FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ローマ字と英語の学習
 英語教育の一環として,ローマ字を教えるかどうか,ということに関しては賛否がいろいろです。

 ぼくは,賛成者です。

 反対者が言うように,ローマ字を覚えてしまったために,発音がだめになる,というのは真実でしょう。どうしても,字に頼ってしまった,ローマ字読みになってしまいます。

 目からではなく,耳から英語のきれいな発音を聴いて覚えた方がずっときれいな発音ができます。

 Monday(月曜日)を[モンダイ]などと発音してしまってはもうおしまいです。
 それは極論だとしても,とにかくローマ字を知らない方が発音はきれいになるでしょう。

 しかし,それでもぼくはローマ字を教えた方がいいと思っています。

 耳からの学習には,とてもとても時間がかかり,苦労が多いと思います。日本語になれた中学生には,英語の発音は聞き取れないのです。
 ぼくは中学1年の初めに wall という先生の発音が聞き取れず,苦労しました。そこで英語につまずいてしまいました。

 ローマ字は,日本語と英語の橋渡しをしてくれます。

 ローマ字で日本語を表すことができます。だから,英語を学ぶ前にローマ字を学ぶことができます。そしてある程度ローマ字に慣れてから英語の発音に入ることがスムーズにできるのです。英語の発音はフォニックスでやります。フォニックスについては後日書きます。

 正確ではありませんが,ローマ字読みである程度は英語の単語を読むことができます。だから,すぐに英語を学びはじめるよりはハードルが高くないのです。

 ぼくは,英語の発音はそれほどきれいでなくていいと思っています。カタカナ英語でいいのです。日本人英語でいいのです。それで分かってもらえます。
 だから,苦労して耳からの英語にこだわる必要はないと思っています。

 いまローマ字の学習時間が極端に少なくなっていますね。4年生のときに1時間だけと聞きました。だからほとんど読めません。ぼくらのころはかなり時間がとられていて,ローマ字をすらすら読めるほどになっていました。もう一度ローマ字教育を復活させて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: はじめまして
☆Rosario☆ さん

 コメント,ありがとうございます。
 ローマ字から入った方が,スムーズにいくように感じます。

 ローマ字そのものがある程度フォニックス的ですよね。

 ほんとに,自分の名前もローマ字で書けない子が多いです。
selfyojji | URL | 2009/07/12/Sun 01:43[EDIT]
はじめまして
私も賛成、です。
小学校英語では、延々と文字の指導の時間はとりませんが、
それでもさりげなく単語の書いてある絵カードを見せた場合に、
ローマ字が身についている生徒の理解度は早いようです。

そこから、自分なりに(フォニックスを教えずとも)法則を見つけて
読んでしまう生徒が少なからずいるのに驚きます^^

いま、自分の名前をローマ字でもかけない生徒、多いですね・・・・@@@
☆Rosario☆ | URL | 2009/07/11/Sat 23:15[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.