FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

僕が作った教材が分厚い理由

 僕が作った教材は確かに分厚いです。
それについて最近は次のように説明しています。

高い山があります。 その登山ルートは2つ。

その一つはかなり垂直に近い道です。 垂直に近いので距離はとても短い。 時間的にも早く行けます。

しかし坂がかなりきついです。 途中ロッククライミングのようなところもあります。

鍛えた人なら早く山頂に立つことができます。 しかしで登るのを挫折する人も出てきます。

もうひとつのルートはとても緩やかな坂道です。

だから山頂までの道のりはかなり遠いです。 時間もかなりかかります。

それでも坂が緩やかなので一歩一歩楽に登ることができます。 素人でもピクニック気分で登山を楽しむことができます。

教材にも大きく分けて2種類。 厚いものと薄いもの。

力のある人や復習の為にするのなら薄い教材でいいですね。

でも力のない人や初めて学ぶ場合には薄いと 学習するのが難しいです。 理解しないで進むか挫折してしまいます。

僕は実際に学習塾で生徒達に使わせながら教材を作ってきました。
生徒がつまずきやすいところは 教材が難しいからだと思い、 わかりやすいものに作り変えてきました。

低い階段を一歩一歩登るようになイメージで作って行きました。 Step by Step です。

そのようにして作って来たのですからかなり厚くなってしまいました。

全ての子どもたちがとまではいきませんが、 ほとんどの子どもたちがほとんどつまずくことなく学習が進むように作ってきたつもりです。

分厚いのは学習する者にとって大変な面もありますが一方楽に分かりやすい面もあるのです。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.