FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「まくとぅそーけーなんくるないさ」について

沖縄では「なんくるないさ」というのをよく使います。
「なんくる」は 「自然に」、 「ないさ」は、「なるさ・ できるよ」の意味です。

それで「なんくるないさ」で「自然にできるよ、何とかなるさ」という意味。

江利チエミやペギー葉山が歌った「ケセラセラ(なるようになるさ)」、 ビートルズの名曲 Let It Be (なるがままに)に通じる言葉です。

このナンクルナイサには前にくる言葉があり 「まくとぅそーけーなんくるないさ」が本来の言葉だそうです。

「まくとぅ」は誠、 「そーけー」は(していたら)、 それで「まくとぅそーけーなんくるないさ」は 「真面目に誠実にしていたら自然になんとかなるよ」 という意味 になります。

ただただ無責任になんとかなるよではなく ちゃんとやるべきことをやっていれば ということですね。

人事を尽くして天命を待つ なのかな。

これからは全くの僕の想像です。

沖縄の人は 本来のんきで楽天的です。 そしていい加減です。
だから何も考えず なんくるないさ と考えてよくそれを使っていた。

最初は「まくとぅそーけー」は ついていなかったのです。

それを危惧する教育者がいました。 これではやるべき事もやらないで 怠け者になる、 この言葉の前に「まくとぅそーけー」というのを 入れよう。 それが本来の言葉だと 宣伝したのです。

それによって「まくとぅそーけーなんくるないさ」が 本来の意味だと言われるようになったのです。

まあ勝手な想像です。
沖縄の人には「まくとぅそーけーなんくるないさ」より、ただ単に「ナンクルナイサ」が似合うなと思っただけです。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.