FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

手紙が無理なら電話でもいい、 LINE でもいい

さだまさしの歌は好きで、 よくカラオケで歌います。

案山子も歌います。

案山子のサビの部分の歌詞は次のようになっています。

手紙が無理なら電話でもいい
金頼むの一言でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聞かせてやってくれ

そこのところいいですね。 気持ちが伝わってきます。

ただ時代が変わりました。 今なら次のようになるのではないかな。

電話が無理なら LINE でもいい
写真1枚でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
お袋に見せてやってくれ

電話嫌いの僕は LINE ができてとても良かったと思います。 大抵の用事は LINE だけで済みます。

そして気軽に写真を送ることができます。

今の若者は LINE だけで 用事を済ませるでしょう。

さだまさしの歌詞は 博物館入りかな。

スポンサーサイト




貯筋の大切さを実感

母は以前何とか歩くことができました。 室内では壁や椅子などに手を添えて歩きました。

室外では杖を使っていました。

その母が 失神して転び 病院に運ばれました。 狭心症で血管が細くなっているとのこと。 手術しました。 90歳の時だったかな

手術はとても上手くいきました。

ところが 歩けなくなったのです。
リハビリを行い だいぶ良くなりました。 立ち上がってなんとか歩くこともできました。

ところが以前ほどには戻りません。

病院を出なければいけなくなりました。 兄は腰が悪くて介護することはできません。 母は 体が大きく 動かすのも容易ではありません。

ということで施設に入ることになりました。 最初はそこでもリハビリはするとのことでしたが、実際はほとんど行なっていません。

それで全く歩けなくなり、車椅子の生活です。

筋肉が 十分ではなかったのですね。 貯筋がされていなかった。 だから手術のあと足を使わないので借筋生活になったということでしょう。

貯筋の量が多ければしばらく足を使わなくてもなんとか歩くようになり そして歩いてるうちにまた蓄えていくでしょうね。

出来るうちに貯筋を心がけなければいけないな。


鏡の訓読みにレンズを

鏡の音読みはキョウ、 訓読みはかがみです。

訓読みというのは、意味を教える読み方だと思っていいです。
鏡の意味はかがみ ですね。

それでは拡大鏡、 望遠鏡、 顕微鏡の鏡は何でしょう。

この鏡はレンズのことです。
拡大鏡は拡大するレンズ、 望遠鏡は遠くを望むレンズ、 顕微鏡はかすかなものをあらわす レンズです。

そのように考えれば理解しやすいです。

ただ鏡の訓読みにレンズはありません。

僕の勝手な推測ですが、 漢字の訓読みが定着する頃には、まだレンズは なかったのではないかな。
だからレンズ の訓読みがない。

それならレンズという訓読みを今からでも 付け加えれば良いのではないかなと思います。 そうすれば意味もわかりやすい。

不の音読みはフ、ブ、 訓読みは ず です。

だから不死は しなず になります。
古典が少し解れば意味はわからないことはない。 僕でも分かります。

ただ不に「ない」という訓読みがあれば子どもでもわかりやすいのに、と思います。

そうすると「死なない」ということなんだろうとすぐに理解できるます。

これからでも、必要な訓読みは付け加えてもいいのではないかな。


コンサートのフィナーレ 、写真 OK です

先日読谷村の鳳ホールで 岩崎宏美 with 宗次郎の宝くじコンサートがあり出かけました。

岩崎宏美さんは デビュー当時から歌唱力は 抜群でしたね。

岩崎宏美さんは61歳になるそうですが、 今でも若い頃の 歌声は十分に残っていて、すごいと思います。

見た目も動きも若々しかった。

さて、いつものように コンサートではスマートフォンの 電源は切るか、マナーモードにするかです。

ところが フィナーレになった時岩崎宏美さんが
ここからはスマートフォンの電源を 入れてもいいです、 写真も撮ってもいいですよ、
と言ったのです。

僕は急いで電源を入れました。 完全に 電源を切っていたので立ち上がるのが遅れてシャッターチャンスを逃しましたが。

観客席のほとんどでスマホで写真を撮っていました。 みんな写真は欲しいけど禁止にされているから撮っていなかったのです。

僕は前にこのブログで コンサート中は邪魔になるので 写真を撮ってはいけないとは思うが、フィナーレぐらいは 写真を許可しても良いのではないかと書きました。

岩崎宏美さんのコンサートで初めて 許可されました。 これが広がればいいですね。

次の写真は知人から頂いたものです。


豚熱(豚コレラ) 豚の殺処分に立ち会う職員

沖縄で豚熱 (豚コレラ)が発生しました。 それが少しずつ広がっているようです。

そして 多くの豚が殺処分になっている とのニュースが流れています。

殺処分というのは 豚がかわいそうだな、養豚業者も大変だろうな と思っていました。

去年9月に大学の友人が 泊まりに来ました。 愛知県の出身です。

豚コレラが流行って豚が殺処分された。 その時に それに立ちあった職員には 心理的 障害が起こる人が少なくなかったと話してくれました。

そこまでは考えていませんでした。
考えれば確かにそうです。 大変なことです。

僕はこれまで多くの猫を飼ってきて そして 失ってきました。 その度に 深い悲しみに 襲われました。

病気などで死んでいくのを見るだけでも大変なショックです。
それを殺したりその殺すのを手伝ったりする ということは大変なことなんだろうなと想像できます。 僕の想像をはるかに超える ショック だろうとも思います。

ある友人が話していました。
息子は農協に勤めている。 彼が豚の殺処分に立ち会ってきた。 とても疲れたと言っている。

その息子はセルフっ子です。 僕はもちろんよく知っています。

それ以上のことは聞くことができませんでした。 きっと心理的な疲れだと思います。

身近な人で そういうことに立ち会う人もいるんだ な。


私は、このように「ひとりで学べる算数」を使っている

 前の記事で紹介したSさんに、ブログ掲載の許可をもらうメールを送ったところ、次のメールをいただきました。ここに紹介いたします。


仲松先生

ご丁寧に返信いただきまして、ありがとうございました。
もちろん、匿名(Sさん)でしたら、メールの内容をどんどん
ブログに掲載いただいて問題ございません。

小学1年生の件も理解いたしました。上の子は入学前に遠山啓氏の
「さんすうだいすき」という絵本を読ませていて、繰り上がり、
繰り下がりの仕組みはわかったものの、やっぱり演習しないと
覚えませんでした。
下の子に他にいい参考書がないか入学までに試行錯誤してみます。

共働きで学童保育に通っているため、家で学習する時間が
ほとんど取れません。いろんな問題集を試行錯誤して、やっと
『ひとりで学べる算数』にたどり着き、「学童で学習→家で親がチェック」の
流れに行きつくことができました。

ちなみに、陰山英男氏監修の『おうちゼミ』というもの
はカラフルで動画もついてくるので、独習できると思って買いましたが、
全然ダメでした。高かったのに…。

『ひとりで学べる算数』のような先生の実体験からの汗が感じられる問題集
はなかなかないです。

また不明な点がございましたら、メールさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

上のメールもブログ掲載したいとメールしたところ、次のような詳しい学習方法が届きました。とてもいい感じですね。


仲松先生

ありがとうございます。
ちなみにですが、以下の方法を取り、小1から学習し3年まで進みました。

1.「ひとりで学べる」を1冊持たせると重いので、1~2ページを
 コピーして宿題として持たせます。

2.帰ってきてからチェックして、間違っていた箇所の説明します。
  間違いがひどいようだったら、間違った箇所をもう一度翌日の
  宿題にします。

3.翌日の宿題の概要を説明します。その時間もないときは、"宿題"に
  「この部分をよーく読んでね」とか書き込んでおきます。

以上で所用時間はだいたい、10~15分です。

算数は上記の方法が確立しつつあるのですが、
漢字の独習(宿題方式)が難しく、テストしてあげて
できない漢字を見極めたりと手がかかります。

もし、漢字についての自習方法がありましたら
お教えいただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

ひとりで学べる算数小学1年がない理由

 きのう紹介したSさんから、メールフォームよりメールが届きました。



仲松先生

昨日質問させていただいたSです。先生のページを見つけ、
こちらに直接メールいたしました。

返信ありがとうございました。日常の生活では十分ありゆることですよね。
子どもは疑問を感じず納得しているようです。
どうしても、オトナの私の方が試験脳になってしまっているようです。
納得いたしました。

仲松先生の「ひとりで学べる」シリーズは、コツコツと積み重ねていく内容で
親の私が大変気に入っております。私が学ぶこともとても多いです。

仲松先生の書籍とYoutuber葉一さんの動画、親のちょっとしたサポートが
あればお金をかけずに十分に基礎的な学力が身につけられます。

下の子がいるので、小1版の「ひとりで学べる」があったらいいなと思っております。

これからもよろしくお願いいたします。

S

--------------------------------

小1版の「ひとりで学べる」があったらいいな、ということでしたので、次のメールを送りました。



S様、メールありがとうございます。
 説明に納得していただいたとのこと、良かったです。

僕の本を気に入ってくださっているとのこと、嬉しく思います。

さて、算数小学1年の出版についてお答えします。

以前朝日学生新聞社の方から小学1年生算数も出版してはどうかとの問い合わせがありました 。
それに対して僕は次のように答えました。

作ろうと思ったら作れないことはない。
ただセルフ塾では小学2年生以上の生徒の入学にしている入塾にしている。
なぜなら、
セルフ塾では自分で説明問題を読んで進めていく学習を進めるというセルフラーニングである、
小学1年生で初めて文字の書き方読み方を教わる、
それでセルフラーニングをするには少し無理があるあるからだと。
僕の「ひとりで学べる算数」は生徒と一緒に作ってきたものである。
僕が作って生徒が問題を解いて間違えたところは説明が不十分だということで何度も手直しして作った。
小学1年生の算数はそういったことができないので良い教材が作れるかどうか分からない。

以上のように答えました

それで小学1年算数の出版は見送ったということになります。
今後も出版はないと思います。
以上ご理解いただけたでしょうか。

何か質問があったらまたお気軽にメールください。

 

40÷7 の具体例

 先日、「ひとりで学べる算数」を出版している、朝日学生新聞社からメールをいただきました。少し手を加えてあります。


仲松先生

お世話になっております。
ひとりで学べる算数小学3年生に、
以下のお問い合わせがきました。
お客様にメールで返信いたしますので、
返答の文面をお送り頂けますでしょうか。

朝日学生新聞社 御中

お世話になります。
東京都に住むSと申すものです。
「ひとりで学べる算数小学3年生」の教材内容への質問があるので、
仲松先生に転送いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

============
仲松先生

はじめまして。小1の子を持つSと申します。
「ひとりで学べる算数」シリーズは大変役立つ教材で、
娘の先取に使用させていただいております。サクサク進むので、
本当に驚いております。あっという間に3年生まで行ってしまいました。

そんな中、教材の内容で1点、質問があります。
「ひとりで学べる算数3年生」P103の一番下の問題(4)です。

「40円持っています。あめ玉を7こ買うためには、1こ何円のあめ
玉を買えばいいですか」の問題です。

子どもは【40÷7=5あまり5】で納得しているのですが、
私としては8個買えばぴったりなのに、どうしてあえて7個にしているのか
腑に落ちないままです…。所持金が39円だったら納得できるのですが。

問題で40円とした意図を教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


以下はぼくの回答です。



お世話になっております。
次のような返事でいいでしょうか。


S様、メールありがとうございます。

僕の本を使っていただいているとのこと、そしてお役に立っているようで、とても嬉しく思います。1年生で3年生まで進んでいるって、素晴らしいです。

さて、ご質問の件です。

正直に申し上げて、作る時にはそれほど深く考えないで作ったと思います。とにかく 40÷7 の問題を作りたかった。

ただ、 次のようなケースは考えられないでしょうか。

友達7人が一緒だった。私は40円持っている。その40円で飴玉を買ってみんなで食べたい。飴玉は7個買うのですね。8個だと余ってしまう。

または、毎週その店の前を通る。
一週間ぶんの飴玉を買いたい。一日に一個食べるつもりです。来週はお小遣いをまたもらえ、その店の前を通るので、一週間ぶんでいいのです。すると 7個 買えばいいのすね。

このように7個だけ欲しいということは十分にあり得ることです。予算が40円であっても全て使い切る必要はない。 そういう状況も十分に考えられます。

以上の説明納得していただけたでしょうか。
 またお気軽にご質問ください 。

 仲松庸次




片耳が聞こえないが、年を取って………

先日 老人会の 顧問役員会がありました。

役員である僕も参加して、 右端の席に座りました。
僕の向かい側には顧問の N さんが座っています。 N さんにとっては左端の席です。

「どうぞ真ん中の席の方に」と 役員の一人が言うと、
「 実は僕は左の耳が聞こえない、 だからいつも集まりでは早く来て左端に座るようにしているんだ」
と言います。

会が始まるまで まだ時間があるので N さんの話を伺っていました。

子どもの頃から左の耳が聞こえなかった。
ちゃんと聞こえなくても適当に頷いたり相槌を打ったりして いたのだが、 何か質問された時には 答えられず困った。
と話します。

呼びかけられても聞こえないと無視するような感じになりますからね、と僕が 言いました。

そうなんだよ。 失礼になるようなことをしてきたなと。、

片耳が聞こえないと 音の方向も分からないという話もしました。

N さんは
「 若い頃は 耳が聞こえないというのはとても嫌で恥ずかしかったよ。

「しかし年を取って今ではもう恥ずかしくもなくなった。 周りの 人のほとんどが耳が遠くなっているからね」 とにこやかに話しました。

N さんは若々しいのですが 確か八十歳にはなると聞いています。

八十歳になると 耳が遠くなるのは自然なこと、 周りの人もそのように受け止めるので 恥ずかしくもなくなるということです。

年を取るといいこともあるのですね。


漢字書き取りのヒントが難しい

地域の小学生の勉強を見ることがあります。

小学1年生の男の子が漢字の書き取りの宿題をしています。

前に書きましたが漢字の書き取りの宿題では答えを見ながらそれを写す子がほとんどです。

しかしその子は一生懸命に 漢字を思い出して 書こうとしています。

ほとんどの漢字は埋まっていますが、 花と校 が思い出せません。

僕はそばでしばらく思い出すのを待っていました。
だいぶ時間が経っても思い出しきれません。

僕はヒントをあげようかなと思うのですがいいヒントが見つかりません。
花は、くさかんむりに化けるだよ と教えたいところですが、化の字は小学一年ではまだ習っていないはずです。

校は 木と交わるだよと教えたいところですが交もまだ習っていないと思います。

近くにいた子が「木を書いてごらん」と言ったのでその子はそれを書きました。

それでも右側の交を思い出せません。

点と一を書いてごらんと言うとナベブタを書くことはできました。
そして 「お父さん 、父の字を書いてごらん」 と言ったのですが、僕の言っている意味がよくわからないようです。

それでもなんとか 自分で思い出して書くことができました。

そして花もなんとか自力で思い出しました。
少し字の形がおかしいのでそこは指導しました。

今、漢字の足し算で学ぶ漢字学習ノートを作っています。 学年は無視して部品になる漢字を先に学ぶようにしています。

そのようにすれば漢字の書き取りもヒントが出しやすいのになと感じました。


結婚披露宴のビデオメッセージ


1ヶ月ほど前に セルフっ子のお母さんが家を訪ねてきました。

子ども3人がセルフっ子でした。

その長男が 結婚する、 披露宴は大阪で行う そうです。

それで彼の妹の提案で 僕らのビデオメッセージが欲しいとのこと。
OK しました。

後日妹から連絡があると言って帰っていきました。 その妹とは Facebook 友達です。

誰かがビデオカメラを持って家に来るのかな、 それともネットを使って送るのかなと考えていました。

その妹は東京かその近辺にいるはずです。

Facebook のメッセンジャーで連絡が来ました。 ビデオを撮って ファイヤーストレージというサイトを通して送って欲しいとのこと。

その他いろいろ注文がありました。

Kyokoと 二人で 考えて スマートフォンで ビデオを撮りました。
そして指示通りに送ろうとするのですがなかなか思うようにアップロードできません。

Google フォトで送ったり直接送ったりしました。 彼女はそれを見ることはできるそうですがダウンロードできないとのこと。

Google ドライブにアップしてその URL を送ったりもしました。

そのうち パソコンを使ってやると何とかうまくアップロードすることができました。

苦労しました。

先日披露宴がうまくいったとのことで写真が送られてきました。

その間彼女の顔を直接は見ていません。 今の世の中はそんな風になっているのですね。


灬は火が変化したもの

漢字の部首に灬があります。 レンガまたはレッカと言います。

これには 火という意味があります。
燃、 煮、 熟、 熱 、照 などに含まれています。 火に関係していることがわかりますね。

この灬は 火の形が変化して出来たものだそうです。

そこまではいくつかの辞書などで調べました。

ところがどのように 形が変わってできたのか具体的に書かれていません。

僕は次のように変わっていったのではないかと推測しています。 多分そうなのではないかな。

当然のことで そこまで書かなくてもいいと思って 誰も書かないのかな。

詳しい人がいたら教えてもらいたい。


元号は数え年の数え方

年が明けて令和2年になりました。

令和が始まったのは去年の5月1日です。 まだ1年にもなりません。

まだ1年にもならないのに 2年なのです。

これは数え年の数え方 ですね。

満年齢は生まれた時は0歳、 そして1年間は0歳のままで次の誕生日に 1歳になるのです。

数え年の場合には 産まれたらすぐ1 歳。 そして次の 正月には2歳になります。

12月31日に生まれた赤ちゃんは 1歳なのはその日だけで翌日にはもう2歳です。

満年齢の方が確かに 実際の成長と合ってるように思います。

しかし数え年の数え方の方が わかりやすいのかもしれません。

0はなくて1から始まる考え方です。

ゼロの概念はだいぶ後になって生まれたと聞いています。

西洋でも数え年のように産まれたらすぐ1歳と数えることもあったのでしょうか。


Google アプリ「デバイスを探せ」 が 大活躍

Google アプリ「デバイスを探せ」 については前に書きました。

Google アプリ「デバイスを探せ」が面白い



Gmail アドレスとパスワードさえわかれば そのスマートフォンの場所を探すことができるのです。

これまでは、妻が那覇の県立博物館ボランティアに行ってそろそろ帰る時刻だという時にこの アプリを使ってどの辺りにいるかなと 見たりするくらい。

要するにおもちゃとして遊んでいたのです。

2日前 書斎から 降りて来てみると妻がスマホがないと言って 、あっちにいったりこっちに来たりしています。

僕が電話をかけてみようかと言うと、
もう固定電話からかけてみた、 この辺りで 呼び出し音は聞こえないと言います。

きっとどこかで 落としたのだろう。
その日はショッピングに出かけてスーパーマーケットなど4カ所の店に寄ったそうです。

これからそこを回って尋ねてみるつもりだ と言います。

僕は「ちょっと待って」と言って、その「 デバイスを探せ 」を起動させて 探してみました。

すぐに地図が出て スーパーマーケットのビッグにマークがつきます。

ビッグにあるよ、 と僕が言うと、妻も少しほっとしたようです。

すぐに車でビッグに向かいました。 しばらくして LINE で
「携帯電話ビッグで取ってきました。バンザーイ ホッ!」というメッセージが届きました。

さすが日本ですね。
駐車場に落ちているのを客の一人が見つけて 届けてくれたそうです。

それを店員がちゃんと保管していて心配していたそうです。

よかった、よかった。

先日ミステリー映画の「スマホを落としただけなのに」を見たばかりです。
妻はそのことがちらっと頭をかすめたが それほどのことはないだろうと思っていたそうです。

Google アプリ「デバイスを探せ」は 役立ちます。


映画 「スマホを落としただけなのに 」・・・スマホについて知らなければ楽しめない

テレビでミステリー映画「スマホを落としただけなのに」を見ました。

タクシーに スマホ 置き忘れた主人公が 殺人事件に巻き込まれていくという映画。

緊張しながら楽しく見ました。

この映画では 、他人の アカウントを乗っ取るためにフィッシングしたり 、なりすまししたりするなどが出てきます。

それらはスマホの使い方についてある程度分からなければ理解できないものです。

僕は何とかついて行くことができました。 完全に理解したとは言いませんが。

妻もなんとか分かったようで、楽しんでいました。

だけど僕らの年齢になると そういうのがわからない人も多く、映画を楽しめないだろうなと思います。

セルフ塾の頃、星新一のショートショートを子どもたちに読ませました。 「最後の地球人」というのは 旧約聖書創世記の内容が分からないと 理解できない話でした。

それで読む前に僕は簡単にあらすじを教えてから読ませたものです。

小説や映画、テレビドラマなどでは 前提条件となる知識がないと 楽しめないのがあるのですね。

僕もなんとなく見たり読んだりしているもので その裏にある知識がないために十分楽しめていないのもあるんだろうなと 思います。


わかっちゃいるけど デイケアに行きたくない


昨日は認知症第一人者が認知症になった テレビ番組のことを書きました。

その長谷川医師は デイケアを提唱した人だそうです。 患者がデイケアに行っている間だけでも家族の負担が軽くなるから とのこと。

そういうことで長谷川さんもデイケアに行きます。 いつも世話をする奥さんがその間だけでも 楽になるだろうと思って。 奥さん思いの人です。

ところが数日して デイケアに行かないと言い出します。 娘さんとの話で その間奥さんが楽になることは知っている ようなことも言います。 しかし行きたくないのです。

昔流行った植木等の歌に「わかっちゃいるけどやめられない」という歌詞がありました。

頭ではわかっているけどです。

思い出したことがあります。
妻の父親が脳梗塞で倒れました。 もうだいぶ前のことです。

そして入院したしゅうとを僕が見舞うと 彼は、
「ヨージくん、ここは天国のようだよ。 看護婦さんは優しくしてくれるし、 僕はずっとここにいるからね」 と言ったのです。

舅は頭も良く 教養も あります。 その頃僕らは塾をやっていて忙しくしていました。

僕らの負担になりたくないと強く思ったのです。

僕らは舅の性格をよく知っています。 病院をいいと思うはずはありません。

妻と話をして 病院の許可が出れば家に帰ろうということにしました。

そして妻がそのことを話すと「本当か」といってもう 待てないという感じで今にでも退院したいという行動をとったとのこと。

妻はあの頃のことを思うと涙が出るといいます。


認知症第一人者が認知症になった

NHKスペシャル 認知症第一人者が認知症になったを見ました。

長谷川和夫さんは 認知症第一人者として知られる医者だそうです。
痴呆という呼び名を認知症に変更したのも長谷川さんだそうです。 本当に第一人者だったのですね。

医者の不養生という言葉があります。
口では立派なことを説いているが、実行が伴わないことのたとえ です。

しかし長谷川さんは それなりに気をつけていたのではないでしょうか。
頭も使い、 運動もして、 食事にも気を使う。

それでも認知症になったのでしょう。 だから誰でもが 色々気を使って頑張っても 認知症になりうるということなのかもしれません。

僕は認知症になりたくないです。 誰でもそうでしょう。

このブログを書き続けている理由の一つもそれです。 運動も心がけています。 食事は妻が気をつけて作っています。

それでも 認知症になることがありうるのですね。

その時はその時です。 それを受け入れる 力も育てていかなければいけないのかも。


Wendyさん夫妻の滞在
Wendy and her husband stayed here a week from October 11 to October 18, 2019,
 2019年10月11日 から10月18日の1週間、Wendyさん夫妻が宿泊しました。
 AirbnbにWendyさんの長いレビューが載りました。日本語訳は下にあります。


Summary: Our experience was amazing here. Stop searching. Stay here. Esp if you have a car. (Long tl;dr) If you are looking for a location not in Naha, the bustling city in the south, but rather in the suburbs near good food, grocery stores that let you experience the local markets, and amazing views all just 10-20 drive away, and be 30-40 mins between Naha, American village, the Aquarium, and all the other scuba diving and hiking locations in the north,.... stop looking. Just stay here.
Husband’s comments: There's a lot to talk about when it comes to Self Juku, so I'll break it down into a couple sections. The hosts: Yoji and Kyoko were great hosts. Happy to answer the questions we had and Yoji gave detailed instructions about the space. Something we really enjoyed was making a simple meal under Kyoko's instruction. Apparently to be certified to host people in Okinawa, as a host you need to prepare one meal with your guests during their stay. Kyoko helped us make a tasty carrot & egg dish and then provided a couple other delicious dishes to go along with it. (They were really the sweetest. While my husband spoke college level Japanese, Yoji spoke solid English and made an effort to look up translations of rarer terms like the species we saw in the aquarium and dishes we saw in the markets. I was actually sad they didn’t eat the meal that they made for us, together with us!)

The space: The guest space is quite large, good for an extended stay. As the pictures show, there is a decent sized kitchen, with a full stove-top and sink. Bathroom is compact and clean, and the living area has plenty of room for most people to keep their stuff. Access to the balcony to dry your clothes is nice too, and the hosts give you access to their washing machine (free of cost). Something that we weren't used to, coming from the United States, was the door to the space not having a lock. They could easily install one and we were given a front door key. However, Yoji and Kyoko were exceedingly polite and we never felt like we were in danger of being intruded upon. ( Many fans and strong A/C, quiet adorable neighborhood noises like noon bells and morning dogs, TV had entertaining Japanese channels, extra blankets, happy to let my partner and I push the two twin beds together.)
The location: If you want a quiet place to relax in Okinawa, away from the busy parts of the island, Self Juku is awesome. We'd recommend a car to explore Okinawa in general, there are many cool places within a 20min drive, such as Cape Maeda. But if you want a nice walk, there is the nearby Zakimi castle ruins or the Shimuku Gama cave.

For food and the like, there are a few small nearby restaurants, and the Marudai supermarket is a ~25min walk away and it has a good selection of foods that you can cook in your kitchen. If you really need a quick bite, there's a Familymart about 7min away that you could go to as well. We liked the location in particular because it was quiet, but put us near the places we were interested in the exploring, the the Churaumi Aquarium and the city of Naha.

Overall, we highly recommend Self Juku as a place to stay if you are ever on Okinawa.

概要:ここでの経験は驚くべきものでした。これ以上の検索を停止して、ここに泊って。特にあなたが車を持っている場合は。
 南部のにぎやかな都市である那覇ではなく、おいしい食べ物の近くの郊外、地元の市場を体験できる食料品店、そして、那覇、アメリカの村、水族館、そして北部の他のすべてのスキューバダイビングとハイキングの場所まで車で20〜30〜40分で行くことができます。

 夫のコメント:セルフ塾に関しては多くの話がありますので、いくつかのセクションに分けて説明します。

 ホスト:YojiとKyokoは素晴らしいホストでした。質問に喜んでお答えし、Yojiは、宿泊部屋についての詳細な指示を与えました。
私たちが本当に楽しかったのは、京子の指示の下で簡単な食事を作ることでした。どうやら沖縄でのホストに認定されるためには、ホストとして、宿泊客が滞在中に宿泊客と一緒に1つの食事を準備する必要があるようです。Kyokoは、おいしいニンジンと卵料理を作るのを手伝い、それからそれに合わせていくつかのおいしい料理を提供しました。 彼らは本当に最高でした。

 夫は大学レベルの日本語を話しますが、Yojiはしっかりした英語を話し、水族館で見た魚の名前や市場で見た料理のような珍しい用語の翻訳を探す努力をしました。
 本当に悲しかったのは、彼らが私たちと一緒に私たちのために作った食事を食べなかったことでした!)

スペース:宿泊部屋は非常に広く、長期滞在に適しています。写真が示すように、十分な大きさのキッチンがあり、コンロと流し台があります。バスルームはコンパクトで清潔です。リビングエリアには、ほとんどの人が物を保管できる十分なスペースがあります。衣服を乾かすためのバルコニーへのアクセスも便利で、ホストは洗濯機へのアクセスを無料で提供しています。

 米国から来た私たちが慣れていなかったのは、鍵のかからない部屋の引き戸でした。彼らは簡単に入ることができます。私たちは玄関の鍵を与えられました。しかし、YojiとKyokoは非常に礼儀正しく、私たちは侵入される危険にさらされているとは感じませんでした。
(多くの扇風機と強力なエアコン、正午の鐘や朝の犬の鳴き声ような静かで愛らしい近所の騒音、テレビには楽しい日本のチャンネル、十分な毛布があり、私のパートナーと私は2つのツインベッドを一緒にしてくれました)

場所:沖縄の静かな場所で、島の忙しい部分から離れてリラックスしたい場合、セルフ宿は素晴らしいです。一般的に沖縄を観光するには車をお勧めします。前田岬など、車で20分以内には多くのクールな場所があります。また、散歩を楽しみたい場合は、近くの座喜味城跡やシムクガマ(洞窟)があります。

近くに小さなレストランがいくつかあります。丸大スーパーは徒歩で約25分のところにあり、キッチンで調理できる食べ物が豊富に揃っています。本当に簡単な軽食が必要な場合は、約7分先にファミリーマートもあります。特に静かだったのでこの場所が気に入りましたが、観光に興味のある場所、美ら海水族館、那覇市の近くで宿泊してください。

全体として、沖縄に滞在する場合は、滞在する場所としてセルフ宿を強くお勧めします。

(The following is a review I wrote about Wendy.
以下は、ぼくが書いたWendyさんたちのレビューです。

Wendy and her husband were very good guests. Wendy was a cheerful and friendly woman. Her husband is very good at Japanese. I was surprised because the messages left in the room after they returned were written in Japanese. He was also cheerful and friendly. They adhered to our rules. And they used our room cleanly. We will recommend them.

ウェンディと彼女の夫はとても良いゲストでした。
ウェンディは陽気でフレンドリーな女性でした。
彼女の夫は日本語がとても上手です。 驚いたことに、彼らが帰った後に部屋に残されていメッセージが日本語で書かれていきました。 彼はまた陽気でフレンドリーでした。
 彼らは私たちのルールを順守しました。 そして、彼らは私たちの部屋をきれいに使いました。 彼らはお勧めします。

20200114102453565.jpg
20200114103219361.jpg


ブライアンの家族の滞在

 Brianの家族が2019年12月10日から2020年1月7日までのおよそ1か月間、私たちの部屋を利用しました。
 彼が書いたAirbnbへのレビューとぼくが書いた彼らのレビューを紹介します。



Outstanding hosts and very nice apartment. Location requires a rental car since public transportation is limited in this area. Beautiful area and very close to Zakimi Castle.

優れたホストと非常に素晴らしいアパート。ここ公共交通機関が限られているため、レンタカーが必要です。すぐ近くには美しいエリアと座喜味城があります。


Brian's group was a great guest.
The children were good too.
Parents were always careful to keep the children quiet.
though I said I don't care because I know children are noisy.
They used the room very nicely.
They followed our rules well and did more.
We recommend them.

Brianのグループはとてもいいゲストでした。
子どもたちもよかった。
両親は子どもたちに静にするようにいつも注意していました。
ぼくは、子どもというのはうるさいものだから、構わないよ、といったのですが。
彼らはその部屋をとてもきれいに使いました。
彼らは私たちのルールをちゃんと守り、それ以上のことをしました。
私たちは彼らを推薦いたします。

最近の冷凍食品は美味しい

妻は沖縄県立博物館にボランティアに通っています。 週に1から2回。

昼ご飯にかかる時もあるのでそういう時は僕は一人で昼食をとります。

昨日は 妻が作った野菜炒めが冷蔵庫にあったのでそれを温めました。
そして冷凍の五目あんかけラーメンを作って食べました。

最近の冷凍食品はとてもおいしくなっていますねた。
下手なレストランのものよりずっと美味しい。

僕が貧乏舌のせいもあります。 貧乏舌というのは 大抵のものは 美味しく食べることができる舌です。

冷凍食品 さえあれば妻がいなくても大丈夫。

栄養学的にはどうなのか知りません。 毎日ではないのでいいでしょう。


沖縄でも PASMO が使えたらいいな

おととい書いた 「バスに乗ったが小銭がない」にFacebook 上でコメントをいただきました。 ありがとうございます。


※ ※ ※ ※
パスモとかのプリペ、使えませんか?そういえば、ゆいレールもプリペは使えなかった。
※ ※ ※ ※

沖縄の ゆいレールもバスも PASMO は使えません。
バス専用のカードがあるようですが 僕はたまにしかバスに乗らないので作るつもりはありません。

沖縄でも PASMO が使えるようになったらいいなと思います。

PASMO というのはプリペイドカードです。 お金を先にチャージしておいて そのぶんだけ お金を使うことができます。

最初、東京に住む義理の兄にいただきました。 東京ではこれをよく使うからと。

そう頻繁に東京に行くわけでもないのに それほど 使わないだろうなと思いながらもありがたくいただきました。

ところが使ってみるととても便利なことがわかりました。 JR だけではなく 私鉄も地下鉄でも使えます。 バスに乗った時も使えます。 買い物をする時にも使えるのです。

僕は普段はクレジットカードをよく使います。
上野駅近くの天丼屋に入って 支払いをする時 クレジットカードが使えないが PASMO が使えました。

東京では PASMO がとても便利なのです。

関西でも使えます。

それが沖縄でも使えたらいいなと思うのです。

最初、ゆいレールでも検討してみたが 機器を導入するのにコストがかかるということで断念したというニュースを見たように思います。

ところがやはり本土から来た人のニーズが 高いのでしょうね。 再び検討するというニュースを見ました。

まずゆいレールで導入しそして バスに広がり 商店でも使えるようになると いいな。

経営者の立場での採算は分からないのですが消費者の立場から欲しいものです。


漢字、曜の前に隹を学ぶ

漢字の曜は 小学2年生で学びます。
曜は18画もあります。それを2年生に教えるのです。
ひたすら書いて覚えなさいということになっているのでしょう。

僕は曜の前に隹を先に教えるべきだと思っています。

隹は、進、集、雑、難などの漢字に含まれている ものです。

日本語の漢字としては使われることがないので 教えるとしても、だいぶ後に部首のひとつとして教えているのだと思われます。

漢字として使われていなくても 部分としてよく使われるので 最初に教えるのです。

すると日+羽+隹 で 曜 というのが 比較的楽に覚えられる と思います。
羽とヨヨは少し違いますが基本は同じです。

隹の読みは、ふるとり。 意味は 尾の短い 鳥です。

漢字として使わなくても、 部分として使われる漢字として覚えることで多くの漢字が楽に覚えられるようになると思います。


バスに乗ったが小銭がない

ある商品の代金を支払う必要があったので その金額を封筒に入れて 知人の I さんのところにスクーターで向かいました。

ところが残念なことに I さんは不在です。

仕方がない帰ろと思ってスクーターのエンジンをかけようとするのですがかかりません。

バッテリーが なくなったのかライトが弱いです。 ただ最近新しいバッテリーに変えたばっかり。

いつもお世話になってるバイク屋に電話をかけ 修理をお願いしました。 店には一人しかいないので 夕方店を閉めてからバイクを取りに行くとのこと。

妻に電話をかけるのですが とりません。

それで僕は歩いて そのバイク屋に向かいました。
バイクのキーを預けなければいけません。

しばらく歩いてバス停の近くでバスが来るのが見えました。
それですぐにそのバスに乗り込みました。

ところがバスに乗って財布を見ると1万円札は入っていますが1000円札がありません。 小銭もほとんど入っていません。

運転手のそばには両替機がありますが 1000円以下しか使えません。

これでは バス賃が払えないぞ。

少し焦りました。

そこでIさんに支払うお金を持っていることに気づきました。 封筒を開いてお金を出すとバス賃 ができました。

一区間だけ バスに乗って 無事バス賃を支払い降りることができました。

Iさんが留守にしていなければ 大変なことになったなと 思います。 迂闊にバスに乗れないものです。


AI 搭載で雑踏の中でも人の声を聞き分けるボイスレコーダーを

人間の耳はとても優れています。
雑踏の中で 人と話をしても周りの雑音が 小さくして人の声を大きくして聞き取ろうとします。

耳が優れているというより脳が優れているのかもしれません。

ボイスレコーダー( IC レコーダー )のマイクはだいぶ優秀になっているようです。 全 方向 から音を取るのではなく正面の音だけ 取ることができるとか。

それでも雑踏の中で声でメモをしようとしても 雑音が 大きく入ります。

人間の耳のようにならないかな と思います。

先日 NHK の まちかど情報室で AI 搭載の 補聴器についてやっていました。
それは雑踏の中でも人間の声を聞き取ることができるという補聴器です。

雑音を小さく、人間の声を大きく、まさに人間の耳です。

僕はまだ耳が遠くなる ことはありません。 補聴器は当分必要ないでしょ。

ただそのような技術があるのならボイスレコーダーに適用してほしい。

ボイスレコーダーに AI を搭載して雑踏の中でも 人間の声は大きく雑音は小さくするということで録音ができたらずいぶんいいだろうなと思います。

AI 搭載となると 高価になるでしょうね。 あまり高いと手が出ませんが 安ければ手に入れたいものです。


「ありがとう」「ごめんなさい」「おめでとう」の言えない人

琉球新報に谷口真由美さんのコラムが載っていました。 おばちゃん党終了の内容です。

そこに 次のようにありました。

ここで言うおっさんとは、上から目線で独善的、 悪いことがあっても決して謝らない人です。 簡単に言えば「ありがとう」「ごめんなさい」「おめでとう」の言えない人。

そういう人、僕の身近にもいます。

その人から野菜をよくいただきます。
そしてあなたからもらった野菜で妻がこんなのを作ったよと あげることがありますが、 「うん」と頷いて受け取るだけで 「ありがとう」とは言いません。

ビールをよく飲みます。 酔っ払ったら 前の日のことを覚えていないことがあります。

毎月定期の飲み会があります。 居酒屋で 飲み会を終わる頃 来月もそこでしようということになり予約しました。

彼が責任者のようなものです。 ところが その月になると別の居酒屋 に集まることになりました。

僕がそのことを指摘すると、 自分はそんなことは知らない、 聞いていないと 謝ろうとはしませんでした。

「ごめん」が言えないのです。

僕は特に 彼を責めるつもりはなかったのですが 頑として認めようとしないので 少し言い合いになりました。

「おめでとう」を言うかどうかは知りません。

ただあまり他人を褒めることはないので言わない かもしれません。

ここまで書くと嫌な奴で みんなから嫌われている だろうと思われるかもしれませんね。

ところが彼の周りには多くの人が集まります。

基本的には悪い人ではありません。 そして何よりも人との接触が好きなように思います。

人を求めているので 彼のもとにも 集まってくるのです。

ただ自分では自分を人間嫌いだと言っています。 僕に言わせれば彼ほど人間が好きな人はいないのですが。


漢字が旧字体から新字体に変わったことで成り立ちの糸が切れた

漢字学習ノートを作っています。
最初は漢字の成り立ちに沿って学んでいこうということでやりはじめました。

漢字は最初に象形文字、指事文字が作られ、 それらの組み合わせで会意文字、形声文字が作られていきます。

その作られた 経過に沿って 漢字を学べば 楽しく楽に学べるのではないかと思ったのです。

ところが実際に作業を進めると それは無理だというのが分かりました。

いくつか理由がありますが、その一つは漢字が旧字体から新字体に変わったこと。

例えば「まなぶ」は新字体では「学ぶ」と書きますが旧字体では「學ぶ」になります。

旧字体は 成り立ちの上から 理由がはっきりしています。 ところが新字体になったところでそれが途切れてしまうのです。

上の部分が(ツ)になっていますね。 それは 旧字体の學の上の部分は書くのが大変だから簡単にしようということでツにしたのでしょう。

それだともう意味はなくなります。 もちろん學の上の部分の略です、という説明はできます。

しかし旧字体の「學」を 学んで そして新字体「学」を学ぶということになると負担はさらに重くなります。

小学生で漢字を学ぶのは かなりの負担です。 だから新字体にしたのでしょうが、 成り立ちに沿って学ぶと旧字体も学ばないといけないとなると 大変です。

ということで成り立ちに沿って学ぶというのは無理だと言えます。


第三の手としての口

チューブ入りの歯磨きが残りわずかになりました。 両手で絞り出すと何とか出てきます。

でも 歯ブラシもつかんでいなければなりません。 手が三つ欲しいところです。

歯ブラシを 洗面台のそばに置いて やろうとするのですが安定せずにうまくいきません。

そこで思いついたのが歯ブラシを口でくわえること。 歯ブラシをくわえて両手で 歯磨きを絞り出すと上手くいきました。

このヒントはテレビでスパイ映画を見たことによります。

夜、スパイが忍び込んでペンライトを口にくわえ で手元を照らし両手を使って色々作業をするのです。 なるほど面白いと思ったものです。

第三の手として口も 利用価値があります。


スマホと同期した壁掛けカレンダー

年が明けて 新しい 年になりました。

壁掛けのカレンダーも 新しくなりました。

妻は早速毎年の行事をカレンダーに書き込んでいます。 命日や誕生日 記念日などです。

ご苦労様です。

僕は最近は はスマートフォンの手帳を使っています。 ジョルテです。

スマートフォンの手帳は 毎年の命日などは毎年繰り返すという設定をすればずっと 記録されています。 年が明けても改めて 書き加える必要はありません。

手帳は手帳でいいのですが壁掛けカレンダーはパッと見てわかるのでそれはそれなりに 重宝しています。

ただ毎年記入するのは面倒くさそう。

それで考えたのはスマホと同期した壁掛けカレンダーがないかなということ。

僕のスマホ手帳と妻のスマホ手帳は同期しています。

僕の手帳に記録したものは 妻の手帳でも見ることができるのです。

そういうことが可能なら 壁掛けカレンダーも スマホ手帳と同期すれば 新たに記録することなく見ることができるのではないでしょうか。

それでネット上で探してみました。

ありました。
マジックカレンダー


ただこれはまだ 発売までは至っていません。 残念。

別にもありました。

Dakboard Wall Display v2


これは販売されているようですが値段が3万 8900 円もします。

そんなに 高いお金を出すつもりはありません。

1万円を切ったら少し考えてもいいけど。

でも技術的には問題ないでしょうからそのうちに安価なスマホと同期した壁掛けカレンダー が市場に出回ることでしょう。


日本人の名前への「さん」付け、海外でも

簡易宿泊所をしています。
宿泊前の 連絡のやり取りなどは Airbnb を通してのメールになります。 ほとんどが英語です。

向こうからの 書き出しは Yoji san で始まることが多いです。

「 ヨージさん」ですね。 僕が日本人なので その名前に「さん」付けをしているのです。

かなり多いです。

そして実際に会って話す時も「ヨージさん」と呼びます。

昨日テレビで「大谷翔平復活へ 独自証言 で見えた素顔」を見ました。

すると その中で地元アメリカのアナウンサーやファンが「大谷さん」と呼んでいるのです。

さん付けをしているのですね。

そういうところから日本人の名前には「さん」をつけるんだということが海外でも広まっているのでしょうか。

イチローを呼ぶ時は「さん」をつけずに「 イチロー 」だけだったのではないかな。


年賀状は野口悠紀雄流で

去年の暮れも年賀状を出しました。

僕の年賀状は野口悠紀雄さんが ある本で紹介していた方法でやっています。

野口悠紀雄さんの本は何冊も読んだのでどの本にあったかは忘れました。 ただ彼の本にあったことははっきり覚えています。

どのような方法かと言うと
宛先 はコンピューターに記録してある もので 印刷するということ。

誰々に送るということを決めてチェックを入れて 印刷すれば 間違いなく宛名ができます。

そして裏の方は基本的なものは自分で考えたり ネット上のイラストなどを使って 作ります。

僕と妻に この一年 起こった出来事などを 書いています。 これは特に野口さんが紹介していたことではありません。

ただしそれぞれの人には添え書きをするということ。 そこが重要です。

その人のことを頭に描いてその人だけに当てた コメントをつけるのです。

ただただ型通りのものだけでは面白くありません。 僕のような下手な字でも添え書きがあるだけで 相手に伝わるものがあるのではないかな。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.