FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

犬山市の教育実践,(とぐちおさむのブログ)
いとこで那覇市議のとぐちおさむくんからメールをいただいた。

「愛知県犬山市の教育実践を視察、勉強してきました。
感動的な実践でした。
セルフ塾の教育方針と同じようでした。
暗記、詰め込みではなく、自分で考え、こども達どうしで教え合う教育で、教育はそれを援助する。
全国から注目され始めています。
ブログに簡単な感想を書きました。
http://www13.plala.or.jp/osamusan-t/index.htm
渡久地修」

 犬山市が学力テストに不参加し,独自の教育を行い,成功をおさめていることは,新聞報道で知ってはいた。関心もあった。

 さっそくブログにアクセス。

 「一人ひとりの子どもを大事にし、お互いの学び合いを身につけさせる」というのは,スローガンとしてはだれでも言えることである。
 
 しかし,犬山市では,
 「決定的なのが、そのために市が財政支援を行い、市の負担で教師を増やし、少人数学級を実現し」ているということだろう。

 少人数制は,子ども一人ひとりを大切にするためには,どうしても必要なことである。
 国も子どもを大切にと言ってはいるが,お金を出さないでいる。そこの違いがはっきりとあらわれているのだろうと思う。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.