FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ひとりで学べるようにするために、やることを具体的ではっきりさせる

これまで作ってきた漢字学習ノートを、学年別のものに作り変える作業をしていて、小学1年が終わり、2年生のものに入りました。

この学習書を「ひとりで学べる足し算漢字小学1年生」のような名称にしたらどうかなと考えています。

それは本当に「ひとりで学べる」ものだと思っているからです。

ひとりで学べるためには、何をしたらいいのか、それを具体的にはっきりさせることが必要です。

この「足し算漢字」では、漢字学習帳を作り、それをコピーして、それに書き写すような作業をするようにしています。

番号、漢字、読み方、意味、そしてその漢字の練習をして、熟語とその書き下しを3回ずつ練習するようにさせます。

何をどうすればいいのかはっきりしているのです。
だから「ひとりで学べる」はずです。

学び方は子どもの自由にしたほうがいい、という意見もあります。そう言うと何かかっこいいですね。

でもほとんどの子どもはどのようにして学べばいいのかわかりません。
僕は、小学、中学生には何をどうしたらいいのか教えて、学び方を学ばした方が良いと思っています。

セルフ塾の生徒たちは塾に来ると、さっさと、そして黙々と漢字の練習に取り組んでいました。

何をすべきなのかがはっきりしているので一人で学んでいけたのです。
この足し算漢字はその頃よりもだいぶ進化しています。

楽しくひとりで学べる漢字学習書になると思っています。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.