で入力することが上手い人はなかなか音声入力に移行しません。

 それはひとつには、指で入力することに慣れてしまったので今更ということでやらない ということでしょう。

 でも僕は別の理由もあるように思います。以下は、勝手なぼくの仮説です。

 指で入力するときは、考えながら入力できます。
  しかし 音声入力は考えて後にしか 入力できません。
  考えながら音声入力をすることは 難しいです。 無理と言ってもいいかもしれません。

  考えることと話すことは、脳の同じ部位で行なっているのではないでしょうか。 どちらも言語の部位で。だから同時にはできない。

 また、指で入力していると、文が目の前に出て来るので、それを見ながら考えることができます。しかし、音声入力はそれはできません。

  考えながら 入力をすることに慣れてる人は、だから音声入力に移行するのが難しいということでしょう。

  僕は、このブログも、 スマートフォンに音声入力をしてから パソコンで その文章を手直ししています。 結構楽です。

  ただ スマートフォンに向かう前に何を書くのかをかなり頭を使って構想し、ある程度きちんとまとめてからスマートフォンに向かいます。

  だから考えながら指で入力をするということになれたら、そちらの方が楽なのでしょう。

 以上の理由で、指で入力することが上手い人は音声入力に映らないのだと僕は思っています。

スマホの音声入力が広まらない理由
 スマートフォンは便利だ。いろんなことができる。それだけではなく、最近はとても使いやすくなっている。

 一番使いやすいと思うのは、音声入力だ。スマートフォンに向かって しゃべると、それが文字に変換される。 メールでも LINE でも、喋るだけで文字になって文ができ、送ることができる。認識率はかなり高く、間違いが少ない。

 しかし、この便利な機能だが、利用している人がとても少ない。音声入力を教えると、こんなこともできるのか、初めて知ったとおどろく人が多い。なぜか考えてみた。

 スマホの使い方がわからない場合には、大抵は子どもか孫に「教えてちょうだい」と言ってお願いするのだろう。

 だから教える人は若者ということが多い。若者はスマホの使い方に長けている。指でヒョイヒョイと文字を入力していく。かなり速い。不自由を感じないのだ。

 だからおばあさんやお母さんが教えてとやってきた時には、教えてあげるのだが、それは指での入力方法なのだ。若者たちにとってはそれが一番いい方法だと思っているからだ。しかし、おばあさんやお母さんには、そのハードルがとても高い。教わった通りにやろうとしてもうまくいかないので、進まなくなり、あきらめてしまう。

 音声入力を教えてあげればいいのだ。若者たちは自分では指でやって構わないが、お母さんやおばあさんが習いに来たら、音声入力を教えてあげよう。そうすれば、スマホを楽しんでくれる。そのためには若者も音声入力の方法を知る必要があるのだが。

きょうの琉球新報声の欄に掲載されました。


スマホ音声入力

僕は運転免許更新の認知症検査に引っかかるかも
 高齢者になると運転免許更新の時に認知症検査をするそうです。ぼくはそれに引っかかるかもしれないなという不安があります。

  最近物忘れが あります。 でもそれは周りの同年代の人の話を聞いても同じくらい です。 まだ認知症にはなっていないでしょう。

  自分で言うのもなんですが、 僕は頭は悪い方ではないと思っています。

  ただ記憶力は悪いです。 学生の頃、社会科や英語など暗記科目は苦手でした。 それを数学や理科で点数を稼いで、なんとかやっていました。

  さて テレビなどで認知症の簡単な検査をすることがあります。 その時には 記憶力の検査ですね。

  例えば 15のものを見せて、 しばらくして後 思い出させるというもの。

 思い出したのが〇〇個以下だと 認知症の可能性があるとか。

 僕は、不安なので、テレビと一緒にやるのですが、成績は悪いです。 思い出しきれない。

  記憶力は 若い頃から悪かった上に、歳をとってさらに悪くなっている。

  簡単な認知症テストは 記憶力のテスト。そうすると運転免許更新の時にやる認知症テストも記憶力のテストの可能性が大きい。

  そうすると僕はそれに引っかかって 免許が更新できないかもしれないな。

 数学のような問題を出してくれたら絶対に合格するんだけど。

宿泊希望者には 車の有無を確認
 最近、東京・大阪などの大都会では 運転免許取らない若者が多いそうですね。 電車やバスなど公共交通機関が発達しているところでは、それで十分で、自家用車はかえって不便だのでしょう。 分かります。

  沖縄でも、那覇辺りで生活するには大抵 バスやモノレールで十分のようです。

  でもここ読谷村はまだまだ田舎です。 電車はもちろんないし、バスも 1時間に一本あるかな。利用したこともないのでよく分かりません。

 とにかく車がないと生活できません。

  ここでは90歳になっても免許を返上しない人が少なくありません。年をとっても車がなければ生活ができないのです。

 簡易宿泊所(民泊)をやっていますが、 車がないと不便なところですと、宿の説明には書いています。
  でもそれだけでは不十分なようです。

  宿泊所を以前からやっている知人の話では、前もって 車があるかどうか 確認のメールをするそうです。

  僕もそれに見習って そうしています。
 メッセージで送ると、それによってキャンセルをするお客がこれまで2組ありました。
宿泊所の説明を読んでも、なんとかなるだろうと思うのでしょうね。

  キャンセルになってでもいいから、それは確認した方が良いと思っています。 車なしで来られると かえってこちらが大変だ。

自分の家のマップコードを見つける
  簡易宿泊所( 民泊)をやっています。

 宿泊する予定のお客から マップコードを教えて欲しいというコメントが届いたことがあります。その時僕は知らなかったので、 わからないと返事をしました。

  先日も別のお客からもマップコードを 教えて欲しいと届きました。

 カーナビにそのマップコードを入力すると、場所がすぐ分かり、カーナビが導いてくれるようです。

 それで ネット上を色々調べてみました。すると自分の家の マップコードも検索できました。

  次のページにアクセスして、そして左上の 検索枠に 住所を入力すると マップコードが左下に出てきます。

Googleマップでの日本マップコード検索

 それを送りました。ちゃんと宿泊客は来ることができました。ただ、住所やグーグルマップのURLも送ってあったので、マップコードが本当に役に立ったのか、分かりません。

 尋ねるつもりでしたが、忘れてしまいました。

 今後も使うつもりなので、それが正しく カーナビ上で表示されるかどうか確認したいです。

  僕の車にはカーナビは付いていません。
  それで近くの友人にお願いしました。

  彼は 車で来てくれて 僕と一緒にマップコードを確認しました。マップコードを入力するとちゃんと僕の家をカーナビ上で示してくれました。

 マップコードが分かるとカーナビで楽に検索できて便利だろうなと思います。次回からは宿泊客が来るときに知らせてあげるつもりです。


クメノサクラの種を植える
 沖縄のサクラの多くはヒカンサクラ(緋寒桜)です。1月ごろ寒いときに咲く、赤い花です。

  本土のソメイヨシノは沖縄では咲かないそうです。

 ソメイヨシノに近い花が クメノサクラ。それは 沖縄でも咲きます。

 本島本部で咲いていたのを見物に行ったことがあります。

クメノサクラ の花見に

sakura3.jpg

 また那覇市首里でも咲いていました。
 首里の桜を見に行った時、さくらんぼを拾い 家に持ち帰りました。

那覇市首里のクメノサクラ

  果肉は 出芽を阻害するとネット上に書いてあったので、それを剥ぎ取り 冷蔵庫に保管していました。

  12月になり 種を植える時期です。
 庭の4箇所の地面に2個ずつ植え、まだ残っているので ポットに 植えました。

  さあ無事に芽が出て、大きくなり花を咲かせてくれるかどうか。 楽しみにしています。

玄関も ボタンを押すだけでロック解除できればいいのに
 15年以上乗ってきた車を廃車して、新しい車を買いました。

  今は 鍵をポケットに持ってるだけで、 ドアのボタンを押すとロックが解除され、車中に入ることができます。

  そしてエンジンもボタンを押すだけ。 車外に出てロックするのも指一本でできます。

 その間、 鍵をポケットから出す必要はないし、鍵穴に挿す必要もない。 慣れてくると便利なものです。

  すると人間というのは欲が出てきます。

  玄関のロックを解除するためにポケットから鍵を出して鍵穴に差し込むのが面倒くさくなってしまいます。これも指一本でボタンを押して ロックが解除して家の中に入ることができればいいのになどと、欲深いことを考えてしまいます。

  でもそのうちに本当にそうなるかもしれませんね。
いや、そういう家がもうすでにあるのかも。

ボイスレコーダーとスマホの音声入力で1日の行動記録
 イスラエル旅行のフォトブック作りをやっています。
  イスラエルに行く時、面倒くさがって そこで使える wi-fiや simカードは準備しませんでした。 それで 観光中インターネットに繋がりません。

  行動記録はスマートフォンのメモ帳 Google Keep に 指でやりました。 インターネットに繋がらなくても音声入力をすることはできますが、 認識率がとても低くなります。

  それで指でやったのです。 まだまだ若者のように速くはできません。それでメモがだいぶ少なくなりました。

  フォトブックを作っていると 記録が少ないので何を写した写真なのか 分からないことが多いです。

  そこで考えたのが ボイスレコーダーを使う方法です。 以前はずっとボイスレコーダーで記録していました。

 次回の旅行からは、ボイスレコーダーとスマホの音声入力を使って観光メモをとろうと思います。

  その練習をしています。
 毎日の行動記録を ボイスレコーダーでまず入れます。 そして翌日、コンピューターが立ち上がる間に、 その行動記録を連続再生し 、スマートフォンの 手帳ジョルテに音声入力で文字化(テキスト化)しました。

  直接声で入力するのと同じくらい 認識率が高いです。 見事です。
 これは使えそう。

  ただ旅行の時には、雑踏の中で ボイスレコーダーに 録音することになります。それもちゃんと音声入力が聞き取ってくれるかどうか。

昔の生活様式は股関節にいい?
  妻の話です。

  トイレに入るために列に並んでいました。
  前にいたお年寄りの番になり、 進んで行きトイレのドアを開けて中を見て、 そしてすぐに戻ってきて、妻に、 あなたが行きなさいと言ったそうです。

  妻がトイレのドアを開けると、そこは和式トイレだったのです。

 最近のお年寄りは和式トイレを避け、洋式トイレを好むとのこと。

 レストランには 椅子にかけるテーブル席と 畳の座敷がありますね。 僕も楽なので出来ればテーブル席を選びます。

  でも母と一緒の場合には絶対にテーブル席でなければいけません。 母は畳の間に座れないのです。

 法事には多くの人が集まります。 お年寄りが来る時にはちょっとした椅子を準備しなければいけません。 畳に座ることのできないお年寄りが多くなっているのです。

  僕の子どもの頃は、お年寄りほど和式トイレを好み、畳の間を好んでいたのではないか。 多分それまで和式トイレ、畳の生活の慣れているので、それを好んだのでしょう。

  和式トイレや畳に座るのがダメなのは、股関節の 痛みのせいのようです。では、昔の人は股関節の痛みはなかったのか?

  先日 NHK の番組「チョイス」で股関節のことをやっていました。 僕は大丈夫ですが、妻には股関節の痛みがあります。それで 僕も一緒に見ました。

  するとそれに出てきたゲストの医者がちらっとですが、
 昔の人は和式トイレや畳の間に座るので股関節に痛みがなかったのようなことを言ってたと思います。
  話の内容の中心ではなかったし、流れていったので、はっきりそうかは分かりません。僕にはそういう意味に聞こえました。

  そしてストレッチをすれば 股関節は良くなるとのこと。

  昔の人は和式トイレに座ったり、 畳の間に座って、毎日のようにストレッチをしていたということではないのかな。

  だから昔のお年寄りには股関節の痛みが現代のお年寄りのようにはなかったのではないか。

  今更テーブルをやめて、畳の間にしたり、和式トイレに変えることはできないでしょうね。テーブルや洋式トイレのほうがずっと楽ですから。

 でも 楽な生活をしていると、しっぺ返しがくるのかも。

ガーデンシュレッダーとブラックホール
 台風24号でたくさんの枝が折れ、結構大きな木も倒れました。 その後片付けをしています。

  一箇所にその枝を集めておくとかなりの量になります。 それをガーデンシュレッダーで細かくしていきます。

  ガーデンシュレッダーにかける前は 枝が大きく張って 嵩張っています。

 植物は太陽の光を葉で受けようとするので、広がるのですね。

  それがガーデンシュレッダーで細くすると、小さく小さくなりバケツに落ちていきます。 とても小さくまとまってしまうのです。

 あんなに大きかった 物がこんなに小さくなってしまうのかと思う。

  これを見ているとブラックホールもそんなものなのだろうなと思います。

  僕らの体もそうですが、 物質は 隙間だらけだそうです。 太陽も空の恒星たちも。

  それにものすごい大きさの引力が働くと押しつぶされてしまう。 すると小さく小さくまとまったブラックホールができるのだとぼくは理解しています。

 ガーデンシュレッダーによって、大きく張っていた枝が小さくまとまるようなものなのでしょう。


年寄りの LINE は、豚に真珠
  旅行に行きたい人を中心としたモアイをしています。これまで、中国、南イタリア、ベトナムなどに行きました。

  そろそろ 旅行に行きたいという声があり、 一人がイギリスに行きたいといい、他の人もいいだろうとなりました。

 新聞朝刊の 広告でイギリス旅行が出ました。 前にも同じ広告があったのですが、その時には対応ができませんでした。

  かなり安く、燃料サーチャージなどは別途ですが、10万円を切ります。それはどうだろうか。

 ほとんどが僕と同年配、 まあ高齢者、年寄りです。

  最近は年寄りもスマートフォンを持つ人が多くなりました。 旅行に行きたいメンバーのほとんどがスマートフォンを持っていて、 そして LINE をしています。

  LINE でなら連絡もできる、ということで、 早速 新聞に広告が出ている、どうするかと グループにして送りました。

  ところが 「既読」になるのもとても遅いです。 そして返事が全く来ません。 ダメならダメでもいいのですが、何らかの返事が来ないと話は進みません。

  残席はわずか、とあるので、少し焦ります。

 しばらく経っても返事が来ないので、結局は連絡役のUさんに電話で伝えました。

 そのUさんも、ラインをしているのですが、一人ひとりに電話をかけて連絡しているようです。そして、みんなで集まって話し合うことになりました。

  ラインを使えばいっせいに連絡できるし、集まらなくても決められる内容です。
 ラインという便利なのがあるのに、年寄りは使いこなせない、 豚の真珠 だなあと感じています。

 まあ僕もその年寄りの一人ですが。

庭のシークヮーサーを収穫、豊作です
 庭に植わっているシークヮーサーの実を収穫しました。

  庭にはシークヮーサーの木が 5~6本植わっていますが、 そのうちの1本に たくさん実がつきました。
IMG_20181202_100938.jpg

  台風でいくらかは落ちたのですが、それでも結構残っています。

  黄色みがかってきたし、少し虫がつき始めたので収穫しました。 残さずすべて収穫。 1時間あまりかかりました。
IMG_20181201_101512.jpg

  2箱も採れました。ヘルスメーターで 重さを量ると およそ12 kg。
IMG_20181202_114835.jpg

  僕の庭で初めてこんなに採れました。

  味わってみても とても美味しいです。酸っぱさはありません。

 甘味は少し足りないかな。

  自分の家の庭で採れたので大満足です。

チョコレートを食べて健康に
 ピンピンコロリを目指して 健康に気をつけています。 健康のためと言うと、 甘いのを食べるな、運動をしろなど、あまり面白くないことが多いです。

  先日11月28日の NHK あさイチを見ていると、 チョコレートを 食べると健康になれるとのこと。
 これは嬉しい。

  毎食3食前、朝食と昼食の間、昼食と夕飯の間の1日5回、チョコレートを食べるというもの。1回1個5gで、1日に25g。

 ただし、カカオが70%から80%のチョコレート。カカオにはポリフェノールがたくさん含まれていて、 それが肝臓に良いらしいのです。

 ポリフェノールはすぐに分解されるので、少しずつ時間をおいて食べた方がいいそうです。

  それで肝臓が良くなって身体全体も健康になる。

  大雑把に言うとそういうものです。ぼくはその程度に理解しています。

  これは嬉しく続けられそうです。

  早速妻がスーパーに行き、70%カカオのチョコレートを10袋 買ってきました。少し計算違いをして多めに買いすぎたらしいのですがね。

 レジの人は「10袋ですよ」とびっくりしていたとのこと。

 まだ習慣化されていないので、食べるのを時々忘れることがあります。 それで、思い出した時にテーブルの上に 次に食べる1個を置くようにしています。

  まだ数日しか経っていませんが、 これは続けられそうです。

  ただそれで健康になったかどうかは分からないし、 これからもわからないだろうな。 今でも 調子は悪くないのだから。

 「あさイチ チョコレート」で検索するとたくさん出てきます。例えば、

カロリー消費には「チョコレート」を食べろ!3食・間食前にボリボリと1日25 ...
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.