FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

沖縄の墓の中
 お墓の話題が続きます。

 先月7月11日(土曜日),舅(曽根信一)の遺体が帰ってきました。2007年11月に亡くなり,琉球大学に献体していたのです。約1年半ぶりに帰ってきました。そして,11日火葬,12日にお墓に骨をおさめました。

 墓の中の写真です。
hakanonaka.jpg
お墓の中はこのように厨子甕(じーしがーみ)がたくさん並んでいます。厨子甕とは,骨壺のことです。

 ネットで検索したら次のような文がありました。
http://tensaimitsuo.kirisute-gomen.com/4_03dig.htm 

厨子甕とは、火葬以前の沖縄の習慣であった改葬において、洗骨した遺骨を納める「骨壺」のこと。沖縄の墓は、亀甲墓(カメヌクー)が有名であるが、このデザインは女性が寝そべって股を広げたかたちでもあり、甕を収める穴はいわば産道といえる。死んでから生まれた道を通って後生に帰っていく、「母体回帰」の大らかな思想といえます。(参照:OkinawaCultureArchive、WonderOkinawa)


 だそうです。いまでは火葬ですが,「じーしがーみ」と言っています。

 さて,上の説明によると,ぼくは母体の中を撮影したことになりますね。

 沖縄は一門でお墓を共有しています。その規模は地域によるようです。詳しくは知りません。ただ,先祖の方と同じ空間にこのように並べられていくのですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.