FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Google ドキュメントと OpenOffice そして ワード の間に描画の互換性がない
 漢字練習ノートを作っています。これまではテキストの部分なので Google ドキュメントで作ってきました。

  これから 象形文字、指事文字の成り立ちを図で描写しようと思っています。
  象形文字は図を描くことで理解できます。 漢字の一番面白いところ。

  Google ドキュメントにも図形描画の機能があります。それでしばらく象形文字の成り立ちを図示してきました。後で Word に移れるかどうか 気になりながら。

  ある程度来たところで、まずオープンオフィスのライターに うつしてみました。

  書斎で使っているデスクトップのコンピューターには Microsoft の Office は入れていません。結構な値段がするからケチったのです。
  ダイニングルームではノートパソコンを使っていますが、それにはMicrosoft の Office が入っています。

 Google ドキュメントの描画を オープンオフィスで開けるかどうか見てみました。全く駄目です。 真っ白。少しも出てきません。 これではだめです。

 それでオープンオフィスのライターの描画機能を使って 少し図を描いてみました。 そしてノートパソコンのワードで開いてみました。

  図は出てくるのですが 全くバラバラです。頭と胴体、手足がバラバラに表示される。 これも駄目です。

  マイクロソフトのオフィスを買ってデスクトップに入れようか考えたのですが調べるとやっぱり高い。もったいない。

  そして考えついたのがノートパソコンをダイニングルームと書斎で行き来させてワードで作るということです。
 少しだけ面倒ですが、それで仕事を進めています。

 次の象形文字「女」の図です。

成り立ち:なよなよした女の人の絵からできた象形文字。

女の象形文字


スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.