FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

1日10人の人と話すのは難しい

先日琉球新報のコラムに 次のような健康法が載っていました。

「お年寄りの一、十、百、千、万」とは。一日ひとつ善いことをする、十人の人と話す、百字書く、千字読む、一万歩歩く。

1日ひとつ善いことというのは判断が難しいですね。
まあ甘く見れば 庭の草取りをしたのも善いことかな。

100字書くは楽勝です。 毎日このブログを書いているので 何倍も多く書いているでしょう。

新聞を読むだけで 1000文字は読んでいるはずです。 新聞の声の欄のティールームは1000文字。 それ以上は 読んでいます。

僕は毎日踏み台昇降運動を45分間しています。 一万歩歩くのに匹敵すると思っています。

さて問題なのは 一日10人の人と話すこと。
これはかなりハードルが高い。

特に何もなければ 家から一歩も外に出ません。 話し相手は妻だけです。 そして何もないことの方が圧倒的に多い。

集まりがあれば10人に話しているかもしれませんが 結構厳しいですね。 集まりがあっても自分から話に行くこともないので やっと10人ぐらいかもしれない。

おしゃべりをするのは健康に良いというのはよく知っています。 でもなかなか 自分を 変えることはできません。

家に一人でいるのが楽です。 今後も多分改善されそうにないな。

ネットで調べるとこの一十百千万健康法は色々種類があります。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.