FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

イエス・キリストは、アブラハムと血の繋がりはないのではないか

ここにマタイによる福音書を聞いての純粋な疑問を書きます。
僕はここで クリスチャンと議論をするつもりはありません。 ただ疑問に思ったことを書き出すだけです。

ここに引用するのは「リビングバイブル」からです。
マタイによる福音書はリビングバイブルでは「取税人マタイの記録」となっています。
その最初は次の通り。

はじめにイエスキリストの先祖の名前を記しましょう。 イエスキリストはダビデ王の子孫、 さらにアブラハムの子孫でもあります。
アブラハムはイサクの父、・・・

ということで名前がずっと連なっていきます。

そしてヤコブは ヨセフの父です( このヨセフが キリストと呼ばれるイエスの母マリアの夫です)。

となっています。

アブラハムから始まって途中ダビデやソロモンといった僕でも知っている名前が入り、そしてヨセフまで きました。

アブラハムとヨセフの血が繋がっているのは分かります。

ただヨセフとイエスは血の繋がりはありませんね。 有名な処女懐胎です。

リビングバイブルには次のようにあります。

母マリアはヨセフと婚約していました。 ところが結婚する前に聖霊によって身ごもったのです。

要するにイエスキリストは、精霊とマリアの子なのです。 ヨセフは血の繋がった父親ではない。

とするとイエスキリストは、アブラハム、ダビデ、 ソロモンとの血の繋がりはないということではないかな。

このように僕は素直に思いました。

最初にも書きましたが論争をするつもりはありません。

ただクリスチャンがこのことをどのように思っているのか、素直に聞きたいとは思います。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.