FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

沖縄語に変換『もんじろう』
 沖縄方言 を検索したら,

沖縄語に変換『もんじろう』
 というページに出合いました。

 おっ,すごいな,とちょっと感動。

 さっそく,「兄」を変換してみました。
 すると,なんと「にーにー」で出てきたのにはびっくり。
 「姉」は,予想通り,「ねーねー」

 ぼくは,「にーにー」「ねーねー」が沖縄方言とは認めたくないです。
 ヤマトゥウチナーグチでしょう。先日はウチナーヤマトゥグチについて書きましたが。ヤマトゥウチナーグチというのがあります。

琉球方言の中には「ウチナーヤマトゥグチ」と「ヤマトゥウチナーグチ」がある。

http://www.hcn.zaq.ne.jp/toru/ryukyuhougenn.html

 それによると,
標準語を獲得する際に「ウチナーヤマトゥグチ」という変種が生まれた。
その逆で、文字のごとく「ヤマトゥウチナーグチ」は標準語の干渉のもとで 生じた方言である。

 とのこと。

 「にーにー」は,標準語の「にいさん」から作った和製琉球語であろうと思われます。

 沖縄方言には,「シージャ」という立派なのがあるのです。
 この「シージャ」ですが,おもしろいです。性別の区別なく,年上の兄弟に使います。つまり,兄もシージャ,姉もシージャです。

 「父」を変換したら,「スー」と出ました。これは間違いではないです。

 ただ,ぼくが「スー」を使ったら叱られました。「これは百姓言葉だ」とのこと。

 いま「スー」を検索したら,
首里・那覇方言音声データベース」というサイトもありました。

 それによると,

 スー /sjuu/
(名詞) ※首里士族の父をターリーという以前の父の呼称(主)。国王をウスーまたはウスガナシと呼ぶ。
意味:
父。主。おとうさん。平民の父をいう。平民の父の名称および呼称。


 父=スー で間違いはないが,せめて「平民の父」で,首里では「ターリー」というのも記して欲しいです。

 だれが作っているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.