FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

(スマートフォンの忘れ物は)いくつかございます

先日ファーストフードのお店 A & W 北谷美浜店に入りました。 閉店間近の時間です。

そこを出て 家に帰ってから スマートフォンがないのに気づきました。 妻のスマホから電話をかけても近くでも車の中でも呼び出し音が聞こえません。

A & W に忘れてきたのだと思いました。 そこで少しいじったのを覚えています。

時間が遅かったので翌朝早くに 電話をかけました。

「スマートフォンの忘れ物がありませんでしたか?」 と僕が尋ねると
「いくつかございます。 機種は?」

と尋ねられました。

しばらく考えてなんとか機種を思い出し答えると 「ございます」とのこと。

すぐにスクーターで行って 貰ってきました。 「ありがとう御座います。また利用しますね」と言って僕は店を出ました。

スマートフォンを 紛失するというのは僕にとって大きな出来事です。 でもそれがいくつかあるというのが面白いな。

そういう忘れ物も多いのですね。

そしてそれが ちゃんと 手元に戻ってくる日本がありがたい。 そういうのはなくしてほしくない。

スポンサーサイト

歯科医院でニュートン

インプラント治療で歯科医院に通っています。

先日の治療の時には研修医でしょうか誰かに教えながら先生が治療を行いました。

ぼくは目は閉じていますが、口と耳は開いているので、話が聞こえてきます。

その時先生が「10ニュートン」というのが耳に入りました。

ニュートンというのは力の単位で中学生の理科で教えます。

僕が学生の頃は力の単位は g 重でした。 学習塾を始めた頃もそうでしたが、途中で完全に力の単位はニュートンになりました。

単位がニュートンになっただけで特に難しい概念ではありません。 僕は楽に教えることができました。

しかし机上だけのことで実体験としてはほとんどニュートンに出合ったことはありません。

知人の建築家と話した時にニュートンが使われていると言うのは聞いたことがあります。

僕は治療が終わった後先生に伺いました。 「先ほどニュートンとおっしゃっていたと思いますが、力の単位のニュートンですか?」 と

先生は「そうです。今は力はニュートンで表すようになっています」と教えてくれました。

そして歯の治療に使う器具を僕に見せて、
「これは10ニュートンのレンチ(?)でそれ以上の力をかけると曲がり力がかからないようになるんです」と教えてくれました。

とても良い勉強になりました。 もうニュートンという単位が定着しているところもあるのですね。


LINE はトークで Facebook はスピーチ

LINE は便利で楽しいですね。 僕はいくつかのグループに参加し、楽しく使っています。

ただそのうちの一つでちょっと使い方が違うんではないかなと思うのがあります 。

LINE のグループで自分にとって関心のあることを長々と 一方的にコメント している人がいるのです。

こういうのはブログや Facebook でやってほしい。

そこで LINE と Facebook についての違いを考えてみました。

LINE はトークです。 トークというのは会話をすること。 会話をするというのは言葉のキャッチボールです。

A 君が話したらそれに対して B さんが返事をする。 そういうのが トークですね。

グループでの LINE は居酒屋でのおしゃべり、 会議の場での議論の感じがします。 お互いに会話をし合います。

それに対して Facebook はスピーチという感じがします。 スピーチというのは一方的に話すことです。

学校の朝礼で校長先生が長々とスピーチをする。 そういうものです。 演説会の演説、講演もスピーチです。

Facebook だとスピーチをしても構いません。 Facebook は自分のページがあります。 そこは自分がどのように使っても構わない。だから自分に関心のあることを 長々と話してもいいのです。

聞きたくない人は無視すればいいのです。

LINE のグループで長々とスピーチをされたら迷惑です。 話している方はみんな興味をもって聞いていると思っているかもしれない。

朝礼の話も みんなが関心を持って聞いている と 校長先生は 思っている。 しかしほとんどの生徒は もう早く終わればいいのにと思っている。

居酒屋の酒飲み友達との間で長々と一人だけが話をするというのをイメージしてもいでしょう。

LINE は直接それぞれのメンバーに届けられます。 着信音が鳴って LINE にマークがつく。 だから見てしまいます。

一方 Facebook はタイムラインに並ぶだけです。 Facebook を開けて 眺めそして 開けなければ目に入りません。

それによって LINE と Facebook の違いが出てきます。

LINE の場合、スピーチがそれぞれのメンバーに直接に届きます。無視するのが難しい。

Facebook の場合には一方的に発信して 読みたくないテーマなら無視するのも簡単です。

スピーチなら Facebook でやった方がいいと思います。



サイドブレーキを強く引きすぎだよ



 昨日は僕にとっては 大したことのない 無水鍋バーミキュラの 重さが 妻には とても重く感じることを書きました。

妻が容器の蓋を開けてと僕に頼むことが度々あります。

「車のサイドブレーキを強く引きすぎだよ。元に戻すのが大変だ 」と妻に言われたことがあります。

僕は特にブレーキを強く引っ張っているつもりはありません。 何気なく すっと引っ張っているだけ。 それでも彼女にはきついようです。

妻が乗った後に車に乗るとサイドブレーキがゆるいなと感じます。

そういうところで 男と女の力の差を感じますね。

僕は日頃体を使った仕事をしていないので 力には自信がないです。 平均よりも 劣っているかも。

一方妻は男勝りです。 力が必要な仕事も出来るだけ自分でやろうとします。

だから女性の中では強い方になるのではないかな。

それでも僕の方が妻よりも力は強い。 やはり男女の 力の差は大きいようです。

これは一般的な能力の差を言ってるわけではありません。 女性を差別する気は全くありません。

女性は女性の優れたところを持っていると思っています。


バーミキュラの欠点は重いこと
きのうの記事に、フェイスブック上で友人から質問コメントがつきました。

無水鍋の バーミキュラを使って・・初めて見た鍋です。カレーはかなり水を使いますが、無水鍋ということは?この鍋の利点とかあれば教えてください。


(以下はぼくの返事です)
レシピによると完熟トマトの大きいのを4個使っています。

トマトと玉ねぎから出る水分で十分ということでしょう。 レシピには水が入っていません。

実は僕は完熟トマトが無かったので水を たっぷり入れました。

その後バーミキュラでマッシュポテトを作りました。 大さじ4杯の水を入れ、 その上にクッキングペーパーを敷いて、 弱火で加熱しました。

普通の茹でるのとは全く違います。

ゆで卵も大さじ2杯の水で出来るようです。

そうすることで野菜の旨みが味わえるのだそうです。 ただ味音痴なのでその違いは僕には分かりません。

妻のために僕が注文して買いました。 料理が楽になるとの宣伝だったからです。

火にかけてそのままほっておくことができます。

僕は具材を鍋に入れて IH ヒーターを1時間弱火でセットしてそのまま自分の書斎で仕事をしていました。

1時間後にカレーのルーを溶かし予熱で温めただけ。
とても楽に料理ができました。

でもこの無水鍋バーミキュラはほとんど使われていません。

妻によると 重くて使う気になれないとのこと。

確かに他の鍋と比べると重い 。 でも僕にとってはそんなに気にならない重さです。

その鍋の重さ、鍋とふたとの間に隙間がないことで、無水鍋になるようです。

妻が留守にすると僕はこの鍋を出してよくカレーを作っています。




頂いた野菜でカレーを作る

酒飲み友達のUさんからじゃがいもと玉ねぎをたくさんいただきました。

彼は周りからじゃがいも博士と言われるくらい立派なじゃがいもを作ります。 今年は玉ねぎのできも上々とのこと。

僕は彼に、傷ものなどでいいから欲しい、いいのは売るか、他の人にあげなさいと言っています。

それで傷のついたものや半分腐れたかったもの、そしてピンポン玉ぐらいの小さなものも入っています。

ピンポン玉大のじゃがいもを見て妻が「作る人はこんな小さなものでも可愛いんだよね」と言っています。

近所のKさんからは人参をたくさんいただきました。

UさんもKさんも農薬を使わず、有機栽培にこだわっています。

じゃがいも、人参、玉ねぎといえば、僕の大好きなカレーです。

それでカレーを作りました。 ピンポン玉大のジャガイモもたくさん入れました 。

カレーのルーと肉は買わなければいけない。

出かけたついでがあったので 夜9時を過ぎた頃にスーパーに行きました。 時間が遅いせいで惣菜が半額になっています。

チキンのフライをいくつか買いました。

それをカレーに入れます。 その方が少し贅沢だけど美味しいです。 半額だからぜいたくとも言えないかな。

無水鍋の バーミキュラーを使って僕が作りました。

美味しいのができたと思います。 頂いた野菜と半額の肉、それがまたいいですね。


スマホの音声入力は、とんでもないつづりをすることがある

きのうは、スマホの音声入力のいいところを書きました

 しかし、スマホの音声入力は、とんでもないつづりをすることがあります。

 老人会の書記を4月からやっています。前書記(女性)にはいろいろアドバイスをいただいていますが、LINEで、

「9中井町」というのが入ったトークが届きました。

 なんのことなのか、まったく分かりません。

 直後に「前会長」との訂正がすぐに届きました。

 後日談ですが、彼女は、LINEを送ってあとにすぐ間違いに気づき、慌てたとのこと。それで、すぐに修正のLINEを送ったのです。

 前会長の名前は「喜友名(キュウナ)」。

 彼女は音声入力で、「キューナカイチョウ」と言ったのです。

 そう思って「9中井町」をよく見ると「キューナカイチョウ」になっていますね。

 スマホのAIは、「キューナカイチョウ」と聞いたが、どう表せばわからないので「9中井町」としたのです。笑い話ですね。

僕も似たようなことはよくありますがこれは傑作。

 音声入力は固有名詞が苦手です。織田信長、宮本武蔵などの有名人はちゃんとつづってくれますが、ぼくの友人の名前などはめちゃくちゃ。

 前書記も、それに気づいて「前会長」としたのでしょうね。かしこい判断です。

 スマホ音声入力のくせを知りながら使うことが大切です。 


気ずく? 気づく? 音声入力なら大丈夫


SNS の中で「気ずく」 とありました。

送りがなが間違えています。
正しくは「 気づく」 ですね。

学習塾をやっていた職業病なのでしょう、 他人の文や言葉遣いなどのあらを探す癖が付いています。

「気ずく」なのか「気づく」なのか、 また「片ずける」なのか「片づける」なのか。 「ず」と「づ」は発音が同じなので難しいです。

僕は「気をつける」だから「気づく」、「片をつける」だから「片づける」と覚えています。

でも色々あり難しい。 元々国語が苦手なので自分にも間違いは多いだろうと思います。 自分の間違いというのはわからないものです。

さて音声入力ならそういう間違いはなくなります。
 
「気ずく」と思いながらしゃべっても、ちゃんとスマホ(AI)が判断してくれて「気づく」にしてくれます。

そういうところは 間違いが少なくなっているのではないかな~。


スマートフォンのグーグル翻訳でOCR



OCR というのは、紙に印刷された文字をコンピュータが読み取ってキーボードで打ったような文書にすることです。

そうすることで文章中に引用したり それを手直ししたりメールに送ったり 色々できます。

前にスマートフォンの文章スキャンのことを書きました。

楽にスキャンできるだけではなく 出来上がった文字が結構くっきりしています。 これなら OCR もできそうだなと思いました。

それと同時にこれはスマートフォンの Google 翻訳でできるのではないかというアイデアが浮かびました。

Google 翻訳というのは 例えば日本語を 英語に翻訳するものです。
結構便利です。

Google 翻訳では 文章で書かれた日本語を写真で撮りそれを 英語に訳します。

その時に 日本語も 読み取り文章として表示されます。 その部分は結局 OCR をしているということですね。

そのつもりで早速やってみました。 見事に 紙に書かれた文章を 読み取って画面上に 出てきました。 90%以上 読み取っています。

これは使えます。 先日は老人会の会則を 読み取ってみました。

いくつか間違いはありますが それを直すのもたいしたことではありません。 結構楽にスマートフォンに会則を取り入れることができました。

それを Google Keep に保存しました。 老人会の会則をいつでも スマートフォンで確認できます。

前にコンピューターで OCR をするのは便利ではあるが プリンターのスキャナーを使って取り入れたりするのに少し面倒だと書きました。

それに比べるとスマートフォンのスキャナーは一体化したりしてるので比較的楽です。

OCR 専用のスマートフォンアプリもあるようですがわざわざそれを入れる必要もない。


ぼくの教材に、学校で習わない内容が多い理由
 きのうはYoji著「ひとりで学べる理科 中学1年生 」にもアマゾンカスタマーレビューを書きました。

 以前に紹介したのですが、理科中学1年生のカスタマーズレビューに次のようなのがあるのが目に入りました。


可憐
5つ星のうち1.0使えませんでした。
2016年7月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
同じことが何度も出てきて、覚えられるようになっているようですが、
学校で習わない内容が多くて、子どもは困惑しています。
無料音声講義も、期待していましたが、あまり必要性を感じない内容でした。
しかも、先生のなまりがひどくて、とても聞いていられません。
正直、なぜ他の人が高評価なのかわかりません。


 酷評ですね。

 それにコメントを残しました。次の通りです。

 著者の仲松です。
 ぼくの本を購入されたとのこと。ありがとうございます。
 使えなかったことは、残念に思います。
 ご指摘のように、ぼくの本には、学校で習わない内容が多いです。
 学校の教科書には、結論だけ書かれていて、なぜそうなるのかが書かれていないことが多いです。
 ぼくの本は学校の授業の単なる繰り返しではありません。
 ぼくは教科書、学校の授業を理解するためには、こういうことも知る必要があると思われることはこの本に積極的に盛り込みました。特に理科は「なぜ」を重視する科目です。そのなぜが分かるようにしたのです。
 ぼくになまりがあることは自分でも分かっています。ただ、ぼくも本土の人と話す機会はありますし、本土の大学を出ました。なまりのせいで会話が成り立たなかったことはありません。なまりがあるのは、欠点だとは思っていません。
 お子様は困惑させてしまってことは、申し訳なく思っています。



Yoji著「ひとりで学べる理科 中学1年生 」にもアマゾンカスタマーレビュー
 まだありました。これで終わりのようです。
 Yoji著「ひとりで学べる理科 中学1年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にもアマゾンカスタマーレビューがついていました。うれしいですね。

きゅうぴい
5つ星のうち5.0基礎的な事から

2019年2月5日
Amazonで購入
超基礎的な事から、繰り返し繰り返しできるようになってます。また、時々おもしろ問題もあり楽しんで学習してました。。高校内容もあるといいのに。




ひとりで学べる中学理科1年




Yoji著「ひとりで学べる算数 小学5年生」にもアマゾンカスタマーレビュー
 アマゾンカスタマーレビュー去年の12月からチェックしていなかったので、まだありました。
 Yoji著「ひとりで学べる算数 小学5年生(朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にもアマゾンカスタマーレビューがついていました。ありがたいですね。

カスタマーレビュー
なかよし
5つ星のうち4.04年生を購入していたので、5年生も

2019年2月19日
Amazonで購入
いわゆる参考書という感じです。普段海外にいますが、子どもの復習に使用しています。本自体は分厚く、内容も多いです。練習問題も多い方だと思います。ただ、字の書体なのか慣れている旺○○と比べると、文字は見づらいかな?と感じますが、子どもは文句も言わず解いています。




ひとりで学べる算数小5




Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生」にもアマゾンカスタマーレビュー
 2年、4年につづき、Yoji著「ひとりで学べる算数 小学6年生(朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にもアマゾンカスタマーレビューがつきました。いい評価なので、うれしいです。
 3年から6年までやったというのは、本当にうれしいですね。こちらこそありがとうです。

カスタマーレビュー
Amazon カスタマー
5つ星のうち5.0感謝をこめて


2019年3月11日
Amazonで購入
もうすぐ中学生になる息子が3年生からずっと愛用し続けてきました。
前の学年の1月から9月くらいまでにかけてゆっくり取り組みました。その後は当該学年の学びを深くするような勉強をしていました。
卒業を間近に控えた今、安心して自信を持って中学に送り出せます。

本人もこの「ひとまな」が大好きでした。
中学の参考書で、このシリーズがないのが本当に残念だそうです。

よーじ先生、ありがとうございました!




ひとりで学べる算数小6
 


僕が作った教材が分厚い理由

 僕が作った教材は確かに分厚いです。
それについて最近は次のように説明しています。

高い山があります。 その登山ルートは2つ。

その一つはかなり垂直に近い道です。 垂直に近いので距離はとても短い。 時間的にも早く行けます。

しかし坂がかなりきついです。 途中ロッククライミングのようなところもあります。

鍛えた人なら早く山頂に立つことができます。 しかしで登るのを挫折する人も出てきます。

もうひとつのルートはとても緩やかな坂道です。

だから山頂までの道のりはかなり遠いです。 時間もかなりかかります。

それでも坂が緩やかなので一歩一歩楽に登ることができます。 素人でもピクニック気分で登山を楽しむことができます。

教材にも大きく分けて2種類。 厚いものと薄いもの。

力のある人や復習の為にするのなら薄い教材でいいですね。

でも力のない人や初めて学ぶ場合には薄いと 学習するのが難しいです。 理解しないで進むか挫折してしまいます。

僕は実際に学習塾で生徒達に使わせながら教材を作ってきました。
生徒がつまずきやすいところは 教材が難しいからだと思い、 わかりやすいものに作り変えてきました。

低い階段を一歩一歩登るようになイメージで作って行きました。 Step by Step です。

そのようにして作って来たのですからかなり厚くなってしまいました。

全ての子どもたちがとまではいきませんが、 ほとんどの子どもたちがほとんどつまずくことなく学習が進むように作ってきたつもりです。

分厚いのは学習する者にとって大変な面もありますが一方楽に分かりやすい面もあるのです。


Yoji著「ひとりで学べる算数 小学4年生」にもアマゾンカスタマーレビュー
 きのうはYoji著「ひとりで学べる算数 小学2年生」にアマゾンカスタマーレビューがついたことを書きましたが、
 Yoji著「ひとりで学べる算数 小学4年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にもアマゾンカスタマーレビューがついていました。

 ぼくの本が分厚いのは本当ですね。それについては明日書こうと思います。

カスタマーレビュー
なかよし
5つ星のうち5.0分厚い問題集


2019年2月27日
Amazonで購入
小学4年生ぐらいまでが、ほとんどの問題集はそこまで厚くないと思います。
しかし、この問題集は分厚い!苦笑
復習に使用している我が家。息子一人で問題を解き。ミスしたところは自分で解決しています。
問題数もとても多く、一年で終わるかな?と思ってしまうほど分厚い





ひとりで学べる算数小4


Yoji著「ひとりで学べる算数 小学2年生」にアマゾンカスタマーレビュー
Yoji著「ひとりで学べる算数 小学2年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)」にアマゾンカスタマーレビューがついていました。

 よい評価です。ありがとうございます。

カスタマーレビュー
まま
5つ星のうち5.0予習、先取りにも非常に使いやすいです。

2019年1月18日

形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
算数に興味を持った娘にほんの少し予習のつもりで購入。
教科書ワークなども検討しましたが、解説と例題がより丁寧なのでこちらを選びました。
一つのポイントごとに項目が作ってあり、そこを読んでからすぐ下の問題にチャレンジする方式で、本当にスモールステップなので抵抗なく取り組めていたように思います。
一つだけ不便だった点は、当然ですが二年生の漢字まで使用されているため、漢字の先取りが間に合っていない我が家では何度も漢字の読み方で躓いてしまいました。それ以外はとても使いやすくて良かったです。
三年以降も購入していきたいです。



ひとりで学べる算数小2


環境にやさしいミツロウワックスラップ
去年の年末から年始にかけて40日間セルフ宿に宿泊した韓国人のスンさんとイタリア人のマルコさん夫妻が訪ねてきました。

彼らは今沖縄に住んでいて amazon などを利用して商品を販売しています。

その商品がミツロウでワックスされたラップです。

野菜などの食品を包んだり、 食べ物を入れた容器をラップすることができます。

そのままでは硬いので手で少ししわをつけてから使います。

サランラップなどより新鮮さを保つことができると言っています。

何よりもいいのは環境にやさしいことです。 使用後は洗って繰り返して使うことができます。

今プラスチックゴミが問題になってますね。 海の動物にとっては死活問題です。

木綿の布にミツロウをワックスしたものなので完全に自然なものです。 最終的には分解されて土に戻ります。

繰り返して1年ぐらい使えるそうです。

大中小3枚入って2500円くらい。 少々高いかなとは思います。

でも繰り返して使えること、 環境にやさしいことを考えれば多くの人に使ってもらいたい。

次は彼らのホームページ Facebook のページです。

ホムページ

AMAZON

フェイス ブック

七つの間違い探しを堂々と

新聞などに「7つの間違い探し」というのがありますね。
二つの似たような絵がありその 違っているところを探すパズルです。

僕はこういうものは好きでつい夢中になってしまいます。

でもただただ遊んでいて 時間を浪費しているようで、後ろめたい気持ちになります。 古い人間なのでしょうね。

高校のクラスメイトが Facebook で
1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真という本を紹介していました。

見るだけで目が良くならと思い買ってやっています。

その中に六つの間違い探しがあります。 七つの間違い探しと似たようなもの。

それをやると、目にも脳にもいいと書いてあります。

間違いさがしが目と脳にいいのなら、 後ろめたい気持ちになる必要はありません。 遊びではないのです。

最近は積極的に 堂々と間違い探しをするようになりました。


脱 IT で健康に

老人会の書記になったこと、 会長はショートメッセージは出来るが、メール、 LINE はできないことを書きました。

少し長い文になるとショートメッセージで送ることはできません。

しょうがないのでプリントアウトして届けることになります。

僕の家と会長の家は100m あまり離れています。
スクーターに乗っていけばすぐです。

でもこれくらいの距離ならウォーキングを兼ねて歩いて行ってもいい。

会長の家までは坂道を上っていきます。 少々きついのですが頑張って歩いて行き、 郵便受けに原稿を投函しています。

そしてショートメッセージで原稿を届けたこと伝えます。

面倒なことではありますが健康にはいいですね。

脱 IT で健康にです。


老人会書記の難しさ

コンピューターが使えるということで 老人会の 書記になってしまいました。

第1回の評議員会を終わりそして明日は第1回の 定例会です。

ある程度仕事をしました。

その中で学習塾でやってきたことと違う難しさがあることを感じています。

学習塾をやっている頃は 頭であり手足でした。 コンピューターで文章を作るのですがそれは自分が考えたことを文章化するだけです。

もちろん同僚でもある 妻に色々相談しながらでした。

老人会の 書記の場合にはどちらかといえば 手足であり頭ではありません。

僕も意見をいうことはできます。 でも基本的には 会長の考えに沿って文章を作るということになります。

または 評議員会で 述べられた意見をまとめて文書化するのです。

だから会長や他の評議員などの意見を聞かなければ コンピューターに向かうことも できません。

ある程度予想はしていましたが、 頭ではなく手足になるのも結構難しいものです。


スマートフォンの進化は人間の工夫をなくす
昨日はスマートフォンのカメラ機能に文章をスキャンがあることを書きました。

僕がスマートフォンを使い始める決心をしたのは、野口悠紀雄著「クラウド超仕事法」を読んだからです。

その直後に同じ野口悠紀雄監修による「図解スマートフォン超活用法」を買って読みました。

この本には
手書きメモや新聞記事などの紙データをスマートフォンで撮影するためのローンチングパッドというのが紹介されています。 野口悠紀雄さんが考案したものです。

紙データの真上から平行に写真を撮るようになっています。だからできた写真は長方形になります。

厚紙で作るもので展開図があり、作り方が詳しく載っています。

いろいろ工夫して作ったものですね。

その頃にも台形補正用アプリがあったようですが、使い勝手が 良くなかったのでしょうか。

きのう紹介した文章スキャンならとても手軽です。 それだけで十分。

ローンチングパッドのようなのを作る必要はありません。

いろいろ工夫をしなくてもスマートフォンに頼りばいいんですね。

スマートフォンがどんどん進化してそれに頼ることが多くなっています。

僕らが工夫をすることもなくなっているのです。 工夫をする力がどんどんなくなっていくのでしょう。

でもスマートフォンの便利さを利用して、別のところでいろいろ工夫し仕事をはかどらせればいいのかも。



スマホカメラの文章スキャナー



スマートフォンのカメラをいじっていると 文章スキャナーという機能があるのに気づきました。

どんなものかなと思いながら いじってみました。

スキャナーで とったようなものができます。 用紙を平行に撮したような形。

普通にカメラで写すと斜めからになるので 長方形の紙も台形になりますね。

文章スキャナーにセットして カメラを向けると 画面上に見える 用紙に青い 枠ができます。 その枠は台形です。

そして シャッターを切るとしばらく処理をしている感じでぐるぐる。

その後出来上がった 写真は綺麗に長方形になっています。 台形を補正して長方形にしてくれるという機能です。

出来上がりもピントが合って文字が耳はっきり読めます。

いいのがあるな、と これは使える 思いました。


僕らが墓に一番近いよ

さる土曜日はシーミー(清明祭)を行いました。

沖縄のお墓は大きいです。 先祖代々の人たちがそこに入っています。

その子孫たちが墓の前に集まり、先祖と交流するのです。

食べ物をみんなが持ちより墓の前で食べます。墓の前のピクニックという感じ。

去年はおばがいました。 そのおばは現在施設に入っていて今年は欠席です。

目の前にいる参加者を眺めているとみな僕より年下なのに 気づきました 。

妻は僕より1歳年上なので彼女が最年長。 そして次が僕です。

これまではこういう場に参加すると、おじやおじが必ずいました。

それが一人一人欠けていき、そしてついに僕らが最年長になったのです。

お墓(死)に一番近い存在になってしまったのですね。

僕は66歳。そうなってもおかしくない年齢です。

このようにして死をだんだん身近に感じるようになるのでしょう。


音取りにいいキーボード


混声合唱団よみたんに入団しました。
歌を覚えなければいけません。

楽譜と CD を頂きました。
僕はテノールです。

CD はテノール専用のものです。

楽譜もどこを読めばテノールなのかわかります。

でもそれだけでは素人の僕はすぐに歌えるようにはなりません。

ギターを持っているので最初は 楽譜を見ながらゆっくりギターでメロディーを引いて覚えて行きました。

ギターは両手を使います。 それで少々面倒。

おもちゃのようなものでいいからキーボードはないかなと思いました。
それでネットで検索すると キーボードがヒットしました。

カシオ32ミニ鍵盤電子キーボード。
3317円です。 この値段なら試してもいいね。

でも 電池式です。電源からつながった方がいい。

それで アダプターも注文しました。 それが1736円。 5000円を超えましたがまあいいでしょう。

届いたキーボードは結結構しっかりしたものです。 コーラスの音取りには最適。

短い時間でも気軽に取り出して練習をしています。 それでも苦労をしていますが。



混声合唱団よみたんに入団しました

今年の1月に混声合唱団よみたんに入りました。

この合唱団には妻の友人二人もが入っています。 その二人は 保育園、学習塾関係で僕もよく知っています。

数年前にコンサートがあり妻に誘われて聞きに行きました。
歌を歌うのは好きです。 だから この中に入って歌えればいいなと思っていました。

読谷村座喜味老人会のサークル歌声にはその合唱団の二人も加わっています。

その二人から合唱団に入らないかと誘われたのです。 素人でも大丈夫とのこと。

喜んで入団を決意。 今年の1月に加わりました。

毎週水曜日7時半から 9時頃まで 読谷村文化センターで練習します。

現在の 練習曲はフォーレのレクイエムと いのちの歌。

フォーレのレクイエムはラテン語の歌です。 とてもとても難しい。

こんなに難しい曲はこの合唱団も初めてとのこと。 他の合唱団員も難しいと言っています。

入団したばかりの僕はとても大変です。 でも入ったからには何とかついていこうと頑張っています。


ひげの手入れ


僕はあごひげを生やしています。
よく、ひげの手入れが大変でしょうと言われます。

ひげの手入れはあまりしません。
髭を剃る人は数日剃らないと 無精髭になり 目立ちますね。

その点僕らは髭が少々伸びても あまり目立ちません。
4~5日に1回程度 手入れをするだけです。

口ひげが唇にかからない程度に切りそろえ、 頬の髭を剃り、 下唇の下の髭を剃ります。数分で終了。

何か集まりがあったりして他人に会う時には前日に手入れをします。

だから僕の顔を見る人は 手入れをしたばかりの 僕を見るのです。
僕はいつも手入れをしているように見えるのですね。


何とかしてほしい沖縄南のバス停



那覇市首里で飲み会がある時には沖縄 自動車道の 高速バスを利用します。
沖縄市池武当バス停でバスに乗り那覇インターチェンジで降ります。

途中に沖縄南バス停があります。

この沖縄南バス停は料金所の外にあるのです。 料金所を通って自動車道をおりてバス停に行き そしてまた料金所通って自動車道に戻ります。

料金所から出るまでは結構渋滞します。 料金所までにかなり時間がかかりそしてやっとバス停に着くのです。

乗車客の乗り降りがある場合はまだいいのですが、 乗る人も降りる人もいないことがあります。

何のために渋滞する料金所を通過したのか馬鹿らしくなります。

バス停を料金所の外に作ったのは何か理由があるのでしょうね。 でも不便でしょうがないです。

できれば他のバス停のように自動車道沿いに作ってもらいたい。

とりあえずは何らかの形で 乗る人がいるかどうかを確認できるようにして 利用者がいない場合には料金所から出ないということもあっていいのではないかな。


良かった前川喜平氏の講演会

4月1日琉球新報ホールで行われた 前川喜平氏の講演会に、 妻や友人達と一緒に行ってきました。

とても良い講演会でした。

前川喜平氏は元文部科学省の 官僚。

組織の中では上からの命令は絶対ですね。

憲法違反だと思われる命令にも従わなければいけない。

そこで彼は面従腹背をします。

表面だけは服従するように見せかけて、内心では反対することです。

八重山の教科書問題 集団自決の問題など具体的でとても面白かった。

理想はについても語っていました。

理想を持つことが大切で、現実の中でそれをどう実現させるか。

官僚の場合にはそれがとても難しいだろうと想像をされます。

忖度という言葉が流行りました。

上司はこう考えているだろうと 先回りして悪いことをする 人がいかに多いか。

そうではなくて、こうあるべきだという理想をきちんともち、それ現実の中でどう実現させていくのか。

前川喜平さんはそれをやって来たのです。

素晴らしいですね。

多くの人に前川さんの講演も聞いてもらいたいです。



こういう本もあるのですね。おもしろそう。


「 令和」 と共に菅官房長官を見る不快さ

新元号が「令和」になりましたね。

平成の時代を振り返るとき、テレビでよく映し出されたのが「平成」を発表する当時の小渕官房長官。

小渕官房長官はその後総理大臣にもなりました。 彼は沖縄のことも親身に考えてくれ、 歴代の総理大臣にとしては好ましい人物でした。

だから彼の顔を見ても特に問題なし。

きのう「令和」 の文字を示したのは菅官房長官です。

彼は安倍首相と共に沖縄をいじめている中心人物。 嘘つきでずるがしこい 人です。
僕は大嫌いです。

安倍首相や菅官房長官がテレビに映す出されると テレビを消すかチャンネルを替えます。 顔も見たくありません。

今後何かがあると「令和」を持った菅官房長官がテレビに映し出されるでしょう。 チャンネルを替える間もなく、 一瞬でしょう。それでも不快に思うはずです。

今後そういうことが数多く起こるのかと思うだけで虫酸が走ります。


2019年3月のセルフ塾ブログ拍手ランキング
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.