FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

簡単すぎる問題をやる子ども

前に地域の子どもたちの宿題を 見てあげていて その時に 漢字の書き取りの問題で解答を写すようなことをしている 子を紹介しました。

次のような女の子もいました。

小学2年生でしょうか。 算数のドリルをやっています。 繰り下がりの引き算です。

105−37
のような問題。
百の位から借りてきてそして十の位が9になって1の位まで持ってきます。 結構難しい問題です。

見ているととても丁寧にやっていて、 ほとんど間違いなくできています。

「よくできているよ」と 褒めてから そこを離れて しばらく他の子を見ていました。

そして戻ってみると別のことをしています。
ノートに自分で問題を書いて解いているのですが

2+3
3+4
のような問題。

繰り下がりの難しい問題ができる子です。 今更このような問題をやっても ほとんど意味がないのにな と思って見ていました。

とにかく自分で問題を考えそしてノートを埋めれば宿題ということのようです。

もっと力のつく宿題 ができないのかな。

スポンサーサイト
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.