FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Japanese は「国語」 ?
 読谷中学は,きょうまで期末テストです。きょうは英語のテストもあるので,きのう塾で英語の勉強をしました。

 学校で配布された中学一年のプリントに

 Japanese ・・・ 国語

 とありました。間違えているわけではありません。でも,このように覚えていいのかなあ,と思います。

 Japanese は「日本の」ですね。そして「日本語」「日本人」という訳も。

 時間割で,国語,数学,英語,・・・ などを英語にすると, 国語は,Japanese になります。これは正解です。

 だから,「国語」は,Japanese  そして,Japanese は「国語」になる,ということでしょう。

 しかし,やはり Japanese は 「日本の」と覚えるべきです。

 Japanese が「国語」になるのは,我々日本人にとってだけです。

 アメリカ人にとっては,「国語」はもちろん English です。
 フランス人にとっては,「国語」は French

 和文英訳のときは,国語を Japanese としてもいいが,

 英文和訳のとき Japanese を「国語」としてはやはりおかしいです。だれにとっての国語なのか,考えなければいけません。

 このように考えると,やはり,中学生に Japanese を「国語」と教えてはいけないのではないか,と思います。

 ぼくは,英語を学んでいる間は,意訳ではなく直訳がいいと思っています。確かにある場面では,Japanese を「国語」とした方が自然かもしれませんが,自然さよりも,中心の語義を大切にしたいです。不自然な日本語になってもいいから。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.