FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

B国の原住民とサル
 これは舅(曽根信一)が,生前よく話していたことです。

 B国は,東南アジアにいまもある島のことです。実名をあげると失礼かもしれないので,B国としました。
 また,原住民ではなく,土* と言っていました。いまは差別用語になっているようです。差別用語についてはまたの機会に。

 さて,B国での話

 サルたちが,木の上にのぼって,おいしそうに果物を食べていました。

 その下を原住民たちが白人にせかされながら,重い荷物を運んでいます。

 それを見たサルが笑いながら言いました。
「変に,言葉が話せたりして,能力があるからあんなふうに働かされるんだ。ぼくらサルのように何もできなければ,自由に遊んでいられるのに・・・」


 老子の「曲(きょく)なれば全(まった)し」に通じるものです。


 ようするに無能の方がいいよ,という話ですね。

 ぼくは,よく妻に言われます。またB国の原住民だよ,と。妻もそういっていました。

 そうなんです。コンピュータがちょっとだけできるために,ぼくに仕事がまわってきます。
 沖縄の人は本当にテーゲーな人が多いです。その中ではぼくはまだちゃんとしているようで,「ウレー,Yojiガドゥナイル(これは,Yojiだけができるんだ)」と言って,ぼくに仕事がまわることが少なくありません。

 「エエ,マタワンナー(ええ,またぼくか?)」と言って断るのですが,

 このように能力があると忙しくなるのです。

 妻も,「ねぇ,インターネットで○○を調べて」とよく頼みます。「インターネットの仕方を教えるから自分でしなさい」と言うと,自分でするより頼む方が楽だから,のような答え。
 まあ,いろんな面でお世話になっているので,強くも出られないのですが。

 妻は,この話は生徒にやってはいけないよ,と言います。

 そうですね。教育的ではないですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.