FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

この青年はどこにいたのだろう

ポーランドから 帰ってきました 。 今ポーランドのワルシャワと成田は直行便が飛んでいます。

チェックインのとき、通路側の席を頼みました。 スタッフの人は それをちゃんと聞いてるようです。

ただ飛行機の中に 座ってみると 真ん中の席です。 窓際でもない真ん中の三つの席のうちのその真ん中。 さらに僕の後ろに妻の席です。 横に並んでもいません。

まあ仕方ないだろう と思っていました。飛行機は満席状態です。

ところが僕の右隣の 席は空いています。

飛行機の ドアが閉まった時もまだ座っていません。

乗務員の人に 飛行機のドアは閉まったのか? 後ろの席にいる妻をここに座らせていいのか? と尋ねると良いとのこと。

それで妻を僕の右隣に移動させました。

飛行機が飛行場を飛び立ちそして 水平飛行。 ベルト着用のサインが消えました。

すると 白人青年が 僕らの近くに来て席を探しています。

僕がこの席なのかと尋ねるとそうだといいます。

ドアが閉まっても 誰も 席に着かないので妻を移動させた、 と説明しました。

するとその青年はそれならあの席は座っていいのかと尋ねます。 妻が座っていた席です。

僕が大丈夫だと言うと その青年は そこに座りました。

それで 成田に到着するまで僕の隣に妻は座ることができました。

まあ良かったのでしょう。

しかし飛行機が飛び立ってから 水平飛行になるまでその青年はどこに座っていたのでしょうか。

トイレの中にいたわけでもないでしょうね。 不思議です。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.